1. Home
  2. STYLE
  3. Apple Watchで心電図を記録する日が来るかも。転倒で救急車を呼ぶ機能も

Apple Watchで心電図を記録する日が来るかも。転倒で救急車を呼ぶ機能も

1,325

MYLOHAS編集部

applewatch_1

GIZMODO JAPANより

アップルの新製品発表会で、新型スマートウォッチ「Apple Watch Series 4」が発表されました。

ヘルスケア分野で注目されたのは、FDA(アメリカ食品医薬品局)の認証をとり、心電図の記録ができるようになることです(2018年中に展開予定。ただしアメリカのみで。残念……)。

これまでのApple Watchでも心拍数の記録はできましたが、心電図は初。いつか日本にもやってくることを願って、機能をみてみましょう。

Apple Watchで心電図の記録ができるように

applewatch_2

BUSINESS INSIDER JAPANより

Series 4が計測するのは血液の流れじゃなく、装着した人の「心臓の電気的活動」なるものです。これによって、激しい運動をしているときでも今までよりはるかに正確な心拍数が計れます。ECGでは心拍の異常とかコレステロールの蓄積といった症状も検知でき、突然心臓発作が起きたりする前に不調に気づくことができるというわけです。
GIZMODO JAPANより引用)

これまでの心拍計機能は、LEDと光センサーで血管を流れる血液の流れ具合を計っていたそう。

今回から搭載される心電図(ECG)計測機能によって、より正確に計れるようになるというわけ。

心電図の記録方法は? 医師にデータを送ることも

applewatch_3

BUSINESS INSIDER JAPANより

記録方法は非常に簡潔。ユーザーはApple Watchを腕に装着し、時計を付けていない方の手でデジタルクラウンを30秒程度触るだけでいいという。

心電図を含む計測したデータはクラウド上で暗号化した上で保持される。医師にデータを送りたい際は、ユーザーがアプリ内のボタンをタップし、PDFにして送信する必要がある。
BUSINESS INSIDER JAPANより引用)

心電図のデータはiPhone上で確認できるほか、異常があった場合は医師や医療機関にも送ることができます。

転倒も検知。緊急時には自動的に救急車を呼ぶ

applewatch_4

GIZMODO JAPANより

さらに、Apple Watch Series 4には、転倒を検知する機能も追加されました。

Apple Watchはユーザーが転倒するとアラートを通知し、ユーザーは通知を閉じるか、それを利用して救急車を呼ぶこともできます。通知後60秒間動かない状態であるとApple Watchが検知したときは、自動的に救急車を呼び、同時に緊急時の連絡先に場所の情報がついたメッセージを送ります。
Apple公式サイトより引用)

これは日本でも使える機能です。手首の軌跡と衝撃加速度を分析し、「転倒した」と判断するとのこと。ひとり暮らしの親へのギフトとしてもいいかもしれませんね。

体と健康のサポーターとして進化を続けるApple Watch。価格はGPSモデルが税別4万5800円から、GPS+セルラーモデルが税別5万6800円から。

9月14日から予約スタート、9月21日より全世界で発売されます。

もっと心臓を大切に

心拍数からわかる身体のSOS。その原因は?

心拍数は体のSOSを教えてくれるきっかけになるかも。心拍数の調子が悪い原因をいくつかご紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/06/169380heart-rate.html?test201808

「心停止」と「心臓発作」の違い。知っていると、誰かの命を救えるかも

知っていれば、誰かの命を救えるかもしれない「心停止」と「心臓発作」の違い。その見分け方のご紹介をします。

https://www.mylohas.net/2018/07/171549heart.html?test201808

文/寺田佳織(マイロハス編集部)

    specialbunner

    Ranking

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    4. 下腹部をガッツリ凹ます、カエルみたいな動きの筋トレ

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    7. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    8. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    9. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    10. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    3. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    4. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    8. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    9. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    10. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?