1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 「マリエン薬局」から新発売。肩や筋肉、関節の痛みに「コリ痛み改善予防クリーム」

「マリエン薬局」から新発売。肩や筋肉、関節の痛みに「コリ痛み改善予防クリーム」

1,050

知恵子

shutterstock_496911493

image via shutterstock

肩や筋肉、関節の痛みがある。だけど「肌が弱い、薬が効かない、副作用が怖い」といった悩みもあるという人におすすめなのが、ドイツ・メディカルハーブ薬「マリエン薬局」の「コリ痛み改善予防クリーム(高濃度タイプ)」です。

鎮痛成分イブプロフェンと同効果の天然成分

ドイツ国家の検証機関(コミッションE)と独自の検査で「効果」と「安全性」が証明された天然成分100%のメディカルハーブ薬を取り扱っている「マリエン薬局」。

メディカルハーブやホメオパシーなどの自然療法の製薬だけでなく、現代医療の製剤、地元の医師や病院からの処方薬局としての役割まで行っているとか。

現代医学の先進国であると同時に、ハーブやアロマテラピーなどの自然療法が一般の人々に深く浸透しているドイツならではですね。でもドイツに行かなくても、日本で気軽にこの薬局のアイテムが買える自然療法のネットショップもあります。

MARIEN_TOP

「コリ・痛み改善予防クリーム(高濃度タイプ)」都度購入 :4,980円(税別) 定期コース:3,980円(税別)

自然療法アイテムといえば、ハーブティーやアロマオイルを思い浮かべがち。でも「コリ痛み改善予防クリーム(高濃度タイプ)」は、塗るメディカルハーブ薬。

しかも天然成分100%なのに鎮痛成分イブプロフェンと同効果が立証されている「アーニカフラワーエキス」を、なんと40%濃度で配合しています。

自然な形で腫れがひき、痛みも和らぐ

つらい首・肩・背中などのコリは、「アーニカフラワーエキス」の鎮痛作用・血行促進作用によってほぐされます。さらにその成分である「セスキテペンラクトン」「フラボノイド」には、自然な形で腫れをひかせ、痛みを和らげる改善効果があるとか。また柑橘系の香りがする「ネロリ」の抗ストレス作用が、筋肉の緊張を緩めてくれます

こうした植物エキスを抽出する際も、化学成分などを使用しない、安全性が高く環境にもやさしい無酸素低温抽出法を採用。また副作用のある成分はもとより、合成界面活性剤、石油系原料、添加物、ステロイドは一切不使用

さらに医薬品品質、またはBIO品質のワイルドローズオイル・スイートアーモンドオイル、シアバターを配合しているので、肌に負担なく有効成分が浸透します。保湿効果も高いので、肌が弱い人でも安心して使えますね。

筋肉や関節、コリの痛みには市販や処方の鎮痛消炎剤や湿布などを使うのが一般的。でも湿疹やかぶれに悩まされたり、副作用が心配なときもあります。

そうした悩みや不安を感じたときは、天然成分100%だけで症状改善・予防に導いてくれる「コリ痛み改善予防クリーム(高濃度タイプ)」を試してみる価値ありです。

肩こりにはストレッチも効果的

快便ヨガから骨ストレッチまで、体をほぐして伸ばす記事まとめ

新生活、いつもと違う環境で思ったより緊張が続いていませんか?きちんとリラックスして体をゆるめるためのストレッチやアイテムをまとめてみました。

https://www.mylohas.net/2018/04/165922stretch.html?test201808

すきま時間にできて心身が整う、気持ちいいストレッチ本7選

運動不足による心身の不調が気になるとき、すきま時間にできて効果的なストレッチを紹介した本をピックアップしました。

https://www.mylohas.net/2018/04/165283stretch_book.html?test201808

マリエン薬局

    specialbunner

    Ranking

    1. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    2. 肌やメンタルを左右する女性ホルモン、コレステロールが関係している?

    3. 人気ボールペンがスタイリッシュに収納できる「飛び出すペンケース」セット

    4. 肩こり、腰痛、動悸、息切れ...。医師にきく症状別「更年期対策」

    5. 最大24アイテムが試せる! メイクやスキンケア盛りだくさんコフレ4選

    6. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    7. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    8. ネガティブな感情で頭がいっぱい? あなたを解き放つ3つの処方箋

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. 「感謝する」気持ちを大切に。夜習慣で変わる人間関係

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    7. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    4. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    5. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    6. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    7. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?

    8. 聞こえているのに聞き取れない...耳の障害「APD」の症状と改善策

    9. 炭酸飲料や果汁100%ジュースを飲み続けるとどうなる!?

    10. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?