1. Home
  2. BODY
  3. 13年前から全然変わってない! クリスティン・ベル、若さを保つ4の秘訣

13年前から全然変わってない! クリスティン・ベル、若さを保つ4の秘訣

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

3,639

MYLOHAS編集部

1-1

2004~2007年に放送された『ヴェロニカ・マーズ』で犯罪に立ち向かう女子高生を演じてからというもの、クリスティン・ベルは多忙な日々を過ごしています。ディズニーの『アナと雪の女王』、NBCドラマの『グッド・プレイス』など数々のヒット作に出演。

内容や放送日など詳細はまだ発表されていませんが、『エンターテインメント・ウィークリー』誌によれば、クリスティンは、Huluで放送される『ヴェロニカ・マーズ』復活版にも出演予定とのこと。

ドラマが放送されてから約11年が経ちますが、38歳になった彼女は、あの頃と同じような若々しい姿を保っています。ダックス・シェパードとの間にふたりの子どもを持つ彼女は、スーパーヘルシーな生活を送っており、実年齢よりも10歳は若く見えます。どうやってスリムな体型を維持し続けているのか、その秘訣をご紹介しましょう。

01. 植物ベースの食事

5年以上ヴィーガン生活を続けたクリスティンですが、長期的に続けるのは難しいと判断し、2017年後半にベジタリアンの食事に切り替えました。しかし、ヴィーガンの食事には大きなメリットがあると彼女は言います。

「ヴィーガンになるのはすばらしいことだし、体にもいい効果があるわ」と『トゥデイ』紙に話すクリスティン。「環境にもとても優しいと思う」という植物ベースの食事は、健康的な体重維持に効果的で、心臓病や糖尿病など慢性疾患のリスクを下げたり、肌にもいいことがわかっています。

クリスティン・ベルやキャリー・アンダーウッド、メーガン・マークルなど数多くのセレブが、ヴィーガンやベジタリアンになるのも納得です。

最近では、クリスティンは一切肉を摂りませんが、乳製品や卵は、人道的に育てられたことがわかる場合のみ摂取しています。

『シェイプ』誌によると、朝食の定番は、エッグホワイト(卵の白身)にほうれん草とフェタチーズ、ホットソースをのせたもの。昼食には、家にあるフルーツや野菜を使ったサラダを食べています。彼女自身が庭で育てているものも入れます。また、ベジタリアン食を補うため、ひよこ豆とえんどう豆のパスタなど、たんぱく質もしっかり取り、バランスのいい栄養豊富な食事を心がけています。

02. スキンケアを最優先

クリスティンは、どんなに忙しくても、肌に愛情をそそぐ時間を大切にしています。「メイクをしたまま寝ることはありません。夜はダブルクレンジングして、顔を洗う前にメイク落としを使って顔をふくの」と『シェイプ』誌に話すクリスティン。

メイクを落とした後は、クラリソニックブラシを使って毛穴をクレンジングします。このブラシは、皮膚科医の多くがおすすめする美容ツールで、皮膚を刺激することなく毛穴の汚れを取ってくれます。

『ELLE』誌のインタビューで、スキンケアルーティンはセルフケアの一部と、クリスティンは答えています。「子どもを寝かしつけたら、顔を洗って寝る準備をします。保湿クリームを塗っているとき、ちょっとだけ自分を愛せている感じがするの。自分だけのためにすることだから、とてもいい気分よ」

髪、肌、顔のケアに使えるココナッツオイルもクリスティンのお気に入り。『ELLE』 誌によると、彼女はココナッツオイルを身体の保湿に使っているということ。また、砂糖とはちみつを混ぜれば、ボディスクラブとしても使えます。「ひじやひざ、腕に使える最高のスクラブよ」と彼女は言います。

当然ながら、日焼け止めもしっかりと塗っているクリスティン。日焼け止めには、老化を緩める効果があります。「太陽は大好きだけど、友達にはなれない。毎朝日焼け止めを塗るのは、私の美容ルーティンでも最も大事な部分ね」

【関連記事】
51歳のハル・ベリーが明かす、25歳の体型を保つ方法

03. 定期的なメディテーション

メディテーションには、深い眠りの促進、ストレスによる食欲の抑制、減量など、さまざまなメリットがあると言われていますが、クリスティンはその効果を身をもって実感しています。

「メディテーションをすると、一晩しっかり寝たときよりも、休まった感じがするの」とクリスティンは『Live Happy』誌に話します。

「週に数回、トランセンデンタルメディテーション(超越瞑想)をします。落ち着いて動かずに、マントラを唱えるのよ。頭のスイッチを切るみたいに、20分間電源オフ状態になるのが楽しい。もっと時間を取りたいけど、週に数回メディテーションをするだけでも、ストレスの感じ方や幸せ度が全然違うわ」

ストレスが続くと身体的にも精神的にも老化が進みますので、ちょっとしたメディテーションが長期的な効果をもたらしてくれるでしょう。

【関連記事】
メーガン妃、美しさの秘訣は「口の中から顔をマッサージされるエクササイズ」

04. 常に身体を動かす

ジムに行けない日も、毎日アクティブに過ごす方法を見つけて実践しているクリスティン。YouTubeのワークアウト動画で10分間運動したり、子どもたちと遊んだり。「子どもたちとお散歩したり、自宅前の私道を一緒に自転車で走り回ったり、とにかく動くこと。そうすれば、体が鈍らないんです」と『セルフ』誌に語っています。

クリスティンはマルチタスクの達人で、エクササイズをなんとか予定に組み込めるよう工夫しています。「仕事中、ほかの俳優と一緒にセリフの練習している間、私は椅子を使ってトライセプスディップスをやってるわ」と『シェイプ』誌に話すクリスティン。

自宅前の私道を10~15回、約15分間往復するなど、短時間の高強度ワークアウトをこなします。ワークアウトレッスンに行ける日は、主にピラティスやインドアサイクリングに取り組んでいます。

仕事以外で運動の時間を作るのは多くの女性にとって難しいもの。そこで、クリスティンは、ちょっとしたワークアウトを行い、達成できる小さな目標を設定することをおすすめしています。

小さな約束を取り決めておくと、やる気になります。例えば、『今日は10分間ジョギングするだけ』という感じに。ほとんどの場合15~20分で終わる内容ね。」とクリスティンは『ウィメンズヘルス』誌に話しています。

「現実的で手が届きそうな目標を設定すれば、確実に達成できます。できたっていう気持ちが持てれば、ワークアウトもより楽しくなるわ。」

Jenae Sitzes/4 Reasons Kristen Bell Hasn't Aged Since 'Veronica Mars'
訳/Seina Ozawa

    specialbunner

    Ranking

    1. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    6. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    7. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    8. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    9. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    10. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    7. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    10. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた