1. Home
  2. MIND
  3. 「部下」との上手な付き合い方は? コミュニケーションの達人が教えます

「部下」との上手な付き合い方は? コミュニケーションの達人が教えます

コミュニケーション術のネタ帳

1,640

0020180926_illust

こんにちは、TETUYAです。今日使えるコミュニケーションのネタは、「まずは褒めてあげよう」です。今回は、部下がいる上司の人に一番読んでもらいたい内容ですね。ただ、まだ部下がいない人でも、将来は自分の部下ができたりしますから、ぜひ、こころに止めておいてもらえると嬉しいです。極論ですが人はひとりじゃ生きていけませんから。誰かの協力があってこそですよね。

こんな上司は嫌だ

以前、友人のA子から、こんな上司の愚痴を聞いたことがあります。A子が、自分の初めての大きなプロジェクトを、色んなダメ出しを食らいながらも、色んなプレッシャーに打ち勝ってなんとかやり切り、その結果がクライアントから予想以上の高評価を頂いたそうなんです。

A子は嬉しくなって、自分の上司、2人にその結果を報告したそうなんですが、上司のBさんは、「すごいね。おめでとう!」と素直に結果を喜んでくれたそうなんですが、上司Cさんは、その報告を聞いての第一声が「でも、当初の目標にはいってないんでしょ?」とバッサリ切られたそうで、この言葉に、怒りと人としての悲しさを覚えたと、A子はビールをガンガン飲みながら僕に言ってました(苦笑)。

「まずは承認欲求を満たしてから」

僕はこの一連のA子の話を聞いていて感じたことは、上司のCさんは、自分の苦労した長年のキャリアからA子の今回の結果について「まだ、甘い」と思ったんでしょう。ただ、A子は入社してまだ2年。そのキャリアを度外視して自分と同じモノサシで話しては、あまりにちょっとかわいそうですよね(苦笑)。正直、Cさんのような人の気持ちがわからない上司は嫌ですね。周りのモチベーションも下げてしまいます。

まずは、「よく頑張ったね」ですよね? そのあとに厳しいアドバイスをするなら、したらいいと思うです。誰でも承認欲求はあります。まずはそこを満たしてから。その方が、その後の厳しいアドバイスでもスッと懐に落ちますね。Bさんみたいなタイプは、人の手柄が嫌いなタイプで自分だけが「すごい」と褒められたいタイプ。もし皆さんが、同じシチュエーションに遭遇したら、「まずは褒めてもらっていいですか?」と強気で言ってみてください。女子の皆さんなら言っても大丈夫です。

>>【コミュニケーション術のネタ帳】をもっと読む

(イラスト・トミムラコタ)

コミュニケーション力アップのヒント

「この日空いてる?」と予定を聞かれたときのスマートなかわし方

コミュニケーションの達人TETUYAさんの連載「コミュニケーションのネタ帳」。色気イコール外見だと思っていませんか?今回は、「この日空いてる?」と言...

https://www.mylohas.net/2018/09/175219.html?test201808

あの人と話してみたい。職場の気になる人ときっかけを作るには? #コミュニケーション術のネタ帳

コミュニケーションの達人TETUYAさんの連載「コミュニケーションのネタ帳」。今回のテーマは、社内で話しかけたい人がいるときに、いかに自然に話しかけ...

https://www.mylohas.net/2018/06/169226.html?test201808

TETUYA

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    3. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    4. ポテトチップスを食べ出すと止まらないのはなぜ? 無駄な食欲を減らす方法

    5. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    6. 3秒で“体のゆがみ”を無料計測。体と心を整えるオアシス、知ってる?

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    10. 穀物・乳製品はナシ! だけど腹持ちのよいヘルシー朝食11選

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    9. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    10. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    7. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    8. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン