1. Home
  2. EAT
  3. 「プロテイン」を飲んでも太らないってホント?

「プロテイン」を飲んでも太らないってホント?

13,474

横田ゆき

shutterstock_756059671

ダイエットによいと思われているプロテイン、実は摂りすぎると痩せないどころか太ってしまう!? 管理栄養士が教えるプロテインの「ホントのところ」をご紹介します。

プロテインはどれくらい摂るのが正解?

shutterstock_345176171

そもそも「プロテイン(protein)」とは、たんぱく質を指す言葉。ダイエット向けに販売されているプロテインの多くは、大豆や乳、鶏卵を原料とするたんぱく質を含んだ粉で、水や牛乳、豆乳に溶かして飲む人も多いのでは。これらは、いわゆる健康食品のひとつで、一般の食品よりも健康によいとされていますが、国が制度化している基準はなく、効果や機能の表示は認められてはいません

では、1日あたりのたんぱく質の推奨量とはどれくらいなのでしょうか?

「日本人の食事摂取基準(2015年版)」では、たんぱく質の推定平均必要量は18歳以上男性で50g/日、18歳以上女性で40g/日と記されています。(「Diet Plus」より引用)

これは、1日で牛乳1杯、たまご1個、魚1切れ、肉50g、納豆1パック程度を食べればクリアできる量。つまり、これだけの食事を毎日していれば、たんぱく質は十分摂れているということになります。

逆に、食事だけではたんぱく質が不足しがちな人は、プロテインを上手に取り入れてみると良いですね。

プロテインだけでは意味がない?

shutterstock_423266374

たんぱく質がすぐに筋肉になるということはありません。バランス良い栄養とたんぱく質の摂取にプラス運動負荷が加わることで、はじめてたんぱく質が筋肉の構成材料になるのです。(「Diet Plus」より引用)

たんぱく質は主に筋肉や血液、骨などを作る大事な栄養素。さらに、バランスの良い食事と適度な運動を組み合わせることで、太りにくく健康的な身体を作ることに繋がるのです。

ダイエットにプロテインを上手に取り入れるには

shutterstock_695214214

過剰摂取には気を付けて、「プロテインは運動と合わせて摂る」というように、バランスの良い食事と適度な運動を生活に取り入れるのがおすすめです。(「Diet Plus」より引用)

ダイエットなどで食事制限をしているときなど、毎日の食事だけではたんぱく質が不足してしまう際には、プロテインで補ってあげると良さそう。ただし、運動や食事と組み合わせることも忘れずに。上手にプロテインを摂って、ヘルシーなダイエットを目指したいですね。

おいしくたんぱく質を摂るには?

実は高タンパク質で優秀食材!カッテージチーズの食べ方7

カッテージチーズといえば味のない、ぱっとしないダイエット食品とずっと思われてきたけれど、もっと評価されてもいい食べ物です。低脂肪あるいは専門家がすす...

https://www.mylohas.net/2017/12/066653cottagecheeserecipes.html?test201808

ダイエットはやっぱり食事から。手軽においしくできるタンパク補給レシピ

運動が億劫になる寒い時期。気をつけたいのはやっぱり食事です。今流行りの低糖質高タンパクな食事は取るのが難しいと思っていませんか? 簡単に低糖質高タン...

https://www.mylohas.net/2017/11/065947diet.html?test201808

Diet Plus

image via shutterstock

    Ranking

    1. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    2. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    3. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    4. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    5. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    6. 言霊って本当にあるの? 公認心理士に聞いてみた

    7. その疲労感、「鉄分不足」かも? 冷蔵庫に「ひよこ豆ときのこのフムス」を常備して

    8. 10月後半のおひつじ座【LUAの12星座占い】

    9. 「上腕三頭筋」のトレーニング。1年中、二の腕を鍛えたほうがいい理由とは?

    10. 一度クサくしてしまった服を、劇的に復活させる方法。洗濯王子が教えます!

    1. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    4. 言霊って本当にあるの? 公認心理士に聞いてみた

    5. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    6. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    7. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ

    8. 眠る前の習慣に。簡単「骨盤バランス・ストレッチ」で歪みをリセット

    9. 【永久保存版】人気ブランドから良コスパまで。ソムリエおすすめワイングラス22選

    10. 「上腕三頭筋」のトレーニング。1年中、二の腕を鍛えたほうがいい理由とは?

    1. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    2. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    3. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    4. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    5. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    6. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    7. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    8. 認知症予防は40代から。今日からできる5つの対策

    9. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    10. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら