1. Home
  2. BODY
  3. 気になるお腹や二の腕に貼ってみた。新感覚の「自分磨きシート」で理想のボディラインに近づける?

気になるお腹や二の腕に貼ってみた。新感覚の「自分磨きシート」で理想のボディラインに近づける?

賢くやせる方法 ー効率よくヘルシーにー

2,821

MYLOHAS編集部

「ラクして痩せたい……!」

そんな女性の本音を叶えるべく、“自宅で使えるアイテム”が進化中です。バスタイム、入浴後、就寝中など、スキマ時間に自由に使える、人気アイテムのレビューを、3回に分けてお届けします。

curve_1256

第2回は、眠っているあいだに部分痩せできるという夢のアイテム「カーブ シート」。“新感覚、貼るだけエクササイズ”というキャッチコピーに惹かれ、さっそく試してみました。

睡眠時間でポイントスリム

curve_1246

貼るだけで、くびれが際立つ美ボディの夢が叶うという「カーブ シート」。シートを肌に貼り、睡眠時間(7時間~8時間ほど)を利用して有効成分を角質層に浸透させるだけというのですから、「そんなうまい話、本当?」と疑いたくなります。しかし「カーブ シート」はコスメディ製薬との共同開発により生まれたもの。薄いシートにふたつの主要成分が凝縮されています。

  • ホスファチジルコリン:美容クリニックのメソセラピー(脂肪溶解ダイエット)で脂肪分解剤として使われる代表的成分。脂肪の代謝や血中コレステロールの調整を助け、脂肪細胞内の油滴に蓄えられた脂肪の分解を促進する。
  • L-カルニチン:脂肪酸の燃焼を促し、脂肪消費量を増やす効果がある。

シートを肌に密着させることで、角質層内の水分が蒸散しにくく、2つの成分がしっかりと浸透するのだそう。

有用性試験では、35日間、毎日腹部に7~8時間貼付したところ、被験者(20~60代の一般女性20名)の90%以上に改善傾向が得られたそう。

「貼るだけ美容」のラクさに驚き

curvesheet_01

実際に使ってみると「とにかくラク」というのが正直な感想。シートも貼りやすく、肌にしっかり密着するので安心して眠れます。眠っているあいだに触ってしまったのか、隅っこが多少剥がれていることもありましたが、問題ないレベル。かゆくなったりピリピリしたりすることもありませんでした。

推奨プランとしては、気になる部位に対して1日2枚、1日おきに1カ月間(15回)から始めてほしいとのこと。1箱9000円(税別)を3箱(30枚)という経費ですが、エステにかかる時間や交通費を考えれば、お得なアイテムといえるかも。

シート状の美容アイテムというと、ヒアルロン酸を針状に結晶化させる、マイクロニードル技術を使ったパックをご存知の方もいらっしゃるかもしれません。じつはこの技術も、「カーブ シート」と同じくコスメディ製薬が開発したものだそう。

貼るだけで女性の願いを叶える「経皮吸収製剤(プラスター剤)」と呼ばれる美容ジャンル、これからどんどん進歩していきそうですね。

[カーブシート]

    regularbanner

    Ranking

    1. 性生活は大事。シングルマザーの彼女が愛に目覚めたきっかけは?

    2. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    3. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    4. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    5. お酒をやめるとやせますか? 3か月の禁酒で5.4kgの成功例は

    6. とかすだけで簡単ストレートヘア。SALONIAの新ヒートブラシ【プレゼント】

    7. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    8. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    9. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    10. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    1. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    2. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    3. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    4. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    8. 【保存版】インフルエンザ対策! 完全ガイド

    9. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    10. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    5. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?