1. Home
  2. MIND
  3. 途中でやめてしまわずに、目標を必ず達成するには?

途中でやめてしまわずに、目標を必ず達成するには?

運命を変えるマインド革命

7,525

斎藤芳乃

0shutterstock_344772941

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。せっかく「これをやりたい!」と意欲的になっているのに、なかなか達成できないどころか、途中で挫折し、いつのまにか目標がなくなってしまう……。日常に追われていると、そういうことってありますよね。

けれど、こうしたことを繰り返していると、「本当にやりたかったこと」「本当に目指したかったこと」は、達成できなくなってしまいます。今回は、目標を達成するための3つのコツについて、普段は自分で意識しない「無意識の心理」を通して、お伝えしていきたいと思います。

「目標=やったことがないこと」。心理的に遠くなっていない?

まず、目標を掲げたとき、心の中に「達成するのが難しい」とか、「やったことがないから本当にできるのかな?」という心理を抱いていませんか?実は、多くの人が、目標を立てるときに「目指しているけれど、でもきっと遠くて達成できない」という前提を持ちながら、目標を設定してしまっています。

0shutterstock_597650963

これは、私たちにホメオスタシス=恒常性の機能があるから。つまり、どんなに今の状況が嫌であったとしても、目標を達成した先の素晴らしい未来が待っていたとしても、「今の状態が心地よい」と、心も体も慣れ親しんで安定してしまっているのです。そのため、「目標を達成するためにやる新しいこと」が、「今までの慣れていること」に負けてしまい、つい忙殺されて日々のことが優先順位が高くなってしまい……という行動パターンになってしまうんですね。

こうした状態を打破するためには、あえて優先順位を上げてみてください。そして、5分でもいいから、それに取り組むことが大切です。こうすることで、「慣れていることよりも目標を達成すること」に、思考も行動もだんだんと慣れて、どんどん新しいコトも取り組めるようになっていきます。

常に目標を、今の自分に合わせてスケーリングする

0shutterstock_534602335

次に大切なことは、目標を絶対に「こうやって達成する!」とやり方に執着するのではなく、今の自分にあわせてスケーリングをすることです。人は日々、常に変化するもの。それは、心理的なこともそうですし、行動や日常面でも同じです。

たとえば、目的を達成しようとした時にはなかった雑務が降りかかってしまったり、思わぬ辛い経験があって、そちらに時間をとられてしまったり……。そんなとき、「最初に設定したやり方」でやるのは、本当に酷なことですので、常に「今の自分」にあわせて、途中で助けを借りる、話を聞いてもらう、別の人にある程度練ってもらうなど、「やり方」に固執せずにチャレンジしてみるようにしましょう。

目標の中に、小さな目標を立てる

0shutterstock_730335484

最後に大切なことは、「達成感をきちんと感じる」ことです。目標を設定してしまうと、ゴールのみが到達地点になってしまい、途中でいくら頑張ってもまったく前に進まないように思えてしまいますよね。でも、こうして「引き算」で今の自分を考えていると、どんどん心理的にきつくなり、「もう達成できるまで遠すぎて辛い」と投げ出してしまいたくなります。これは、誰もがそうです。

ですので、こうした気持ちになることを防ぐために、目標の中に小さな目標をたくさん作り、毎日達成していけるようにしてみてください。

たとえば、「今日は電話をかけた」「今日は打ち合わせの日程を決められた」「今日は新しい企画のイメージだけ作れた」というようにです。これを、ベイビーステップと言います。一気に物事を進めようとすると、その長さに圧倒されてしまいますが、こうしてひとつひとつ達成感を得ることで、遠い目標もすぐ近くに感じられるようになるのです。

ほんの少しの工夫で、挫折マインドは防げるもの。ひとつひとつ大切に進んで、あなたの目的を半年後、1年後に、しっかり達成していってくださいね。

>>「運命を変えるマインド革命」をもっと読む

もっと自分らしく生きる

本当の美人になる方法——マインド美人で、容姿も美人に!

マリアージュカウンセラー斎藤芳乃さんが、人生を前向きに楽しむための思考法を紹介する「運命を変えるマインド革命」連載。現状維持を抜け出して、毎日を最高...

https://www.mylohas.net/2018/06/170067beauty.html?test201808

人間関係をスムーズにして、「敵」を作らないためのマインド術

マリアージュカウンセラー斎藤芳乃さんが、人生を前向きに楽しむための思考法を紹介する「運命を変えるマインド革命」連載。現状維持を抜け出して、毎日を最高...

https://www.mylohas.net/2018/07/170137mind.html?test201808

    specialbunner

    Ranking

    1. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    6. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    7. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    8. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    9. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    10. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    7. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    10. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた