1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 季節の変わり目はチャンス!美しい肌を目指すスキンケアレッスン

季節の変わり目はチャンス!美しい肌を目指すスキンケアレッスン

花王株式会社

20180918_sofina_01a

とにかく過酷だった今年の夏。紫外線や汗、冷房などで乾燥にさらされた肌には、いったいどんなケアがおすすめなのでしょうか?

うるおった透明感あふれる肌が印象的な美容家の岡本静香さんも、この時期のお手入れにはとくに気を遣うとのこと。おすすめのケア方法をうかがいました。

夏の紫外線や乾燥などによる、肌ダメージのケア方法

汗で肌がベタつく夏は、乳液やクリームでのお手入れを中止する人が多いため、乾燥を引き起こしやすいと岡本さん。しかし実際には紫外線や冷房により乾燥しやすく、汗も乾くときに肌から水分を奪うので、たっぷり保湿することが大切とのこと。

20180918_sofina_02

そして、 乾燥やハリ低下など、夏の肌ダメージをケアするには、秋へと向かうこの時期が大切、と岡本さん。

まだまだ紫外線が強いので、UV対策には気を抜かないで。また、夏から秋にかけての気温差は、肌もカラダも疲れさせます。

お風呂の温度を少し上げたり、靴によっては薄手のソックスを合わせたりして冷え対策をするのもおすすめです」(岡本さん)

夏だけが過酷と思わずに、季節の変わり目の今こそ丁寧なスキンケアを心がけるべき。まずは自分の肌を知り、肌に合ったスキンケアを見極めてほしいと岡本さんは話します。

「そのためにはプロの手を借りるのがおすすめ自分では気づけないお手入れの盲点を教えてもらうだけで、毎日のスキンケアのレベルがぐっとアップするんですよ」(岡本さん)

「ビューティパワーレッスン」を初体験

「スキンケアに迷ったときこそ、プロの客観的なアドバイスが力になる」と話す岡本さんが訪れたのは、銀座駅から徒歩1分ほどの場所にある「SOFINA Beauty Power Station Personal Lesson Studio」。ここで、肌のお手入れについて特別なトレーニングを受けた「パーソナル ビューティ エキスパート」による、約2時間のマンツーマンレッスン「ビューティパワーレッスン(要予約)を体験します。

20180918_sofina_03

まずは肌悩みのカウンセリングからスタート。悩み知らずのように見える岡本さんの肌ですが、季節の変わり目などで肌がゆらぐとハリが気になるとのこと。

ふだんのスキンケアや夏の生活習慣なども和やかに話しつつ、肌の摩擦を防ぐメイク落としと洗顔法のレクチャーを受けた岡本さん。いよいよ測定ルームに移動します。

解析機器で、肌状態を細かくチェック

20180918_sofina_04

測定ルームにずらりと並ぶ解析機器を見て、「すごい!本格的ですね〜」と驚きの声をあげる岡本さん。さっそく肌に測定器を当てて、肌の透明感 (※1)やキメ、メラニン、水分、皮脂などの項目を測定し解析していきます。

※1 うるおいなどから算出

20180918_sofina_05

顔全体を撮影するドーム型の測定器では、血色やメラニン、肌のなめらかさを測定するために凹凸分布を解析します。

20180918_sofina_06

肌の表面の映像を700倍に拡大して、角層の状態を確認できるのも、解析システムのすごいところ。鏡で見るだけではわからない肌の状態が一目瞭然です。

解析が終了すると、モニターに、肌の透明感 (※1)やキメ、メラニン、水分、皮脂などの8項目の数値が反映されたグラフが映し出されます。

※1 うるおいなどから算出

解析を担当した山元さんによると、岡本さんのグラフは8項目のバランスがとてもよく、これは普段のスキンケアの賜物とのこと。

「 うるおって透明感のある美しいお肌です! 総合解析結果からは、すこし夏の環境による乾燥やハリの低下などの肌ダメージがみられるようです」(山元さん)

じつはそうなんです。寝苦しくて夏バテも感じていたので、肌にも影響しているのかもしれません」(岡本さん)

「この時期こそ、たっぷりのうるおいを与えるスキンケアがおすすめです。夜のお手入れのときに取り入れていただきたい、乳液を使ったパーソナルメソッドの方法をご紹介します」(山元さん)

一人ひとりに合ったスキンケアレッスン

基本のスキンケアレッスンの後は、解析結果に合わせた岡本さんにおすすめのパーソナルメソッド「うるおいを与えハリ感をアップする」スキンケア方法を行います。

0sofina_012

口元から耳へつなぐラインや、フェイスラインから頬骨の下につなぐラインなど、パーソナルなお手入れ方法を学びながら、いきいきとうるおったハリ感のある肌を目指して丁寧にお手入れします。毎晩のスキンケアで、乳液や美容液をつけるときにぜひ取り入れたいテクニックです。

スキンケアレッスンのあとは、「パーソナル ビューティ エキスパート」による仕上げのトリートメントの時間。

20180918_sofina_08

あまりの気持ちよさに思わず夢心地に……

帰り際には、肌解析の結果とスキンケアのアドバイスが書かれた「パーソナルレッスンシート」が手渡されます。家に帰っても、ひとりひとりに合ったお手入れが再現できるようにという心配り。丁寧な手書きのコメントを読みながら、岡本さんも大満足の様子です。

ビューティパワーレッスンを受けると、思いもしなかった肌の状態や、悩みの原因がわかります。自分に合ったお手入れをアドバイスしてもらえるので、日常のケアレベルもアップしそう。マンツーマンのカウンセリングをぜひ試してみてほしいですね」(岡本さん)

マイロハス特典で10%オフに!「肌を知る」ためのフルコース

人気美容家の岡本静香さんも魅了した「ビューティパワーレッスン」(要予約)。今回、マイロハス読者のために、通常3,000円(税抜)のところを10%引きで受けることができるクーポンをプレゼントします。

MYLOHAS_banner_0907_MYLOHAS

さらに、SOFINA Beauty Power StationのInstagram公式アカウントもチェックしてみて。

自分の肌を知ると、スキンケアはきっと変わる。秋からも最高の肌コンディションでいるために、「ビューティパワーレッスン」を受けて、季節の変わり目も美しい肌でいたいものですね。

SOFINA Beauty Power Station Personal Lesson Studio

住所:東京都中央区銀座三丁目4番12号 文祥堂銀座ビル 1F
営業時間:11:00~20:00(不定休)
TEL:03-3561-2600

2020180524_SOFINA_PRO(1)

岡本静香さん
美容家。2005年に始めた美容ブログが人気を集め活動を開始。女性誌のライターアシスタント、化粧品会社のビューティーアドバイザー、美容講師の経験を経て、美容家として活躍中。2017年からは、それぞれの生活スタイルに沿った美容法のコンサルティング「静香塾」、会員制オンライン美容メディア「biishiki」を通して、多くの女性の本質的な美を引き出している。近著は『自分の肌を好きになったら運命は変わる』など。HPはこちら

撮影/米山典子、ヘアメイク/MAIMI
文/田邉愛理

    specialbunner

    Ranking

    1. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. 乳液とクリームって何が違うの? 両方使った方がいい?

    4. 防水なのに蒸れない。ザ・ノース・フェイスが開発したウエアが革新的!

    5. 季節の変わり目の「風邪」対策。こじらせる前にすべき簡単5つ

    6. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    7. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    8. 「自分は大丈夫」と思わないで。がんを克服した9人のアドバイス

    9. アウトドアグッズの収納力をアップする、便利アイテム2選

    10. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ