1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. オイル美容を代表する「メルヴィータ」から、世界初インディゴオイルのヘアケア登場

オイル美容を代表する「メルヴィータ」から、世界初インディゴオイルのヘアケア登場

1,096

知恵子

melvita_2

image via shutterstock

パソコン・スマートフォンの使いすぎやストレスから、頭皮が堅くなっている人が増えているとか。そしてそれは、髪の弱体化やクセの悩みの原因にもなるそうです。

デトックス力に優れたインディゴ使用

頭部が堅いということは、コリがあるということ。コリは血流を滞らせます。すると、髪を育む毛母細胞に栄養が行き渡らなくなるので、髪が細くなることも。また頭皮の皮脂量が多いと、毛穴がつまりベタつきます。これらが原因で、ボリュームのないペタンコな印象の髪になっていくのですね。

indigo_03

さらに、髪のうねりも悩みの種です。原因は毛穴のゆがみ。頭皮環境の悪化やエイジングで頭皮がたるむことで、毛穴がゆがむようです。これもなんとかしたいもの。そこでぜひ試したいのが、ペタンコ髪やうねり髪の悩みに根本的にアプローチする、新しいヘアケア

それは、フランス発祥のオーガニックコスメブランド「Melvita(メルヴィータ)」より発売予定の、世界初(※)のインディゴオイルを採用したヘアケアシリーズです。古来より解毒や解熱に使われ、デトックス力に優れているというインディゴ。それを独自の製法でオイル化し、世界で初めてヘアケアに採用したのだとか。

インディゴオイルで髪質改善

インディゴオイル プレオイル シャイン&スカルプ

インディゴオイル プレオイル シャイン&スカルプ 50mL 3,500円(税抜)

アイテムは3つ。なかでも注目なのが、オーガニックの100%インディゴオイル「インディゴオイル プレオイル シャイン&スカルプ」。お手入れの最初にこのオイルを使って頭皮をクレンズ&マッサージすることで、トリートメントなどの「与えるケア」だけではなかなか変えられない、うねりやボリューム不足などの悩みに根本的にアプローチできるとか。デトックス力に長けたインディゴをオイルにすることで、頭皮環境の改善に適したクレンズオイルとなるのですね。

インディゴオイル シャンプー シャイン&スカルプ

インディゴオイル シャンプー シャイン&スカルプ 200mL 2,200円(税抜)

ふたつ目は98%自然由来の「インディゴオイル シャンプー シャイン&スカルプ」。毛穴まですっきり洗浄しながらも、必要なうるおいや油分はとどめて、頭皮を清潔に保ちます。もちろん敏感肌でもOK。そして3つ目は99%植物由来の「インディゴオイル コンディショナー シャイン&スカルプ」。髪のダメージを補修・コーティングして、使うごとにツヤと色を取り戻します。

インディゴオイル コンディショナー シャイン&スカルプ

インディゴオイル コンディショナー シャイン&スカルプ 50mL 2,400円(税抜)

オイルのエキスパート、メルヴィータから誕生するインディゴオイルを使ったヘアケア。2018年10月10日に発売予定です。

※インディゴオイルを世界で初めてヘアケアに使用(2018年5月時点、カラーリング以外の製品)

[メルヴィータ]

オーガニックヘアケアが気になる方は

日本初上陸。ヴィーガン&ハラル対応コスメブランド「A’kin」

ボタニカルという概念を生み出し、動物愛護や環境保護先進国でもあるオーストラリア。そんな、自然を愛する国で生まれ育った、ナチュラルでビーガンなコスメブ...

https://www.mylohas.net/2018/08/171827akin.html?test201808

わずか30秒で自分用にカスタマイズ。日本初のパーソナライズシャンプー

今までにない発想から生まれた次世代型のシャンプーが誕生しました。それは、日本初のパーソナライズシャンプー『MEDUULA(メデュラ)』です。

https://www.mylohas.net/2018/08/171610medulla.html?test201808

    specialbunner

    Ranking

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    5. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 傷ついた心を癒やす処方箋。深い闇から立ち直るには?

    9. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    9. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    10. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析