1. Home
  2. EAT
  3. 「プロテイン」を飲んでも太らないってホント?

「プロテイン」を飲んでも太らないってホント?

12,904

横田ゆき

shutterstock_756059671

ダイエットによいと思われているプロテイン、実は摂りすぎると痩せないどころか太ってしまう!? 管理栄養士が教えるプロテインの「ホントのところ」をご紹介します。

プロテインはどれくらい摂るのが正解?

shutterstock_345176171

そもそも「プロテイン(protein)」とは、たんぱく質を指す言葉。ダイエット向けに販売されているプロテインの多くは、大豆や乳、鶏卵を原料とするたんぱく質を含んだ粉で、水や牛乳、豆乳に溶かして飲む人も多いのでは。これらは、いわゆる健康食品のひとつで、一般の食品よりも健康によいとされていますが、国が制度化している基準はなく、効果や機能の表示は認められてはいません

では、1日あたりのたんぱく質の推奨量とはどれくらいなのでしょうか?

「日本人の食事摂取基準(2015年版)」では、たんぱく質の推定平均必要量は18歳以上男性で50g/日、18歳以上女性で40g/日と記されています。(「Diet Plus」より引用)

これは、1日で牛乳1杯、たまご1個、魚1切れ、肉50g、納豆1パック程度を食べればクリアできる量。つまり、これだけの食事を毎日していれば、たんぱく質は十分摂れているということになります。

逆に、食事だけではたんぱく質が不足しがちな人は、プロテインを上手に取り入れてみると良いですね。

プロテインだけでは意味がない?

shutterstock_423266374

たんぱく質がすぐに筋肉になるということはありません。バランス良い栄養とたんぱく質の摂取にプラス運動負荷が加わることで、はじめてたんぱく質が筋肉の構成材料になるのです。(「Diet Plus」より引用)

たんぱく質は主に筋肉や血液、骨などを作る大事な栄養素。さらに、バランスの良い食事と適度な運動を組み合わせることで、太りにくく健康的な身体を作ることに繋がるのです。

ダイエットにプロテインを上手に取り入れるには

shutterstock_695214214

過剰摂取には気を付けて、「プロテインは運動と合わせて摂る」というように、バランスの良い食事と適度な運動を生活に取り入れるのがおすすめです。(「Diet Plus」より引用)

ダイエットなどで食事制限をしているときなど、毎日の食事だけではたんぱく質が不足してしまう際には、プロテインで補ってあげると良さそう。ただし、運動や食事と組み合わせることも忘れずに。上手にプロテインを摂って、ヘルシーなダイエットを目指したいですね。

おいしくたんぱく質を摂るには?

実は高タンパク質で優秀食材!カッテージチーズの食べ方7

カッテージチーズといえば味のない、ぱっとしないダイエット食品とずっと思われてきたけれど、もっと評価されてもいい食べ物です。低脂肪あるいは専門家がすす...

https://www.mylohas.net/2017/12/066653cottagecheeserecipes.html?test201808

ダイエットはやっぱり食事から。手軽においしくできるタンパク補給レシピ

運動が億劫になる寒い時期。気をつけたいのはやっぱり食事です。今流行りの低糖質高タンパクな食事は取るのが難しいと思っていませんか? 簡単に低糖質高タン...

https://www.mylohas.net/2017/11/065947diet.html?test201808

Diet Plus

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    3. 高栄養&腸内環境を整える「甘酒」の作り方。炊飯器で放置するだけ!

    4. 1分で仕込めて効果も絶大。プロが教える簡単アイライン

    5. 日本のスーパーフード「納豆」の知られざるパワー10

    6. 「おしっこのにおい」でわかる身体の異変。尿が臭い原因は?

    7. ひどい肩こり解消エクササイズ「チャイルドポーズ」

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 「感じのいい人」と「感じの悪い人」の違いは脳の使い方にあった!

    10. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    3. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    4. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    5. ひどい肩こりは鍛えてなおす! 肩こり解消ストレッチ&筋トレ5選

    6. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    7. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    8. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    9. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    10. 1分で仕込めて効果も絶大。プロが教える簡単アイライン

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    5. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    6. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    7. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    8. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    9. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!

    10. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?