1. Home
  2. BODY
  3. 「近視の人は老眼にならない」はウソ? ホント? 目にまつわる都市伝説

「近視の人は老眼にならない」はウソ? ホント? 目にまつわる都市伝説

横田ゆき

shutterstock_1104942245

近視にまつわるウソホント、実際のところはどうなの!? 昔からある“常識”の真偽に、ズバリお答えしていきます。

メガネやコンタクトレンズを使うと、目が悪くなる?

答えは△。

近視が進む人がいるのも事実ですが、それはメガネやコンタクトレンズを使い始めた時期と、眼軸長が伸び続ける時期が重なったことが理由かもしれません。(「太陽笑顔fufufu」より引用)

shutterstock_757997623

じつは、すべての人の近視が進むというわけではないのです。また、UV加工のものを使用していると、バイオレットライトが不足し、近視が進んでしまう可能性も考えられます。

いずれにせよ、メガネやコンタクトレンズを着用しないで、無理にぼやけた視界のままでいると、見る機能に影響を及ぼす恐れが。適切な度のメガネやコンタクトレンズで視力を補うようにしましょう。

スマホやPCは近視を進ませる?

shutterstock_450980272

答えは△。

パソコンやスマホなども目に負担がかかることはわかっていますが、どのように近視に影響しているかはわからない部分が多いのです。(「太陽笑顔fufufu」より引用)

デジタル機器が発するブルーライトの影響も取り沙汰されていますが、動物実験の結果では、近視の抑制になる場合と、逆に進行させる場合どちらも報告されていて、はっきり結論付けることができないのが現状です。

とはいうものの、パソコンやスマホの長時間の使用は、やはり目の負担となりますから避けたいですね。

近視の人は老眼にならない?

shutterstock_174190115

答えは×。近視の人も老眼になります。老眼は、ピントを合わせる力が弱くなり手元の文字などが見えにくくなることを指します。近視の人は、メガネをはずせば近いものがよく見えることから、老眼にならないという誤解が生まれたようです。

この誤解の一因には、正視や遠視の人は見え方の変化がわかりやすい一方で、近視の人は老眼に気づきにくいことも上げられるかもしれません。しかし、個人差はあるものの、老眼は正視も近視も関係なく誰もがなることなのです。(「太陽笑顔fufufu」より引用)

ブルーベリーは目にいい?

shutterstock_772241869

答えは△。

ブルーベリーに含まれる、ポリフェノールの一種・アントシアニンが目の健康に役立つ可能性はあります。近視抑制効果については、さまざまな実験が行われていますが、まだはっきりとした結果は出ていません。(「太陽笑顔fufufu」より引用)

アントシアニンには、眼精疲労の改善やピント調節機能を整える可能性もあると言われています。デジタル機器の使用などで目を酷使する人は、目の健康にうまく取り入れてみるとよいかもしれません。

他にも、「地方に比べて、都市部のほうが近視の有病率が高いことは世界的に認められて」いるそう(太陽笑顔fufufuより)。ただ、その理由は諸説あり、どれが正しいのかはまだわかっていないといいます。

さまざまな近視の都市伝説。目を守るために、予防法やケアを怠らずにいきたいですね。

目は大切。正しく守りましょう

ドライアイの症状チェックリスト。ただの疲れだと思ってない?

目が「疲れる」...それはドライアイかも。男性より女性に多いと言われるドライアイ。セルフチェックをして対策をとっていきましょう。

https://www.mylohas.net/2018/09/174267dry_eye.html?test201808

目を守ることをもっと真剣に考えて! 紫外線のこわい影響と対策

肌はしっかりUV対策できていても、意外と忘れがちなのが眼から入る紫外線。ダメージが蓄積すると怖い影響があるというお話を眼科医の先生に伺いました。

https://www.mylohas.net/2018/07/168495uv_eye.html?test201808

太陽笑顔fufufu

image via shutterstock

    specialbanner

    Ranking

    1. 睡眠で変わった毎日のコンディション。その秘訣とは?

    2. 手軽に熱中症対策。医師がすすめる〇〇〇ジュースのちょい足しアレンジ

    3. 「美魔女」は一日にして成らず。意外な美の秘訣とは

    4. よどんだ夏肌の救世主が新登場! 肌ノイズに着目した新美顔器

    5. 夏の常備菜作りは慎重に。「食中毒予防」の3原則

    6. ノースリーブを着たい人必見! 二の腕をすっきりさせるトレーニング

    7. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    8. 肩こり、腰痛、全身ケアに。フォームローラーを使った筋膜リリース3選

    9. 猫背や四十肩につながり、見た目を老けさせる「巻き肩」解消法

    10. 昔も今も根強い人気!「オバサンパーマ」が好まれる理由とは?

    1. 睡眠で変わった毎日のコンディション。その秘訣とは?

    2. 手軽に熱中症対策。医師がすすめる〇〇〇ジュースのちょい足しアレンジ

    3. 昔も今も根強い人気!「オバサンパーマ」が好まれる理由とは?

    4. ノースリーブを着たい人必見! 二の腕をすっきりさせるトレーニング

    5. イライラやアレルギー症状も。体内の「油バランス」の悪化が原因?

    6. 逆に太る?「炭水化物抜きダイエット」の落とし穴

    7. なぜ「劣化」という言葉が使われるのか。嫉妬心の裏返し?

    8. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    9. むくみと冷えを解消し、堂々と出せるスッキリ美脚に

    10. 猫背や四十肩につながり、見た目を老けさせる「巻き肩」解消法

    1. 人気トレーナーが語る。眠りと機能美エクササイズの重要な共通点とは?

    2. 昔も今も根強い人気!「オバサンパーマ」が好まれる理由とは?

    3. 猫背や四十肩につながり、見た目を老けさせる「巻き肩」解消法

    4. 睡眠で変わった毎日のコンディション。その秘訣とは?

    5. 女優はなぜ太らない? なりきるだけの「やせメンタル」ダイエット

    6. 逆に太る?「炭水化物抜きダイエット」の落とし穴

    7. 毛穴・小ジワ・テカリをまるっと解決「魔法の化粧下地」。これはリピです!

    8. 内臓脂肪と皮下脂肪は別もの。それぞれの効果的な減らし方は?

    9. お弁当箱をものさしに。25kg減量した管理栄養士が教える食事術

    10. これからは「人を許せない」気持ちが増幅していく/脳科学者・中野信子さん

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    マーキュリー占星術

    毎月25日に更新中

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら