1. Home
  2. EAT
  3. 減量のために「ヴィーガン」になるのは正解? ヴィーガン=ヘルシーなのか

減量のために「ヴィーガン」になるのは正解? ヴィーガン=ヘルシーなのか

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

1,130

MYLOHAS編集部

ヴィーガン食で体重をおとせます。でも、それは正しい食物をえらんだ場合だけなのです。

shutterstock_772800382

ヴィーガンになる理由はさまざまです。「環境への負荷をへらしたい」「動物を守りたい」「もっと健康になりたい」など。なかには動物性の植物をやめるのは、体重をへらすためという人もいるでしょう。インスタグラムの投稿には「#veganweightloss」 (ヴィーガンで体重を落とすという意味のタグです)というタグがついたものが14万5000以上も。

ところで、ヴィーガン食で本当に体重が減るのでしょうか? もしも最終的な目的が体重を減らすことなら、ヴィーガンを実践するうえで知っておきたいことを紹介します。

まずご確認を。ヴィーガンって何を食べるの?

shutterstock_311459951

ほかのベジタリアンと同じように、ヴィーガンは肉を食べません。でも、多くのベジタリアンが乳製品や卵などの動物性食品を食べるのに対し、ヴィーガンは動物性製品を一切とりません

ハチミツ(ミツバチによって作られている)やゼラチン(加工食品に使われる一般的な増粘剤ですが、家畜の骨や皮膚からできています)ですら食べないのです。

そうすると、ヴィーガンの人が食べられる物は栄養素が豊富なフルーツや野菜、たんぱく質が豊富な豆類、全粒穀物、オリーブオイルやアボカドなどのヘルシーな脂肪分ということになります。

でも、あまり健康的でなくても、ヴィーガン食に分類される物もあります。砂糖がたくさん入ったお菓子、精製された小麦粉で作ったパンやパスタ、ポテトチップスやポテトフライのようなジャンクフードなどです。

ヴィーガン食ってヘルシーなの?

shutterstock_648899398

アメリカ栄養士会の発表や研究結果によると、食事をヘルシーな食材だけにするのならとっても健康的。植物性のものだけ食べているとコレステロール値やBMI値、血圧が低くなるからです。2型糖尿病やさまざまなタイプのがんにもなりにくくなります。

では、ヴィーガン食をおこなうことはなぜ健康的なのでしょう??

アメリカ心臓協会によると、肉や乳製品をとらないでいると、心臓病や脳卒中になるリスクを高める一方で、健康によくない飽和脂肪酸をへらせるのです。さらに、植物性の食品をとることは食物繊維や必須ビタミン、ミネラル、抗酸化物質を含む植物性化合物を多くとることにつながります。病気への抵抗性を高めることもできるのです。

shutterstock_270271043

でも、ヴィーガン食にするだけで自動的に健康になれるわけではありません。「よくある間違いは、ヴィーガン食のすべてがヘルシーだと思い込むこと」と、ニューヨークにあるマウントサイナイ病院の栄養士・管理栄養士のジュリー・デヴィンスキーさん。

結局、ポテトフライやキャンディを食べてもヴィーガン食なのです。キャンディや炭水化物をやめなさいとは誰も言ってないのですから。

体重を減らすためにヴィーガンになるのは健康的な方法?

shutterstock_101925376

ヴィーガン食にすることで、栄養がなくてカロリーだけがあるような食品をとらず、代わりに栄養が豊富な食品をとるのなら、答えはイエスです。

「ヴィーガン食によって体重が減ったのは、ほとんどの場合には、不健康な食物を避けたことと、不健康な食品を健康的な食品におきかえたことによる相乗効果です」(デヴィンスキーさん)。

たとえば、もし毎晩出来合いの食事をテイクアウトする習慣がある場合。かわりに家で豆腐と玄米のヴィーガンボウルを作るのです。すると、料理法やなかに何を入れるかをコントロールできるようになり、減量につながります。

shutterstock_1006642669

それでも、いくつかのヴィーガン食は体重を減らすのではなく増やしてしまいます。 どんな食事でやせようとしても、カロリーの摂取量を減らすことは必要です。

カロリーを簡単に減らす方法は、精製された炭水化物を減らして、脂肪分の少ないたんぱく質を増やすこと。たんぱく質をとると、食事と食事の間に満腹感をキープできるからです。ところが、「肉をまったく食べないとたんぱく質をとる方法が減るため、満腹感のキープが難しくなります」と、カリフォルニアで肥満外科の専門医をしているナンシー・ラーナマさん。

結果として、ヴィーガンの人はたんぱく質の豊富な鶏の胸肉のかわりに、炭水化物だらけのパスタをいっぱい食べてしまうのです。

次の記事では、実際にヴィーガン食でダイエットを始めたい人のための、具体的な食品をご紹介します。

おいしくヴィーガンを楽しむ

オーストラリアの定番おやつブリスボールの作り方

オーストラリアの定番おやつBliss Ball(ブリスボール)の作り方、楽しみ方をご紹介します。

https://www.mylohas.net/2016/09/0575182_blissball.html?test201808

国産米粉100%、パンの新ブランド「FAHAN」新登場

健康と美味しさを両立したパンの新ブランド「FAHAN(ふぁはん)」。第一屋製パン株式会社が初めて米粉を使った新ブランドです。

https://www.mylohas.net/2018/04/165783fahan.html?test201808

Macaela MacKenzie/How to Go Vegan for Weight Loss
訳/STELLA MEDIX Ltd.

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    6. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    10. 「外陰部の腫れ」は悪性がんの恐れも。セルフチェックの方法は?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    10. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?