1. Home
  2. BODY
  3. 数分で眠りに落ちる。アメリカ海軍から学ぶ睡眠テクニック

数分で眠りに落ちる。アメリカ海軍から学ぶ睡眠テクニック

17,460

shutterstock_1013235082

あなたは寝つきが悪い方? うまく眠りにつけないのなら、リラックスできる方法を身につけるとよいかもしれません。

数分以内に寝ることができると言われる、U.S. Navy Pre-Flight Schoolで開発されたテクニックを使って見ませんか?

心と体を完全にリラックス

shutterstock_503875294

リラクゼーションテクニックの手順はこちら。

  • 舌、あご、目の周りの筋肉を含む、顔の筋肉全体をリラックスさせる。
  • 肩の力を完全に抜き、だらりとさせる。次に、片方の腕の力を抜き、続いてもう片方の腕の力を抜く。
  • 息を吐き、胸のあたりをリラックスさせる。
  • 最後は足。ももの力を抜いてから、ふくらはぎの力を抜く。
  • 上の手順を1分半ほどかけて行ない、体のすべてのパートを完全にリラックスさせましょう。それから10秒間、頭の中を完全にクリアにします。

(「ライフハッカー[日本版]」より引用)

ヨガや瞑想でもリラックスする時に活用される方法なので、おなじみのテクニックと感じる人も多いかもしれません。多くの睡眠テクニックで基本メソッドとして採用されているようです。

このプログラムを開発したBud Winter氏は、次のイメージトレーニングから1つを選んでやることを提案しているそうです。

  • 静かな湖に浮かんだカヌーに横たわり、頭上に青空が広がっているところをイメージする。
  • 真っ暗な部屋のなか、ビロードの黒いハンモックの上で気持ちよく寝そべっているところをイメージする。
  • 「考えない、考えない、考えない」と10秒間、繰り返し唱える。

(「ライフハッカー[日本版]」より引用)

ほぼ間違いなく効くというこの方法。試してみない手はありませんね。

一番大切な睡眠テクは?

shutterstock_1049819822

次に、アメリカ“陸軍”のアドバイスを紹介します。

安らかな睡眠をとるために最も重要なことは、自分に効くやり方を採用することです。自分の体に聞くことより、優れた魔法の処方箋はありません
(「ライフハッカー[日本版]」より引用)

リラックスできるアロマの香りを探したり、癒しの音楽を流してみたり......。自分が眠りやすい方法を試行錯誤することは早く寝つくための一番の近道かもしれません。

睡眠テクニックと合わせて自分だけのメソッドを作っていきたいですね。

いざ、快眠へ!

世界的スリープドクターが伝授! 眠りをもっとグレードアップする方法

質のよい睡眠は、疲労回復や美容のためのみならず、仕事のパフォーマンスアップの点でも大切。一日の疲れをすっきりリセットし、羽のように軽い体で明日を始め...

https://www.mylohas.net/2018/08/173262sleep_doctor.html?test201808

睡眠改善インストラクターに聞いた快眠のコツ

暑い日が続くからこそ、しっかりと睡眠をとりたいところ。 「暑いのはつらいけどエアコンは苦手」という人には3つの理由が考えられるそう。エアコンと上手に...

https://www.mylohas.net/2018/08/172699good_sleep.html?test201808

ライフハッカー[日本版]

image via shutterstock

クリハラチナツ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. 女性が食べるとよい10の食材。乳がんリスクを下げやすいのは?

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. スターだってつらいのよ。不安障害やパニック発作を持つ10人のセレブ

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    9. じつは誰にでも起こりうる。「頭痛」との上手な付き合い方

    10. 糖質制限ダイエットの正しい方法。お腹いっぱい食べてもOK!

    1. アル中よりこわい「グレーゾーン飲酒」って? 体験者の告白が壮絶

    2. 体重計ではわからない、実はやせてきている10のサイン

    3. お米を食べないと逆に太る? 糖質制限ダイエットの落とし穴

    4. 女性が食べるとよい10の食材。乳がんリスクを下げやすいのは?

    5. 脂肪や糖の吸収をカットできる成分とは? 普段のドリンク選びのコツ

    6. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 体重ばかりにとらわれないで。実はダイエット効果が出ている10の兆候

    9. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    10. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    6. アル中よりこわい「グレーゾーン飲酒」って? 体験者の告白が壮絶

    7. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    8. 体重計ではわからない、実はやせてきている10のサイン

    9. おしっこが近くなる8つの原因。水を控えたほうがいいのはウソ?

    10. ホルモン乱れが原因? 甲状腺が弱っている5つのサイン