1. Home
  2. BODY
  3. まだ糖質制限で挫折してるの? 「MCTオイル」なら効率よくダイエットできる!

まだ糖質制限で挫折してるの? 「MCTオイル」なら効率よくダイエットできる!

賢くやせる方法 ー効率よくヘルシーにー

28,002

佐々木彩子

近年ブームの「糖質制限ダイエット」。文字通り、お菓子やジュースといった糖分を控えるダイエット法ですが、より高い効果を狙ってご飯やパンなどの炭水化物も制限するケースがほとんど。途中で断念する人も多いようです。

1

しかし、管理栄養士の浅野まみこ先生は、「MCTオイルを活用すれば、もっと簡単に糖質制限に成功できる」と話します。「MCTオイル」で糖質制限ダイエットを楽に成功させる秘訣について、教えていただきました。

糖質を減らすだけの“失敗パターン”は逆に太りやすくなる

shutterstock_1051628996

糖質制限ダイエットをしていると空腹感だけでなく、頭がボーッとしたり、集中力が切れてしまったり……日常生活に支障が出てやめてしまったという経験、ありませんか?

じつはこれ、“低血糖”ゆえに起こる症状。単に糖質だけ減らすというやり方はキケンなようです。

「本来は糖質をカットした分、“たんぱく質”や“脂質”で補う必要があるのですが、実際には糖質を減らした分、摂取エネルギーまで少なくなってしまう人が多いのです」(浅野先生)

shutterstock_484956043

浅野先生によると、糖質制限でもっとも多い失敗パターンがこの“エネルギー不足”によるもの。というのも、糖が足りなくなったカラダは筋肉を分解し、そこからエネルギーを作ろうとします。すると、筋肉量が減少し→基礎代謝も落ち→脂肪が燃焼しにくくなるという負の連鎖に陥ってしまうのです。

さらに悲しいことに、筋肉量が落ちた隙間に脂肪がつきやすくなり、かえって太ってしまうという悪循環を招くそう。

「こういった負のスパイラルに陥らないよう、上手に糖質制限をおこなうことが重要です」(浅野先生)

【関連記事】
世界でもっとも健康的な人たちが、毎日食べている29の食材とは?

MCTオイルが糖質制限に最適なワケは?

shutterstock_592393484

そうはいっても、「せっかく糖質を控えたのだから、他に何か食べるなんて!」と考えてしまいそう……。

「そこで役立てたいのがオイル。なかでも「MCTオイル」を上手に活用するのがポイントです」(浅野先生)

そもそも「MCT」とは、「中鎖脂肪酸(Medium Chain Triglycerides)」のこと。ココナッツやパームフルーツなどに含まれている天然成分で、普通のオイルよりも消化・吸収が早く、すぐにエネルギーになりやすいという特長があります。

オリーブオイルなどの「長鎖脂肪酸」の場合、エネルギーになるまでに腸管→リンパ→肝臓→代謝経路……と長い時間がかかるところ、MCTはダイレクトに肝臓に届いて代謝されるので、糖質の代わりに脂質を摂ろうと考えた場合、効率よく分解されてエネルギーになりやすいのです。

shutterstock_1008634522

また、MCTにはこんなうれしい効果も。

MCTを摂ると、ブドウ糖に代わるエネルギー源=「ケトン体」を作りやすい体質になり、体脂肪を分解してエネルギーを作りやすくなるため、その点でも糖質制限ダイエットに効果的と言えます」(浅野先生)

【関連記事】
「糖質制限ダイエット」管理栄養士に聞く効果と方法【完全版】

ダイエット中にありがちなアノ問題も解消!

shutterstock_559650985

ダイエット中にオイルを摂るのはちょっと抵抗がありそうですが、メリットは他にも。

まず、オイルは腹持ちがよいため、とくに糖質制限ダイエット中によくある空腹感によるイライラを自然と解消してくれます。

そして、ダイエット中のイライラといえば、便通が滞りがちになることもよくありますが、オイルが潤滑油のような役割を果たしてくれるので、水分とともに意識して摂ればその心配も減らせます。

もちろん、ただのオイルではなく、エネルギーになりやすいMCTを摂るのがポイントです。

MCTの上手な取り入れ方

shutterstock_291753935

浅野先生がおすすめするMCTの取り入れ方は、日々の食事に“ひとふり”する方法。

冷奴や納豆など、植物性たんぱく質を摂るときや、スープなどの汁物を飲むときに、MCTをひとふりするのがおすすめ! また、サラダを食べるときにMCTにレモンや塩胡椒をまぜて、オリジナルのドレッシングを作ってみてはいかがでしょうか」(浅野先生)

MCTはいろいろな料理に取り入れやすいので、気軽に楽しむのがよさそう。

過去に糖質制限ダイエットに挫折してしまった人も、MCTの力を借りれば今度こそ目標に近づけるかもしれません。

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析