1. Home
  2. STYLE
  3. 【9月の満月】半年間の成果をたずさえ、再スタートする好期到来

【9月の満月】半年間の成果をたずさえ、再スタートする好期到来

ココロに効く新月&満月の五感セラピー

26,270

9月の満月前夜は、年に一度の「中秋の名月」です。名月を観賞する「お月見」は、秋の実りに感謝する行事。私たちも、暮らしや人生における収穫期をむかえます。

sep_fullmoon_1

9月の満月:成果や成長を喜ぶ「収穫の月」

【満月の瞬間】
9月25日(火)11時52分

中秋の名月とは、旧暦8月15日の夜に見る月のこと。今年は9月24日(月)にあたります。昔から、月見団子とともに、季節の収穫物やススキをお供えして五穀豊穣を祝ったり、秋の実りに感謝したりするのが習わしです。つまり、中秋の名月は、収穫期にあたる大きな節目といえます。

さらに今年は、その前日にも注目です。9月23日(日)は二十四節気の「秋分」。天文学における地球の1年(「太陽年」や「回帰年」といいます)は、春分を起点として、再び春分に帰ってくるまでの時間のこと。太陽の周りをまわっている地球が、春分を出発して半周したところが秋分です。

1年の折り返しにあたる「秋分」、月が満ちたり欠けたりする周期の真ん中にあたる「満月」、収穫を祝う「中秋の名月」。これらが、ほぼ同時期にめぐってくる9月の満月の頃は、過去半年を振り返り、成果や成長を確認するベストタイミングといえます。

私も含めて、きっと多くの人は、日々の暮らしがルーティン化しているといっていいでしょう。同じような毎日を繰り返す中で、成果や成長を感じるのは難しいかもしれません。ですから成果や成長といっても、周囲が驚くような大きな変化でなくていいのです。

大切なのは、自分を肯定的に評価してあげること。自分だからこそ気がつける、ポジティブな変化があるはずです。

たとえ些細なことでも、気がついた成果や成長は素直に喜んで。その喜びは、これから下半期を駆け抜けるためのココロの糧になるでしょう。「折り返し」という意味での再スタートするチャンスと、今の自分に自信を与えてくれるお月さま。それが9月の満月です。

満月を眺めながら飲みたいリラックスティー

sep_fullmoon_2

image via shutterstock

【ジャーマンカモミール】
・別名:ジャーマンカモマイル、カミツレ
・学名:Matricaria recutita
・ティーに使う部位:花

ジャーマンカモミールは、リラックス系ハーブの代表格。ストレスや不安、不眠の解消などをサポートするといわれています。認知度も高く、近年はカモミールティーを扱うカフェもよく見かけるようになりました。

熱湯で淹れたティーは、リンゴを思わすフレッシュな香りと、やわらかな甘味が特徴です。シングルティーでもおいしくいただけますが、ミルクやはちみつを加えてカモミール・オレにするのもオススメ。まろやかな口当たりと、ほっとする味わいで、夜のくつろぎタイムにぴったりです。季節の変わり目にざわつきがちなココロを、しっとりと落ち着かせてくれますよ。

紀元前から薬草として様々なシーンで活用されてきた歴史を持つジャーマンカモミールには、一説によるとお金を呼び込むパワーがあるのだとか

カモミールティーを飲みながら満月を眺めれば、「(月が)満ちるパワー」との相乗効果で、金運アップが期待できそうですね。

科学的根拠がないからと切り捨てないで、遊び心で試してみる。そんなココロの余裕が、結果的にお金や、それに匹敵する運や縁を引き寄せることになるでしょう。

9月25日(火)の夜:「十六夜(いざよい)の満月」をロマンチックに楽しむ方法

sep_fullmoon_3

image via shutterstock

中秋の名月は、毎年必ず「十五夜」です。9月25日は、十五夜の次なので「十六夜(いざよい)」といいます。今年の場合は満月と重なるため「十六夜の満月」と呼びます

昔から、名月にはお月見をする習わしがありますが、せっかくですから翌日の満月もお月見をしませんか? ただ、空高く昇った月を見続けるのって、意外と首や肩が凝りますよね。そこで、ぜひ一度試してほしい、疲れにくいお月見方法があります。それは「水面に映る月を見る」です。

昔の日本人は、池や川など、水面に映った月を好んで観賞しました。たとえば東京(江戸)では、品川や高輪、不忍池、隅田川などが月見の名所として知られています。月見舟に乗って、水面に映った月影を愛でる。そんな昔の光景を想像するだけで風流ですね。

月見舟に乗らないまでも、橋の上から川面に映る月を眺めたり、ウォーターフロントに出かけたり。秋の気持ちのいい夜気を感じながら、水面に映った月を見る――もう、最高にロマンチックです! 顔を上げっぱなしにしないので、首や肩が疲れにくく、ココロゆくまで十六夜の満月を楽しむことができますよ。

次回は、10月の新月。10月9日(火)です。

【9月の新月】原点に立ち返ることが新しい扉を開くカギに

9月の新月は、自分の本質や原点に立ち返ることがポイントに…そして、太陽系の惑星のうち、火・木・金・土の4つをいっぺんに見ることができるチャンスです。

https://www.mylohas.net/2018/09/174434sep_newmoon.html?test201808

「ココロに効く新月&満月の五感セラピー」をもっと読む

イラスト/カイフチエリ

景山えりか

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. がんの4つのステージ(病期)を正しく知ろう

    2. 二日酔いの治し方5つ。飲み過ぎた次の日に効果的な食べ物は?

    3. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. 12星座別のボディケア。本当にぴったりなアロマの選び方

    6. がんになりやすくなる8つの要素と、自分でできる改善策

    7. ダイエットを成功させる食事法って? 脳神経外科医が教えます

    8. 便秘の人は死亡率が高い? 便秘薬の選び方と6つのポイント

    9. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    10. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    3. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    4. がんの4つのステージ(病期)を正しく知ろう

    5. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    6. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    7. 二日酔いの治し方5つ。飲み過ぎた次の日に効果的な食べ物は?

    8. 医師が教える、便秘4タイプ。「便秘は治療が必要な病気」

    9. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    10. 性欲を高める効果も! ハル・ベリーが実践しているワークアウト

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. やっぱりバナナはすごい! 科学が裏付けた健康パワー10

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    7. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    8. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    9. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    10. 食べるだけで3kg減? アーモンド、驚きのダイエット効果6つ

    【9月の満月】半年間の成果をたずさえ、再スタートする好期到来

    FBからも最新情報をお届けします。