1. Home
  2. BODY
  3. 「近視の人は老眼にならない」はウソ? ホント? 目にまつわる都市伝説

「近視の人は老眼にならない」はウソ? ホント? 目にまつわる都市伝説

横田ゆき

shutterstock_1104942245

近視にまつわるウソホント、実際のところはどうなの!? 昔からある“常識”の真偽に、ズバリお答えしていきます。

メガネやコンタクトレンズを使うと、目が悪くなる?

答えは△。

近視が進む人がいるのも事実ですが、それはメガネやコンタクトレンズを使い始めた時期と、眼軸長が伸び続ける時期が重なったことが理由かもしれません。(「太陽笑顔fufufu」より引用)

shutterstock_757997623

じつは、すべての人の近視が進むというわけではないのです。また、UV加工のものを使用していると、バイオレットライトが不足し、近視が進んでしまう可能性も考えられます。

いずれにせよ、メガネやコンタクトレンズを着用しないで、無理にぼやけた視界のままでいると、見る機能に影響を及ぼす恐れが。適切な度のメガネやコンタクトレンズで視力を補うようにしましょう。

スマホやPCは近視を進ませる?

shutterstock_450980272

答えは△。

パソコンやスマホなども目に負担がかかることはわかっていますが、どのように近視に影響しているかはわからない部分が多いのです。(「太陽笑顔fufufu」より引用)

デジタル機器が発するブルーライトの影響も取り沙汰されていますが、動物実験の結果では、近視の抑制になる場合と、逆に進行させる場合どちらも報告されていて、はっきり結論付けることができないのが現状です。

とはいうものの、パソコンやスマホの長時間の使用は、やはり目の負担となりますから避けたいですね。

近視の人は老眼にならない?

shutterstock_174190115

答えは×。近視の人も老眼になります。老眼は、ピントを合わせる力が弱くなり手元の文字などが見えにくくなることを指します。近視の人は、メガネをはずせば近いものがよく見えることから、老眼にならないという誤解が生まれたようです。

この誤解の一因には、正視や遠視の人は見え方の変化がわかりやすい一方で、近視の人は老眼に気づきにくいことも上げられるかもしれません。しかし、個人差はあるものの、老眼は正視も近視も関係なく誰もがなることなのです。(「太陽笑顔fufufu」より引用)

ブルーベリーは目にいい?

shutterstock_772241869

答えは△。

ブルーベリーに含まれる、ポリフェノールの一種・アントシアニンが目の健康に役立つ可能性はあります。近視抑制効果については、さまざまな実験が行われていますが、まだはっきりとした結果は出ていません。(「太陽笑顔fufufu」より引用)

アントシアニンには、眼精疲労の改善やピント調節機能を整える可能性もあると言われています。デジタル機器の使用などで目を酷使する人は、目の健康にうまく取り入れてみるとよいかもしれません。

他にも、「地方に比べて、都市部のほうが近視の有病率が高いことは世界的に認められて」いるそう(太陽笑顔fufufuより)。ただ、その理由は諸説あり、どれが正しいのかはまだわかっていないといいます。

さまざまな近視の都市伝説。目を守るために、予防法やケアを怠らずにいきたいですね。

目は大切。正しく守りましょう

ドライアイの症状チェックリスト。ただの疲れだと思ってない?

目が「疲れる」...それはドライアイかも。男性より女性に多いと言われるドライアイ。セルフチェックをして対策をとっていきましょう。

https://www.mylohas.net/2018/09/174267dry_eye.html?test201808

目を守ることをもっと真剣に考えて! 紫外線のこわい影響と対策

肌はしっかりUV対策できていても、意外と忘れがちなのが眼から入る紫外線。ダメージが蓄積すると怖い影響があるというお話を眼科医の先生に伺いました。

https://www.mylohas.net/2018/07/168495uv_eye.html?test201808

太陽笑顔fufufu

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    3. 高栄養&腸内環境を整える「甘酒」の作り方。炊飯器で放置するだけ!

    4. 1分で仕込めて効果も絶大。プロが教える簡単アイライン

    5. 日本のスーパーフード「納豆」の知られざるパワー10

    6. 「おしっこのにおい」でわかる身体の異変。尿が臭い原因は?

    7. ひどい肩こり解消エクササイズ「チャイルドポーズ」

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 「感じのいい人」と「感じの悪い人」の違いは脳の使い方にあった!

    10. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    3. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    4. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    5. ひどい肩こりは鍛えてなおす! 肩こり解消ストレッチ&筋トレ5選

    6. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    7. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    8. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    9. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    10. 1分で仕込めて効果も絶大。プロが教える簡単アイライン

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    5. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    6. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    7. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    8. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    9. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!

    10. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?