1. Home
  2. MIND
  3. 落ちこんだ時はどうすればいい? ネガティブ思考をリセットする方法

落ちこんだ時はどうすればいい? ネガティブ思考をリセットする方法

運命を変えるマインド革命

8,440

斎藤芳乃

0shutterstock_685747408

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。何か嫌なことがあったとき、そこからすぐに復帰して、自分らしく生きたい……。でも、なかなか嫌な感情を手放せない。そんなふうに苦しむこともありますよね。

「苦しかった感情をなかなか手放せない」
「自分がイヤなことばかり考えてしまって、そこから抜け出せない」
「どうしても、自分をいじめた相手のことばかり考えてしまい、恨みから抜け出せない」
「自分をいじめた人が幸せになっていることを思うと、嫉妬で気が狂いそう」

実は、こう思ってしまうことは不思議なことではありません。今回は、こうしてネガティブな感情に支配されてしまったとき、すぐに自分を回復させる方法についてお伝えしていきたいと思います。

大切なことは、まず、「それをしたくない」自分に気づくこと

実はネガティブな感情があることに気づいているからといって、ただネガティブな感情をなくそうとするのは、実は間違いなのです。なぜなら、ネガティブな感情でさえも、それを「自分が持ちたくて持ったもの」ではないからです。

0shutterstock_549799390

よく、「感情のコントロールをしましょう」という話がありますが、感情は本来、コントロールなんてなかなかできないんです。本当に死ぬほど苦しい思いをしてしまったとしたら、押さえつけようとしても、その気持ちが湧き上がってしまう……。それは、「心がある人間」として当然のことです。そこにブレーキをかけようとか、苦しく思わないようにしようなど思ったとしても、それは、無理な話です。

だから、こうしたことを、実はしなくていいんです。では、どうやったらこのネガティブな感情を変えていくことができるのでしょうか?それはたったひとつ、実はとても簡単なことでした。「私は、こんな気持ちを持って、こんな気持ちのまま生きたいわけではなかった」ということに気づくということです。

対処法は、自分を理解するという愛情。

例えば、人に嫌味を言ってしまったり、人を妬んでしまう自分がいる。こんな時は、妬んでいるな……苦しいな……ということを受け入れて抱きしめてあげる前に、

「本当はこんな思いをわざわざしたくなかった。にもかかわらず、こんな思いをするような苦しい状況に追い込まれてしまったんだ」

と、しっかりと「私はこんな思いをずっと抱えなければならないほど、過酷な環境に生まれなければならなかったんだ」と、被害者であることを感じてあげるのです。

0shutterstock_316827551

「わざわざ、人に嫉妬するような人生を歩むのではなく、本当ならば、自分に自信を持って、私だって輝いて、愛されて、最初から楽に大切にされて生きていたかった

でも、それができないくらい、過酷な状況に居なければならなかったんだ。子供だったからこそ、そこから逃げることもできなかった

その結果、私はその環境で必死に生きることしかできず、そこに適応することでしか生きられなかった。不幸でいることや、否定されることが当然だと受けいれるしかなかったんだ。そして、そのまま大人になってしまった……。そして、嫉妬や自己否定や諦め、憎しみ、苛立ち……こうしたネガティブな想いにまみれて生きることになってしまった。

そして、そのまま大人になってしまった……。そして、嫉妬や自己否定や諦め、憎しみ、苛立ち……こうしたネガティブな想いにまみれて生きることになってしまった。

でも、本当はそんなふうに生きたくなかった」

こうやって、はっきりと感じてあげることが大切です。

自分への深い愛が、自分を救う。

こうして一つ一つ、ネガティブな思いを持ちたくないのにネガティブな思いを持たざるを得なかった、その自分に対して理解を示してあげる、優しい言葉をかけてあげる、愛情を与えてあげる……。こうすることで、ようやく、自分に対して労りの気持ちや愛情、理解、承認といったポジティブな思いを持てるようになっていきます。

「ネガティブな想いを持ちたくないのに、そんなことを思うしかなかったんだね」

この言葉を自分に伝えているとき、私たちは決してネガティブな状態ではありません。自分という傷ついた存在を心から慈しみ、受け止めてあげようとする気持ちに溢れています。

0shutterstock_791221375

こうしてほんの少し「気持ちの角度」を変えてあげるだけで、自分の中のネガティブな気持ちは変えていくことができます。ネガティブなことを思ってしまうたびに、「ああ、本当はこうしたいわけじゃないよね」と優しく包んであげる……。

許せない自分を許す、理解という愛。嫉妬する自分を許す、理解という愛。苛立つ、憎む自分を許す、理解という愛。

こうすることで、現実を、この「包み込む愛」にふさわしい、「理解される」「受け入れられる」「共感される」「味方になってもらえる」現実へと変えていってくださいね。

>>「運命を変えるマインド革命」をもっと読む

もっと自分らしく生きる

人間関係をスムーズにして、「敵」を作らないためのマインド術

マリアージュカウンセラー斎藤芳乃さんが、人生を前向きに楽しむための思考法を紹介する「運命を変えるマインド革命」連載。現状維持を抜け出して、毎日を最高...

https://www.mylohas.net/2018/07/170137mind.html?test201808

本当の美人になる方法——マインド美人で、容姿も美人に!

マリアージュカウンセラー斎藤芳乃さんが、人生を前向きに楽しむための思考法を紹介する「運命を変えるマインド革命」連載。現状維持を抜け出して、毎日を最高...

https://www.mylohas.net/2018/06/170067beauty.html?test201808

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. のどちんこの腫れを放っておかないほうがいい、5つのシビアな理由

    3. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    4. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    5. カヒミ・カリィさんの癒しに欠かせない。家に増え続けているものとは...

    6. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    7. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 「1日おきの断食」をたった1カ月ほど続けたら?

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    8. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    9. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由