1. Home
  2. BODY
  3. なかなか痩せられない「停滞期」ってどうしてあるの?

なかなか痩せられない「停滞期」ってどうしてあるの?

賢くやせる方法 ー効率よくヘルシーにー

1,721

0shutterstock_1051628996

ダイエットを挫折する理由のひとつは、カロリーを控えても体重が落ちなくなる「停滞期」。しかしこの現象は、医学的にいうと停滞ではなく適応現象だとダイエット専門外来「渋谷DSクリニック」院長の林博之先生は話します。

「モデルの方に多いのですが、痩せるために摂取カロリーを落としすぎると、基礎代謝が下がって“冷たい体”になってしまいます。つまり、それ以上食べなくなると死んでしまうので、恒常性をキープするために基礎代謝がストップしてしまうのです。こうなるとストレスもかかりますし、体重も変化しなくなります」(林先生)

0shutterstock_399529723

停滞期を解消する事例としては、1度に4000㎉も食べる「チートデー」を作るという方法もあるそう。

「こうすると体がびっくりして基礎代謝が上がり、痩せやすくなるんです。医師の判断が必要な荒療治ですが、やみくもに食事制限しても痩せられないということは心にとめていただきたいと思います」

無理な糖質制限など、急激に体重を落とすダイエットは禁物。必ずリバウンドし、リバウンドするほど痩せにくい体質になるのです。

0shutterstock_593088578

ダイエットは半年~1年、ときには2年、3年と持続していくべきもの。途中で1~2kg体重が増えたとしても、最終的に“痩せ体質”になれたらそれでいいのです。ちまたのダイエットは、急激に体重を落とすことに主眼をおきすぎていると感じます」(林先生)

女性は50歳前後になると更年期を迎え、女性ホルモンが変動して余計に痩せづらくなります。「30代~40代でダイエットをするならば、『ダイエットはこれで最後』という気持ちで適正に体重を落としてほしい」と林先生。無理のないプランを立て、それを持続できる習慣を身につけることがダイエット成功のコツといえそうです。

150225_DIET(1)

お話を伺ったのは、林博之先生
渋谷DSクリニック院長。医学的根拠のないダイエットに危機感を感じ、健康を損なわないダイエットを提唱。「リバウンドなく体型を維持してこそ、ダイエットは成功」を基本理念とし、老若男女問わず一人ひとりに合った効果的かつ効率的なダイエットの指導を行っている。

渋谷DSクリニック

賢く痩せる!

ダイエット専門ドクターに聞く、太りにくいカラダを作る生活習慣のヒント4

ダイエット専門外来「渋谷DSクリニック」院長の林博之先生に、太りにくいカラダ作りのヒントについてうかがいました。

https://www.mylohas.net/2018/09/176273.html?test201808

二の腕に当てると指先が…! 自宅でエステメニューが体感できるボディメイクマシンを使ってみた

「ラクして痩せたい……!」そんな女性の本音を叶えるべく、“自宅で使えるアイテム”が進化中です。かのライザップグループが手がけるボディメイクマシーン「...

https://www.mylohas.net/2018/09/175334bonicpro.html?test201808

田邉愛理

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. がんの4つのステージ(病期)を正しく知ろう

    2. 二日酔いの治し方5つ。飲み過ぎた次の日に効果的な食べ物は?

    3. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. 12星座別のボディケア。本当にぴったりなアロマの選び方

    6. がんになりやすくなる8つの要素と、自分でできる改善策

    7. ダイエットを成功させる食事法って? 脳神経外科医が教えます

    8. 便秘の人は死亡率が高い? 便秘薬の選び方と6つのポイント

    9. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    10. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    3. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    4. がんの4つのステージ(病期)を正しく知ろう

    5. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    6. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    7. 二日酔いの治し方5つ。飲み過ぎた次の日に効果的な食べ物は?

    8. 医師が教える、便秘4タイプ。「便秘は治療が必要な病気」

    9. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    10. 性欲を高める効果も! ハル・ベリーが実践しているワークアウト

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. やっぱりバナナはすごい! 科学が裏付けた健康パワー10

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    7. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    8. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    9. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    10. 食べるだけで3kg減? アーモンド、驚きのダイエット効果6つ

    なかなか痩せられない「停滞期」ってどうしてあるの?

    FBからも最新情報をお届けします。