1. Home
  2. MIND
  3. 「私は世界に嘘をついてる」レディー・ガガ、トラウマに苦しんだ過去を告白

「私は世界に嘘をついてる」レディー・ガガ、トラウマに苦しんだ過去を告白

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

5,635

MYLOHAS編集部

actor-singer-lady-gaga-attends-2018-toronto-international-news-photo-1029880628-1536593045

「私が線維筋痛症だって信じてくれない人がいると、とてもイライラするわ」とガガは言います。

派手なファッションとエネルギーに満ちあふれたパフォーマンスで知られるレディー・ガガ。現在32歳の彼女は超人的な存在として見られがちですが、実はPTSDや線維筋痛症など、深刻な健康問題に立ち向かった経験があるのだそう。

『ヴォーグ』10月号の表紙を飾ったガガは、インタビューで、自身が抱える心の病について赤裸々に語りました。すべては、19歳のときに音楽プロデューサーにレイプされるというトラウマがきっかけでした。「誰にも言えなかった」と『ヴォーグ』誌に語るガガ。「頭のなかから消そうとしてたの。やっと告白できたときには、醜い大きなモンスターのようだった。傷を癒やすには、そのモンスターと闘わなければならなかったのよ」

その後数年に渡り、たびたびPTSD症状を引き起こしていましたが、2016年に『トゥデイ』誌のインタビューで初めてその葛藤を明かしました。「心の病を抱えていた私にとって、当初の苦しみの半分は、"大きな痛みを抱えているのにそれを誰も知らない。私は世界に嘘をついてる"と感じたこと」と話す彼女。「だから、PTSDを抱えていることを告白したの。これ以上隠しごとをしたくなかった」

shutterstock_541981009

image via Shutterstock

PTSDによって呆然自失になってしまう、と説明するガガ。「ジェットコースターに乗って急降下する直前のような気持ち、わかるでしょ? 恐くて、腹のふわっとする感じ。横隔膜が押し上げられるの。呼吸が苦しくなり全身が痙攣して、泣き出してしまうわ」

2016年にボーン・ディス・ウェイ財団宛に書いた手紙では、トラウマによる解離症状を経験していることも明かしました。「痛みを追体験するのを心が拒否しているから、目をそらしてぼーっとしてしまう」と綴っています。「体と心が別々の場所にいるの」。

また、ガガはひどい神経痛を伴う線維筋痛症も患っています。過去のトラウマに加え、ツアーによる体への負担が原因ではないかと、『ヴォーグ』誌に話しています。医学的には線維筋痛症の原因はまだ解明されていませんが、トラウマが一般的な原因として考えられています。またメイヨー・クリニック(アメリカの大手総合病院)によれば、遺伝的な要因も考えられ、ほかの病状により悪化する可能性もあるそう。

線維筋痛症と信じてくれない人がいると、とてもイライラします」と話すガガ。「ほかの多くの人も同じだと思うけど、私の場合、不安とうつ・PTSD・トラウマ・パニック障害が渦巻いている感じ。神経がオーバーヒートしちゃうから、神経痛を感じるようになる。みんなもっと思いやりを持つべきだわ。慢性的な痛みは、本当に大変なことなの。毎朝起きても、その日どんな気分になるかわからないのよ」。

最近は調子がいいというガガは、近日公開の音楽ドラマ『アリー/スター誕生』でブラッドリー・クーパーと共演し、映画デビューを飾ります。「日に日によくなっています」と言う彼女。「ケアしてくれるすばらしいドクター達がいるし、自分を見せる準備を整えているわ」。

トラウマに向き合うには

トラウマから回復するには? ベストセラーに学ぶ解決のヒント

トラウマからどうすれば回復できる? トラウマ・ケアの第一人者によるベストセラー本から、その解決策を探ります。

https://www.mylohas.net/2018/08/172693trauma.html?test201808

トラウマ(PTSD)を癒せる? あえて、つらさに向き合う心理療法EMDRって?

イギリスのガールズグループとして一斉を風靡したスパイス・ガールズのシンガー、メルビーは8月26日に、イギリスのタブロイド紙『ザ・サン』に、アルコール...

https://www.mylohas.net/2018/09/175075ptsd.html?test201808

Jenae Sitzes/Lady Gaga Unveils Painful History of PTSD and Fibromyalgia in Vogue
訳/Seina Ozawa

    specialbunner

    Ranking

    1. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. 乳液とクリームって何が違うの? 両方使った方がいい?

    4. 防水なのに蒸れない。ザ・ノース・フェイスが開発したウエアが革新的!

    5. 季節の変わり目の「風邪」対策。こじらせる前にすべき簡単5つ

    6. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    7. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    8. 「自分は大丈夫」と思わないで。がんを克服した9人のアドバイス

    9. アウトドアグッズの収納力をアップする、便利アイテム2選

    10. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ