1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. できちゃったシワ対策大作戦! 神スキンケア4つ(前編)

できちゃったシワ対策大作戦! 神スキンケア4つ(前編)

2,482

多田亜矢子

2018年秋発売、シワ対策スキンケアアイテム

ランニングなど屋外活動好きのかた、シワにご注意を。

肌老化は加齢に伴って万人のもとへ公平に訪れると思ったら、大間違い。肌老化の原因の8割は、紫外線による光老化だといわれています。

紫外線の影響が見て取れるのが『The New England Journal of Medicine』に掲載されたトラック運転手の写真。25年間、窓側だけ強く日光を浴び続けた結果、顔半分だけ極端にシワが出現しているのがわかるはず。

みなさん、生活を振り返って、自分の肌に現れたシワの原因に思い当たる節がありませんか?

「困ったら美容皮膚科へ走ればいい」では遅すぎる。布の皺をアイロンで伸ばすのと同じで、シワ深度が浅いほどケアもラクな傾向にあります。

cosme02

前・後編の2回に分けて紹介するのは、今後の光老化の予防策……ではなく、できてしまったシワに対抗するお助けアイテム

最新アプローチを5つのカテゴリー別にまとめました。精鋭スキンケアで、シワ肌リセットヘの一歩を踏み出しましょう。


1.シワにまつわる新発見。コアエラスチンの変形を予防せよ

シワの原因は、肌表面に1番近い表皮と、その下の真皮の両方に存在し、特に真皮層のケアが重要とされています。2018年、この真皮層のシワにまつわる新たな発表が。

着目されたのは、エラスチン。エラスチンとコラーゲンは真皮層の約7割を占めるタンパク質線維で、両者が立体構造を維持することで肌のハリが保たれます。

よって真皮性シワとは、エラスチンの変性とコラーゲン量の減少による立体構造の崩れから生じるわけです。

この変性と減少を防ぐことがシワ対抗策となると示唆されながらも、これまで、エラスチンの変性に関しては、加齢や紫外線から生じるというくらいで、特に加齢に伴うメカニズムは不明なままでした。

これを解明したのが、コーセー。彼らの研究により、エラスチンの変性は小胞体シャペロンBiP(タンパク質線維の立体形成を調整する因子)の減少に起因すると判明。

こうして新たなハリ・弾力向上アプローチが提示されるに至り、さらにアスタキサンチンが小胞体シャペロンBiPを増やし、エラスチンの質を向上させることもわかったのです。

真皮と表皮にダブルアプローチ、シワを改善

ONE BY KOSÉザ リンクレス

真皮と表皮の2層にアプローチする薬用シワ改善クリーム「ONE BY KOSÉザ リンクレス」(医薬部外品)20g 5,800円(税別・編集部調べ)。※2018年10月16日(火)発売

「ONE BY KOSÉ ザ リンクレス」には、保湿成分AZ-アスタキサンチンと有効成分リンクルナイアシンが配合されています。

肌を奥からグッと支える真皮と、表面にピンとしたハリを与える表皮の両方にアプローチし、表情ジワや乾燥ジワなどのあらゆるシワを改善

また、潤いを抱えるオイルが、ゴワゴワと硬くなった肌を、まるでスチームで蒸されたように角層深部までふっくら柔軟に導きます。

ONE BY KOSÉ
電話:0120-526-311(コーセー)


2.ハリアップの鍵「線維芽細胞」の働きを強化せよ

シワ伸ばしに重要な肌のハリアップの鍵となる存在が、線維芽細胞です。というのも、線維芽細胞は前述の真皮を構築するエラスチンやコラーゲンを作りだす母細胞といわれていて、この働きが弱まるとハリ低下が招かれるのです。

そこで線維芽細胞の働きを強化するための、さまざまな施策が研究されています。スキンケアの進歩を感じる3手法を、ピックアップ。

宇宙でも育つ植物・亜麻が、肌をサポート

ランコム、レネルジーM FS クリーム

リンシードの力で、メラニンの生成を抑制。ハリがあり、透明感あふれる肌へと導く。「レネルジーM FS クリーム」50ml 12,500円(税別)※発売中

宇宙生物学から着想した技術を搭載するランコムの「レネルジー」シリーズの新作に配合されたのは、亜麻から抽出された亜麻仁抽出エキス(リンシード)。亜麻は、宇宙の植物育成室で初めて育てられた植物の一種として知られます。

着目された理由は、リンシードが細胞の骨組みにあたるタンパク質、通称「細胞骨格」の形成に効果的だから。線維芽細胞の核となるのも、この細胞骨格。リンシードによって健康的な線維芽細胞が生まれ、ハリ感がアップします。

ランコム
電話:03-6911-8151

線維芽細胞を若い状態へ。昼と夜、24時間徹底ケア

クラランス、ファーミングEX デイ クリームSPとファーミングEX ナイト クリームSP

シワなどの線が残りにくい昼用、夜用クリーム。昼用には大気汚染や紫外線など外的要因から肌を守る成分、夜用には日中受けたダメージを補修するムーンストーンの成分をプラス。「ファーミング EX デイ クリーム SP」50g 10,500円、「ファーミング EX ナイト クリーム SP」50g 11,000円(ともに税別)※それぞれオールスキンとドライスキンの肌タイプ別2種そろう。※発売中

若くて健康的な線維芽細胞は特殊なタンパク質に包まれ、細胞同士は特別なリンクで繋がれています。

クラランスはこの線維芽細胞の集合体をユースリザーバーと命名しました。新製品にはカンガルーフラワーオーガニック ミトラカーバなどを採用。これらの植物成分がユースリザーバーの再生能力を高め、コラーゲンの生成を促すことで、線維芽細胞が若さを取り戻す一助に

クラランス
電話:03-3470-8545(お客さま窓口)

目覚めよ、眠りについた肌機能

シスレー、シスレイヤ インテグラル コンセントレート ファーミング セラム

「シスレイヤ インテグラル コンセントレート ファーミング セラム」30ml 50,000円(税別)※発売中。スイートマジョラムエキスほか、7種の植物のブレンドエキスを配合。瞬時に肌をキュッと引き締めて、使い続けるほどに上向きの肌印象へ導く。

ストレスや大気汚染などライフスタイルや環境により、遺伝子の働きが鈍くなってしまうことも。こういった後天的要因によるエイジングサインにまで働きかけるのがシスレーの「シスレイヤ インテグラル」シリーズ。

新作にはブランド初の有用成分、スイートマジョラムエキスを配合。眠ってしまった機能を目覚めさせ肌本来のハリを保つ力をケアすることにより、弾力を高め、引き締まった肌へと導きます。

シスレー
電話:03-5771-6217(シスレージャパン)

バナー

後編はこちら

できちゃったシワ対策大作戦。神スキンケア6つ(後編)

前編・後編に分けてお届けしている、できてしまったシワに対抗するお助けアイテム。最新アプローチを5つのカテゴリー別に紹介しています。精鋭スキンケアで、...

https://www.mylohas.net/2018/10/175762wrinkle02.html

文/多田亜矢子、企画・構成/寺田佳織(マイロハス編集部)

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由