1. Home
  2. EAT
  3. 働く女性の体が悲鳴! 忙しい朝でも気軽に取れるヘルシーフードとは

働く女性の体が悲鳴! 忙しい朝でも気軽に取れるヘルシーフードとは

1,820

小林純子

0GettyImages-823632036

夜遅くまで働いた日の朝は、睡眠時間を優先して朝食はパス。そうでなくても女性たちの朝は身支度や家事などで忙しく、コーヒーやフルーツだけで終わりにすることも。朝食をしっかり食べない結果「働く女性の栄養摂取状況は、食糧難だった終戦直後以下(※)」になっているという驚きの報告もあります。特に、身体作りに欠かせないタンパク質が後回しになってしまいがち。

多忙な女性

時間がないからこそ、朝食に何を食べるかの選択が重要になります。
※1 医師や管理栄養士が作る団体が監修する「まるのうち保健室」が調査

働く女性の体が悲鳴をあげている

「平成25年度国民健康・栄養調査」によると、朝食欠食率は20代女性で25.4%、30代女性で13.6%になるそうです。働く女性が増え、食事を簡素化したり食べない結果、女性たちの栄養状態が悪くなり、疲れや不調を訴えているようです。

女性管理職に「管理職に就いて失ったもの」を聞いたアンケート調査によると、1位の「趣味に費やす時間」に続き、2、3位に「健康」「食生活」という回答になっています。仕事が多忙になるにつれ、食生活や健康面という根本的なところが揺らいでくるのがわかります。

働く女性

朝食を食べていてもパンだけ、バナナだけだと、タンパク質が不足し、栄養バランスがくずれてしまいます。炭水化物とタンパク質のバランスがとれた食事をすることは、仕事の生産性を向上させるばかりか、健康に生活するために欠かせません。

日本古来のスーパーフード「大豆」に注目

大豆

おいしくヘルシーに食べたい。そんな女性たちのリクエストに応える食材として注目されているのが大豆です。大豆はタンパク質、炭水化物、脂質という三大栄養素をバランス良く含み、タンパク質が不足している女性にぴったりの食材!

最近は、高度な技術と開発により「大豆ミート」「豆乳ホイップクリーム」、さらにはチーズのような味わいの「豆乳ブロック」といった新しい大豆製品が誕生。動物性タンパク質の代わりや、これまでの味噌や納豆といった伝統食以外の、おいしい食材のひとつに大豆製品がなりつつあります。

大豆のタンパク質を手軽にとれるフード

わかっているけど、忙しい朝にタンパク質をしっかり食べるのは難しいという女性たちに朗報です。 こだわりのクオリティフードを提供するスーパーマーケット「KINOKUNIYA」では、豆食材を挟んだコッペパンサンドイッチ「SOY TIME」が発売となりました。

SOYTIME

不二製油株式会社が開発した肉のような食感の大豆タンパク質「大豆ミート」や、大豆本来のおいしさを生かして分離・分画する技術(Ultra Soy Separation製法)によって生まれた「豆乳ホイップクリーム」を使用。焼き肉風、ガパオ風、葡萄など5種類がラインナップ。おいしく、ヘルシーにタンパク質をチャージすることができます。

9月25日より、日本橋髙島屋S.C.新館1階「KINOKUNIYA entrée(紀ノ国屋アントレ)日本橋高島屋S.C.店」にて販売開始(1個320円〜)。平日は7:30から営業しているので、朝食タイムにぴったりですね。 健康な体づくりは、日々の生活で必要な栄養をしっかり摂るというマインドが大切。忙しい朝だからこそ、美味しさと健康を兼ね備えたメニューをセレクトしたいですね!

大豆パワーをもっと!

納豆はダイエットの強い味方。注目の3つの栄養素

日本が誇るスーパーフード、納豆。納豆には、ダイエットに効果的な栄養素がたくさん含まれています。とくに注目したい3つの栄養素についてご紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/10/176443diet_natto.html?test201808

すぐに実践できる!「味噌」のチカラを活かす6つのコツ

がん予防やダイエット効果、美肌効果などが期待でき、自律神経のバランスを整える働きもある味噌。第3回では、味噌の知られざる健康効果を研究する渡邊敦光先...

https://www.mylohas.net/2018/09/175584.html?test201808


    Ranking

    1. 【心理テスト】あなたを「カイロ」で表すと? タイプ別の性格診断

    2. 今! 今すぐここに行きたい! 30分で頭と心がすっきりする銀座の瞑想空間

    3. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    4. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    5. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    6. 寒い季節の定番「ポタージュ」を作るとき、はじめにしないほうがいいこと

    7. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    8. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    9. 気持ちよ〜く伸びてぽかぽか。冷え性にも効く「椅子ヨガ」3選

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 【心理テスト】あなたを「カイロ」で表すと? タイプ別の性格診断

    2. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    3. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    4. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    5. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    6. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    7. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    8. うちの肉じゃがは煮込み時間15分。わが家の定番おかずの話

    9. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    10. 寒い季節の過ごし方で「代謝」が変わる。いま取り入れたい食材は?

    1. 【心理テスト】あなたを「カイロ」で表すと? タイプ別の性格診断

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    4. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    5. クヨクヨ・モヤモヤは「脳の癖」のせい。堂々巡りを抜け出すには?

    6. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    7. どん底にいた私が「人生楽しい」と思えるようになるまでにした5つのこと/描き子さんインタビュー

    8. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    9. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    10. 不安や怒りでいっぱいになったときに、明るい気持ちになる方法

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら