1. Home
  2. BODY
  3. ダイエットしたいなら、注目すべきはカロリーではない理由

ダイエットしたいなら、注目すべきはカロリーではない理由

ポジティブ栄養学

10,688

shutterstock_727792909

image via Shutterstock

コンビニのジュースやお弁当、レストランのメニューなど、最近はいろんなところでカロリー表示を見かけます。ついついチェックする人も多いのではないでしょうか。そしてダイエットのために、春雨スープや小さなパンでガマンしたり……。

でもちょっと待って。ダイエットをしたいなら、まず注目するのはカロリーではないことは、意外に知られていないように感じます。

身体は糖を優先的に使う性質がある

shutterstock_696633892

image via Shutterstock

食べ物に含まれているおもなエネルギー源といえば、糖質、脂質のふたつ。ときにはタンパク質もエネルギー源として使われます。これらは消化、吸収され、細胞で使える形のエネルギーとして作り替えられます。

一方で余った分はストックされます。糖質はまず、肝臓や筋肉などに貯蔵され、それでもおさまりきらない分は体脂肪として貯えられます。同じく余った脂質も中性脂肪となり、静かに出番の時を待っています。

エネルギーが不足したときはストックの出番。このとき、どこから使っていくかというと、最初は肝臓や筋肉にしまわれた糖から。その後に脂肪を使い始めます。そう、身体は糖を優先的に使う性質があるのです。

つまり、どんなに低カロリーの食事をしたとしても、そのなかに含まれる糖質が多いほど、脂肪燃焼のチャンスは遠ざかっていくということになります。もし、思ったようにやせないと感じている方がいるなら、もしかしたら糖質が多いことが理由のひとつといえるかもしれません。このしくみを利用したのが糖質オフダイエットといえます。

カロリーよりも、食材の持つメリットに注目

shutterstock_624558371

image via Shutterstock

カロリーを気にしている方の間でよく聞かれるのが、「だって肉はカロリーが高いから」という声。確かにそうかもしれませんが、糖質の量が少ないという意味では、ダイエットに貢献してくれる食べ物といえます。

そして肉には筋肉の材料となるタンパク質も多め。筋肉は脂肪燃焼の場でもあるのです。赤身をチョイスすれば脂肪を燃やしやすくするカルニチンもたっぷり。肉の脂も、酸化しにくい飽和脂肪酸が多く、炎症や老化を遠ざけてくれます。

さらに旬のさんまも脂が多いと敬遠する方もいるかもしれませんが、この脂こそ肌ツヤをよくしてくれるオメガ3の一種、EPAの宝庫! 季節も秋まっさかり。せっかくウェイトコントロールをするなら、身体のしくみを知って効率的にトライするのもおすすめです。

糖質オフダイエットについて

糖質オフダイエットに向いている人とそうでない人の違い

体重を落としたい人に、すっかり浸透した糖質オフ(糖質制限)ダイエット。でも中にはダイエットの効果が出にくい人も。基本から効果的に行うポイントをご紹介...

https://mylohas.net/2018/02/161548.html

糖質オフを失敗せず、効果的に取り入れるポイントとは?

糖質オフ(制限)は知ってはいても取り入れるのは難しい理由は、食事内容にあり。タンパク質を意識的に上手に摂るにはポイントがあります。効果的な方法をご紹...

https://mylohas.net/2018/02/162430.html

吉川圭美

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. クリーニングのプロに聞いた、脇汗の黄ばみをきれいに落とす方法

    3. 太る、太らないの境界線! 太りにくい食事時間の目安は最低○分

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 30代からの肌改革!肌の根本から見直す「奥底」のケアとは

    9. ボール1個あればいい。お腹をへこます1分間エクササイズ

    10. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    1. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    6. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 自信がないお尻が1分で変わる! ゆる関節ストレッチ術

    9. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    10. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    6. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    7. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって