1. Home
  2. STYLE
  3. 【10月の新月】ココロに従うことで自然体の美しさが増していく

【10月の新月】ココロに従うことで自然体の美しさが増していく

ココロに効く新月&満月の五感セラピー

11,855

景山えりか

ひと雨ごとに気温が下がり、すっかり秋らしい気候になりました。夜が長くなり、感受性が豊かになる時季です。月が少しずつ満ちていくように、コツコツとした自分磨きが吉と出ます。

oct_newmoon_1

10月の新月:自分に磨きをかける「感性の月」

【新月の瞬間】
10月9日(火)12時47分

行楽日和が続き、世の中にはおいしいものが溢れ、イベントも多くなる秋。周囲がいろんなことで満ちている時期なので、ココロは刺激を受けやすいときです。

月の相は、新月。闇夜に隠れてしまった月は、これから少しずつ輝きを取り戻し、日に日に満ちていきます。

そのタイミングに合わせて行いたいのは「自分磨き」。感性を豊かにしてくれそうなモノ・コト・ヒトと、積極的にかかわってみましょう。そのときに大切なのは、「量より質」ということ。そして、世間の評判やSNSでの話題性ではなく、「ココロのアンテナに従う」こと。

oct_newmoon_2

image via shutterstock

たとえば、話題作を多読するよりも、心に響いた1冊を慈しむように繰り返し読む。ギャラリーをかたっぱしから巡るよりも、気になる展覧会をじっくりと鑑賞する。そうやって、自分にとっての質の高さを追求してみてください。すると、ココロが満たされていくのを感じるはずです。

不思議なことに、ココロが満たされると、それがある種の美しさとして周囲に伝わります。「最近、いいことあった?」なんて声をかけられるのはそのせい。ダイエットやイメージチェンジをしなくても、自分らしい美しさを引き出してくれるお月さま。それが10月の新月です。

ハーブのちからでハートをひらく

oct_newmoon_4

image via shutterstock

【レモンバーム】
・別名:メリッサ、セイヨウヤマハッカ
・学名:Melissa officinalis
・ティーに使う部位:葉

古くから、若さがよみがえる「長寿のハーブ」といわれているのがレモンバームです。元気不足なココロに活力を与えるとともに、不安定な気持ちを落ち着かせる働きもあるといわれています。

熱湯で淹れたティーは、ほんのりと甘く、グリーンな風味。名称にレモンとありますが、レモンのような酸味はまったくありません。ペパーミントとブレンドすると爽やかさが増して、リフレッシュタイムに最適なティーになります。

また、レモンバームには、ヨガでいう第4チャクラ(ハートチャクラ)を活性化させ、ハートをひらかせる作用があるのだとか。自分に対して否定的な感情を抱いたり、自分のことはいつも後回しにしてしまったり。自分への愛情が足りないときにレモンバームのティーを飲めば、やさしい気持ちを取り戻せそうです。

10月の新月にあわせて飲めば、ココロのアンテナに素直に従えるようになるでしょう。

10月9日(火)の夜:秋のシンボル、夜空を翔るペガサスを探す

oct_newmoon_3

image via shutterstock

21時頃、南の空の高いところに、4つの星が作る大きな四角形を見つけることができます。それは「秋の四角形(または、秋の四辺形、秋の大四辺形)」と呼ばれる、秋の夜空のシンボルです。

この四角形は「ペガスス座」の胴体にあたります。ペガススとは、背中に銀色の翼をもつ、雪のように白い天馬のこと。英語読みの「ペガサス」のほうが耳慣れているかもしれませんね。しかし、星座名ではラテン語読みに近いペガススと呼びます。

美しい姿で大空を翔るペガサスは、なんと怪物メデューサから生まれました。神話によると、見たものを石に変えてしまうメデューサが、勇者ペルセウスによって首を切られて退治されたとき、滴り落ちた血から誕生したのがペガサスと伝えられています。

美しいものと醜いもの、善と悪、表と裏……正反対の性質も、じつは一体だったり、相互に作用しあっていることを、ペガスス座は教えてくれているのでしょうか。

秋の夜空は、夏に比べて明るい星が少ないので、星空観察ビギナーがカタチ(星の並び)としてとらえやすいのは、ペガスス座だけです。月明かりのない新月の夜に、ぜひ探してみてください。

次回は、10月の満月。10月25日(木)です。

【9月の満月】半年間の成果をたずさえ、再スタートする好期到来

9月の満月前夜は、年に一度の「中秋の名月」です。今年のお月見は、リラックスできるハーブティをいただきながら、疲れにくいお月見は、いかがでしょうか?

https://www.mylohas.net/2018/09/175390sep_fullmoon.html?test201808

「ココロに効く新月&満月の五感セラピー」をもっと読む

イラスト/カイフチエリ

    specialbunner

    Ranking

    1. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    2. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    3. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    4. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    5. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    6. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    7. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    8. 5役も果たすオールインワン。大人肌のための機能性ジェル【プレゼント】

    9. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    10. 簡単ドーシャチェックで、あなたのアーユルヴェーダ体質を診断!

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    3. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    4. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    5. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    6. 低カロリーなのに、お昼までお腹が空かない! ヘルシー朝食9選

    7. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    8. 管理栄養士が教える、風邪予防におすすめな食材ベスト3

    9. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    10. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    5. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    6. 隣の部屋に人が寝ているとき。バレずに性行為を楽しむには?

    7. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    8. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    9. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    10. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!