1. Home
  2. EAT
  3. 良質な睡眠、肌ツヤUP、太りにくい体へ。食べ方で血糖をコントロール!

良質な睡眠、肌ツヤUP、太りにくい体へ。食べ方で血糖をコントロール!

ポジティブ栄養学

21,412

吉川圭美

shutterstock_772800457

image via Shutterstock

「 ダイエット」と「糖」は縁が深いということは、きっと多くの人がご存知ですね。

とはいえ、キツい糖質制限はムリ、というのも本音かもしれません。そこでご紹介したいのが血糖コントロール。太りにくいのはもちろん、身体が不調から解放され、ラクになっていくことを実感しています。

血糖が上がりすぎないようコントロール

shutterstock_430565551

image via Shutterstock

そもそも血糖とは、血液に含まれるブドウ糖のこと。この量を「血糖値」とよび、ごはんやパン、お菓子などを食べると一気に上がります。

上がりすぎたときに、ホルモンの一種であるインスリンが出てきて糖を脂肪細胞に貯えます。これが体重増加の理由。

一方でインスリンがはたらきすぎて、血糖値が一定の値より下がってしまったときは、別のホルモンが血糖値を上げてくれます。しかしその影響で、イライラしたり攻撃的になったり、花粉症がひどくなったり、ということも。

こうした状況を避けるためには糖をとらないことがいちばん。一方で血糖値が上がりすぎないよう、一定量になるようコントロールすることもひとつの方法です。それは食べ方を工夫することで、じゅうぶん可能となります。

血糖が上がりすぎない食べ方ルール

shutterstock_216011044

image via Shutterstock

たとえば食事時の基本は「ごはんは最後」。まずはいちばん大事なタンパク質から箸をつけ、次に野菜や海藻類を。タンパク質や野菜をとることで血糖値が上がりにくくなります。しっかり食べて満たされたところで、最後にご飯を少々。

おやつが食べたいときの基本は「動く前に食べる」。食べた直後に筋肉を動かすと、糖の運び屋ともいえる「GLUT4」が血糖値を下げるようはたらいてくれます。食べるなら散歩や買い物、クライアントまわりの前などに。また、先にナッツや豆乳をとるのも忘れずに、おやつの量を少なめにするのも大切なことです。さらに夜に糖をとると眠りの質に関係するので、極力口にしないのがベター。

さらに私が欠かさないのが、ビタミンB群のサプリメントをとること。糖質を身体で使えるエネルギーに変化させるにはビタミンB群の力が不可欠。とった分だけチャージしないと、疲れやだるさにつながるからです。

血糖コントロールできればいいことがたくさん!

shutterstock_387564718

image via Shutterstock

血糖がコントロールできてくると、太りにくくなるのはもちろん、空腹状態に振り回されにくくなったり、お昼の眠気とサヨナラできたり、肌ツヤのよさを褒められたり、イライラしにくくなったり、眠りの質が高まったりといいことづくめ。

食事のなかで優先順位が高い栄養素は、タンパク質と良質な脂、そしてビタミン・ミネラルだと私は考えています。身体に必要なものをしっかり食べていると自然と糖の出番が少なくなり、血糖コントロールしやすい身体に変わっていくのには驚いています。

これからおいしい食べ物が出まわるシーズン。体重のためにも、体調のためにも、ぜひ意識しておきたいと思っているところです。

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    7. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    8. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    9. 寝ている間に、やせやすい体へ導くバスオイルのコフレ【プレゼント】

    10. 爪がもろいとおしゃれも半減! 健康的な爪をつくる15の基本

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    8. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由