1. Home
  2. EAT
  3. 働く女性の体が悲鳴! 忙しい朝でも気軽に取れるヘルシーフードとは

働く女性の体が悲鳴! 忙しい朝でも気軽に取れるヘルシーフードとは

1,254

0GettyImages-823632036

夜遅くまで働いた日の朝は、睡眠時間を優先して朝食はパス。そうでなくても女性たちの朝は身支度や家事などで忙しく、コーヒーやフルーツだけで終わりにすることも。朝食をしっかり食べない結果「働く女性の栄養摂取状況は、食糧難だった終戦直後以下(※)」になっているという驚きの報告もあります。特に、身体作りに欠かせないタンパク質が後回しになってしまいがち。

多忙な女性

時間がないからこそ、朝食に何を食べるかの選択が重要になります。
※1 医師や管理栄養士が作る団体が監修する「まるのうち保健室」が調査

働く女性の体が悲鳴をあげている

「平成25年度国民健康・栄養調査」によると、朝食欠食率は20代女性で25.4%、30代女性で13.6%になるそうです。働く女性が増え、食事を簡素化したり食べない結果、女性たちの栄養状態が悪くなり、疲れや不調を訴えているようです。

女性管理職に「管理職に就いて失ったもの」を聞いたアンケート調査によると、1位の「趣味に費やす時間」に続き、2、3位に「健康」「食生活」という回答になっています。仕事が多忙になるにつれ、食生活や健康面という根本的なところが揺らいでくるのがわかります。

働く女性

朝食を食べていてもパンだけ、バナナだけだと、タンパク質が不足し、栄養バランスがくずれてしまいます。炭水化物とタンパク質のバランスがとれた食事をすることは、仕事の生産性を向上させるばかりか、健康に生活するために欠かせません。

日本古来のスーパーフード「大豆」に注目

大豆

おいしくヘルシーに食べたい。そんな女性たちのリクエストに応える食材として注目されているのが大豆です。大豆はタンパク質、炭水化物、脂質という三大栄養素をバランス良く含み、タンパク質が不足している女性にぴったりの食材!

最近は、高度な技術と開発により「大豆ミート」「豆乳ホイップクリーム」、さらにはチーズのような味わいの「豆乳ブロック」といった新しい大豆製品が誕生。動物性タンパク質の代わりや、これまでの味噌や納豆といった伝統食以外の、おいしい食材のひとつに大豆製品がなりつつあります。

大豆のタンパク質を手軽にとれるフード

わかっているけど、忙しい朝にタンパク質をしっかり食べるのは難しいという女性たちに朗報です。 こだわりのクオリティフードを提供するスーパーマーケット「KINOKUNIYA」では、豆食材を挟んだコッペパンサンドイッチ「SOY TIME」が発売となりました。

SOYTIME

不二製油株式会社が開発した肉のような食感の大豆タンパク質「大豆ミート」や、大豆本来のおいしさを生かして分離・分画する技術(Ultra Soy Separation製法)によって生まれた「豆乳ホイップクリーム」を使用。焼き肉風、ガパオ風、葡萄など5種類がラインナップ。おいしく、ヘルシーにタンパク質をチャージすることができます。

9月25日より、日本橋髙島屋S.C.新館1階「KINOKUNIYA entrée(紀ノ国屋アントレ)日本橋高島屋S.C.店」にて販売開始(1個320円〜)。平日は7:30から営業しているので、朝食タイムにぴったりですね。 健康な体づくりは、日々の生活で必要な栄養をしっかり摂るというマインドが大切。忙しい朝だからこそ、美味しさと健康を兼ね備えたメニューをセレクトしたいですね!

大豆パワーをもっと!

納豆はダイエットの強い味方。注目の3つの栄養素

日本が誇るスーパーフード、納豆。納豆には、ダイエットに効果的な栄養素がたくさん含まれています。とくに注目したい3つの栄養素についてご紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/10/176443diet_natto.html?test201808

すぐに実践できる!「味噌」のチカラを活かす6つのコツ

がん予防やダイエット効果、美肌効果などが期待でき、自律神経のバランスを整える働きもある味噌。第3回では、味噌の知られざる健康効果を研究する渡邊敦光先...

https://www.mylohas.net/2018/09/175584.html?test201808


小林純子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    3. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    4. ヒントは「脳科学」にあった! 何も叶わない、変わらない現状を変える方法

    5. 幸せになれるのは一瞬だけ。本当は怖い「疲れたときには甘いもの」

    6. ひたすら「なぜ」を繰り返すだけ。ネガティブ思考を消し去る方法

    7. 地味だけど栄養豊富。チーズ欲も満たせるカリフラワーのマッシュポテト

    8. 納豆とヘルシー食材で夏バテ&冷え対策。管理栄養士おすすめレシピ3つ

    9. アルツハイマーを予防する? 驚きの健康パワーを持つオリーブオイルの見分け方

    10. あなたも「急かし」症候群? 自分のリズムを取り戻す7つの方法

    1. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    2. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    3. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    4. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    5. おからパウダーの効果は? おいしいダイエットレシピ3選

    6. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    7. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    8. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    9. 肺がんにならないために、今日からできること10

    10. 理学療法士おすすめ。10秒で「緊張性頭痛」を軽くする方法

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 肺がんにならないために、今日からできること10

    働く女性の体が悲鳴! 忙しい朝でも気軽に取れるヘルシーフードとは

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More