1. Home
  2. MIND
  3. 足を組むのは「拒否」。本心がわかる7つのボディーランゲージ

足を組むのは「拒否」。本心がわかる7つのボディーランゲージ

5,829

横山智世

shutterstock_1054349687

目の前にいる相手は、今何を考えているんだろう? 仕事相手や同僚、家族、友人、どんな相手とのコミュニケーションにおいて、誰もが考えることではないでしょうか。

相手の気持ちを知るひとつの方法に、ボディーランゲージがあります。

ボディーランゲージを知れば、相手との距離が縮まる

shutterstock_579872731

無意識のうちに心の内を表現している「ボディーランゲージ」。正しく感じ取ることができれば、より円滑なコミュニケーションが可能となり、相手との距離も自然と縮まるはず。

BUSINESS INSIDER JAPAN」から、専門誌『Psychology Today』や研究論文、書籍をもとにしたボディーランゲージとそれが表す心の内を紹介します。

7つのボディーランゲージからわかる本心

shutterstock_648909028

  • 目の周りにしわの寄らない笑顔は偽物かも
  • 眉を上げるのは、不快感の印であることが多い
  • あなたの姿勢や動きに相手が合わせてきたら、会話は多分うまくいく
  • ただし、あまりにあなたの目をじっと見つめ続けているなら、相手は嘘をついているかも
  • 足を組むのは相手への抵抗や拒否感を示していることが多く、交渉においては悪い兆候
  • 顔や手を繰り返し触る場合、神経質になっていることが多い
  • 顔の表情に左右差がある場合、感情を偽っている可能性も

(「BUSINESS INSIDER JAPAN」より引用)

どんなシーンでも、覚えておくと役に立ちそうなものばかり。相手の心を察することができれば、よりよい関係づくりに取り組むことができます

しかしボディーランゲージは無意識に発していることが多いので、自分も気をつけないと、知らずしらずのうちに相手に気持ちが伝わっているかもしれません。

知っておきたい、コミュニケーションスキル

じつは好感度をあげる、お願いの仕方

やることがたくさんあってどうしようもないとき人の手を借りることはできていますか?ポイントを押さえるとお願い上手になって心の負担が減りそうです。

https://www.mylohas.net/2018/08/172985help.html?test201808

人間関係をもっとスムーズにするには? 相手の心に響く話し方のヒント

プロが伝授する「言葉の力」を身につける方法をご紹介。ノートを活用して、日常のコミニュケーションや人間関係をスムーズにする言葉のトレーニングをしましょ...

https://www.mylohas.net/2018/07/171634speak.html?test201808

BUSINESS INSIDER JAPAN

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    2. 肌やメンタルを左右する女性ホルモン、コレステロールが関係している?

    3. 人気ボールペンがスタイリッシュに収納できる「飛び出すペンケース」セット

    4. 肩こり、腰痛、動悸、息切れ...。医師にきく症状別「更年期対策」

    5. 最大24アイテムが試せる! メイクやスキンケア盛りだくさんコフレ4選

    6. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    7. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    8. ネガティブな感情で頭がいっぱい? あなたを解き放つ3つの処方箋

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. 「感謝する」気持ちを大切に。夜習慣で変わる人間関係

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    7. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    4. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    5. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    6. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    7. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?

    8. 聞こえているのに聞き取れない...耳の障害「APD」の症状と改善策

    9. 炭酸飲料や果汁100%ジュースを飲み続けるとどうなる!?

    10. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?