1. Home
  2. EAT
  3. 焼いてもおいしい! 簡単アボカドプレート2種 | モデルケリーの日常ごはん

焼いてもおいしい! 簡単アボカドプレート2種 | モデルケリーの日常ごはん

モデルKellyのワンプレートワンボウル

11,689

今回は、身近なスーパーフード「アボカド」をKelly流の食べ方をレシピとともに公開!半分に切ったアボカドが具のトッピングひとつで、より栄養バランスのいい一食になります。

トッピングでタンパク質をプラス

カレー風味の焼きアボガド

健康にいい不飽和脂肪酸とともに、10種以上のビタミンやミネラルなど、体に必要な栄養がたっぷりつまったアボカド。私はおもに朝食やランチでとりますが、かならずアボカドだけでなく、タンパク質をプラスするようにしています。

いつもスタイリッシュなモデルケリー

とくに手間をかけなくても、半分に切ったアボカドのくぼみに、炒めたひき肉やサーモンなどの具をトッピングすればOK。タンパク質もとれる栄養バランスのいい一食になり、見た目もにぎやかになります。

アボカドは、あのクリーミーなコクも好み。食事の量を控えめにしても、必要な栄養やエネルギーとともに「おいしいものを食べた」っていう満たされた気分が味わえます。

焼いたりディップを添えておいしく

特に肉の具をトッピングするときは、アボカドもちょっと焼いて温かいひと皿に。肉を炒めるときにスパイスを使うのも私のこだわりです。体を温めるターメリックなどの効能とともに、スパイスの香りでシンプルに塩、こしょうだけでも味わい深くなります。

生のアボカドにおすすめの具材は、そのまま食べられるスモークサーモン。水きりしたギリシャヨーグルトで作るヘルシーなサワークリームを添えると、後味もさっぱりして腸の健康にも役立ちます。

【アボガドプレート1】カレー風味で食べごたえもあり!
スパイシーミートの焼きアボカド

<材料> 2人分

焼きアボカドの材料

  • アボカド(縦半分に切り、種を除く) 1個分
  • 牛赤身ひき肉 100g
  • カレーペースト 大さじ1
  • ターメリックパウダー・クミンシード 各小さじ1/2
  • 万能ねぎ(小口切り) 2本分
  • うずら卵(生) 2個
  • ヒマラヤピンク岩塩・粗びき黒こしょう 各適量
  • オリーブ油 小さじ1

<作り方>

(1)フライパンにオリーブ油を中火で熱し、ひき肉を炒める。色が変わったら、塩、こしょうをふり、さらにカレーペースト、ターメリック、クミンを加えて炒める。香りが出たら万能ねぎを加えて混ぜ、火を止める。

ひき肉を炒める

(2)アボカドは皮が破れない程度に、中の果肉をスプーンでこそげる。皮は取りおき、果肉は粗く刻む。

(3)(1)に(2)の果肉を加えて混ぜる。

(4)アボカドの皮を器に見立て(3)を均等に詰める。表面に指で、卵を落とすくぼみをつける。

アボカドをトースターで焼く。

(5)(4)をトレイにのせ、オーブントースター(1200W)で10分ほど焼く。いったん取り出してくぼみに卵を割り落とし、再びトースターで1分ほど焼いて卵に火を通す。

焼きアボカドに卵を割り落とす。

カレー風味の焼きアボカド。

【アボカドプレート2】ヨーグルトのサワークリームでさわやかに。
サーモンのフレッシュアボカド

<材料> 2人分

サーモンのフレッシュアボカド。

  • アボカド(縦半分に切り、種を除く) 1個分
  • スモークサーモン 4枚(40g)
  • 赤玉ねぎ 約1/8個
  • 好みで、デイル 1枝
  • アボカドオイル 適量

【サワークリーム】

  • ギリシャヨーグルト 110g
  • りんご酢 小さじ1
  • レモン汁 小さじ1
  • ヒマラヤピンク岩塩 小さじ1/3
  • オリーブ油 大さじ1

<作り方>

(1)ボウルにサワークリームの材料を合わせ、全体がなじむまで混ぜる。

サワークリームの材料を混ぜる。

(2)赤玉ねぎは4等分のくし形に切り、それぞれ下端の芯を切り離さないよう、縦に薄く切り込みを入れる。塩少々(分量外)をふり、それぞれ広げたサーモンにのせて巻く。

サーモンに玉ねぎを巻く。

(3)アボカドの種を除いた穴に(2)を盛りつける。(1)をかけ、あればデイルの葉をちぎって散らし、アボカドオイルをふる。

アボカドを2つに割っているケリー。

アボカドにサーモンをのせる。

サーモンのフレッシュアボカド。

Kelly's ワンポイント

下端をつなげたままスライスした赤玉ねぎ。


フレッシュアボカドは、サワークリームとともにスプーンで果肉をすくいながら食べて。赤玉ねぎは切り込みを入れるときに、芯の下端をつなげたままにしています。これはなるべく食材の全体を食べて陰陽バランスをとるという、マクロビ流の切り方。ちょっとしたところで、こうしたマクロビで教わった調理法も取り入れています。

Kelly(ケリー)

モデルケリー

ブラジル・サンパウロ出身。健康的な美しさを魅力に、モデルとして数々のファッション誌、ファッションショー、広告などで幅広く活躍中。ワークアウト、ヨガ、キックボクシング、ブラジリアン柔術などに造詣が深く、料理好きからローフードマイスター、スーパーフード & スーパーフードスポーツマイスターの資格を取得。ヘルシーなライフスタイルが女性から支持されている。[公式ブログ/インスタグラム

次回はアボカドにKellyおすすめのスーパーフード、生スピルリナやケールをアレンジした特製スーパースムージーボウルをご紹介します。

モデルKellyのワンプレートワンボウルをもっと読む

撮影 /島村緑、スタイリスト/平田さゆり、ヘアメイク/藤原郷 、取材・文/ 山崎さちこ(シェルト*ゴ)

衣装協力/<ベージュニットスタイル>ニット9900円、ドッド柄パンツ13000円すべて(税込)ともにバナナ・リパブリック TEL/0120-771978 http://www.bananarepublic.co.jp
ピアス15120円、ネックレス18360円、ワイヤーヴァングル16200円、ヴァングル49680円すべて(税込)アガタ パリ/アガタ ジャポン TEL/03-6456-4080 http://www.agatha.co.jp
<カーキニットスタイル>ノースリーブプルオーバー5900円(税込) バナナ・リパブリック 同上
ピアス9720円、ネックレス11880円、ヴァングル11880円、チェーンブレスレット8640円すべて(税込) アガタ パリ/アガタ ジャポン 同上
デニムエプロン18,144円 (税込)エチケッタ ディ ジェノバ/グレープリパブリック TEL/0238-40-4130 https://grape-republic.com

ケリーの日常ごはんをもっとみる!

「食べたら太る」から意識が変わった。Kellyボディを作るごはんの鉄則

スーパーフードやローフードをこよなく愛し、食にこだわるモデル・Kelly(ケリー)の日常ごはん連載。今回のワンプレートは、テレビにも登場したキヌアを...

https://www.mylohas.net/2018/02/162414kelly05.html

軽食エッグマフィンで栄養バランスをアップ~Kellyボディを作る卵レシピ編

スーパーフードやローフードをこよなく愛し、食にこだわるモデル・Kelly(ケリー)の日常ごはん連載。今回は卵+スーパーフードの生地で作る、ヘルシーな...

https://www.mylohas.net/2018/04/166374kelly12.html

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由