1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 「ヴェレダ」から新登場。しっかりメイクも落とせるクレンジングミルク

「ヴェレダ」から新登場。しっかりメイクも落とせるクレンジングミルク

1,053

林 ゆり

しっかりメイクを落としたいときは、オイルを使いたい。でも、乾燥肌にはちょっと……と悩む人に朗報です。あの「ヴェレダ」から、しっかりメイクも落とせるクレンジングミルクが新登場です。

肌を守りながら落とすクレンジングミルク

メイクの落ちだけでなく、スキンケア効果にも着目して、日本人のために開発されたのが「ヴェレダ モイスチャークレンジングミルク」です。クレンジングミルクは、皮脂を取り除きすぎないというメリットがあるため、乾燥肌のタイプの人に好まれています。ただ、中にはメイクの落ちに不満が残るものもあります。

weleda_04

image via shutterstock

この「モイスチャークレンジングミルク」は、ミルクタイプでありながら、メイクの汚れや過剰な皮脂をすみやかに浮き上がらせ、すっきりと落としてくれるのがうれしいポイント。一般的なクレンジングミルクの洗浄構造に加え、補助洗浄成分として、肌にやさしいアミノ酸の洗浄剤を組み合わせた独自の洗浄ベースにより、あらゆるタイプの汚れをキャッチするスピードが速く、軽くなじませることができるからです。

これは日本人の肌やメイク環境までも考慮して開発された日本限定処方のなせる技。もちろん、100%植物由来成分配合で、オーガニック認証「Natrue」も取得しています。

夜のメイク落としだけでなく朝の洗顔にも

「モイスチャークレンジングミルク」は、顔になじませるとテクスチャーがミルクからオイル状に変化し、汚れをしっかり浮き上がらせてくれます。しかも、ウォータープルーフタイプのメイクも落とせるクレンジングミルクです。使い方は、通常のタイプと同じ。

  1. 乾いた手のひらに4プッシュ(500円硬貨大)クレンジングミルクをとり、乾いた顔全体にのばし、汚れとなじませる
  2. 白いミルクが透明のオイル状に変わったら、手のひらを水で軽く洗って顔に水をなじませ乳化させる
  3. 水またはぬるま湯でよく洗い流す

weleda_03

image via shutterstock

特にしっかりメイクの日は、乾いた顔になじませオイル状に変わったタイミングでしばらく待つと汚れを浮き上がらせる力がさらに働き、濃いメイクもするりと落ちるそう。ポイントメイク落としも必要なさそうですね。また、泡立たない洗顔料のイメージで、朝の洗顔に使う場合は、顔を水でぬらした状態でクレンジングミルクを2プッシュなじませ、洗い流せばOKです。

しっかりメイクの場合は4プッシュが適量ですが、オーガニックコスメを使用している場合、3プッシュでも十分とのこと。お肌を守りながら、クレンジングできるのは、これからの乾燥の季節にうれしいですね。

weleda_02

モイスチャークレンジングミルク 100ml 3,000円(税抜) ※2018年10月3日発売

[WELEDA(ヴェレダ)]

乾燥肌対策が気になる方は

絶滅危惧種ムラサキが肌トラブルをケア。お守りのようなスキンケア

古来より漢方薬や染料として使われてきた「紫草(ムラサキ)」を使ったオーガニックスキンケアシリーズ「MURASAKI no ORGANIC」をご紹介し...

https://www.mylohas.net/2018/05/167384murasakino_organic.html?test201808

お肌を老化させる、意外と知られていない8つのNG洗顔

お肌の質を上げるために必要な洗顔。しかし、間違ったやり方をすると老化につながります。そこで、今回お肌を老化させる、意外と知られていない8つのNG洗顔...

https://www.mylohas.net/2018/01/cleansingmistakes.html?test201808

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    6. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

    7. 食事で軽くムセてない? 年齢に関係ない「誤嚥(ごえん)」の怖さ

    8. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    5. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    8. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    9. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?