1. Home
  2. BODY
  3. 「近視の人は老眼にならない」はウソ? ホント? 目にまつわる都市伝説

「近視の人は老眼にならない」はウソ? ホント? 目にまつわる都市伝説

shutterstock_1104942245

近視にまつわるウソホント、実際のところはどうなの!? 昔からある“常識”の真偽に、ズバリお答えしていきます。

メガネやコンタクトレンズを使うと、目が悪くなる?

答えは△。

近視が進む人がいるのも事実ですが、それはメガネやコンタクトレンズを使い始めた時期と、眼軸長が伸び続ける時期が重なったことが理由かもしれません。(「太陽笑顔fufufu」より引用)

shutterstock_757997623

じつは、すべての人の近視が進むというわけではないのです。また、UV加工のものを使用していると、バイオレットライトが不足し、近視が進んでしまう可能性も考えられます。

いずれにせよ、メガネやコンタクトレンズを着用しないで、無理にぼやけた視界のままでいると、見る機能に影響を及ぼす恐れが。適切な度のメガネやコンタクトレンズで視力を補うようにしましょう。

スマホやPCは近視を進ませる?

shutterstock_450980272

答えは△。

パソコンやスマホなども目に負担がかかることはわかっていますが、どのように近視に影響しているかはわからない部分が多いのです。(「太陽笑顔fufufu」より引用)

デジタル機器が発するブルーライトの影響も取り沙汰されていますが、動物実験の結果では、近視の抑制になる場合と、逆に進行させる場合どちらも報告されていて、はっきり結論付けることができないのが現状です。

とはいうものの、パソコンやスマホの長時間の使用は、やはり目の負担となりますから避けたいですね。

近視の人は老眼にならない?

shutterstock_174190115

答えは×。近視の人も老眼になります。老眼は、ピントを合わせる力が弱くなり手元の文字などが見えにくくなることを指します。近視の人は、メガネをはずせば近いものがよく見えることから、老眼にならないという誤解が生まれたようです。

この誤解の一因には、正視や遠視の人は見え方の変化がわかりやすい一方で、近視の人は老眼に気づきにくいことも上げられるかもしれません。しかし、個人差はあるものの、老眼は正視も近視も関係なく誰もがなることなのです。(「太陽笑顔fufufu」より引用)

ブルーベリーは目にいい?

shutterstock_772241869

答えは△。

ブルーベリーに含まれる、ポリフェノールの一種・アントシアニンが目の健康に役立つ可能性はあります。近視抑制効果については、さまざまな実験が行われていますが、まだはっきりとした結果は出ていません。(「太陽笑顔fufufu」より引用)

アントシアニンには、眼精疲労の改善やピント調節機能を整える可能性もあると言われています。デジタル機器の使用などで目を酷使する人は、目の健康にうまく取り入れてみるとよいかもしれません。

他にも、「地方に比べて、都市部のほうが近視の有病率が高いことは世界的に認められて」いるそう(太陽笑顔fufufuより)。ただ、その理由は諸説あり、どれが正しいのかはまだわかっていないといいます。

さまざまな近視の都市伝説。目を守るために、予防法やケアを怠らずにいきたいですね。

目は大切。正しく守りましょう

ドライアイの症状チェックリスト。ただの疲れだと思ってない?

目が「疲れる」...それはドライアイかも。男性より女性に多いと言われるドライアイ。セルフチェックをして対策をとっていきましょう。

https://www.mylohas.net/2018/09/174267dry_eye.html?test201808

目を守ることをもっと真剣に考えて! 紫外線のこわい影響と対策

肌はしっかりUV対策できていても、意外と忘れがちなのが眼から入る紫外線。ダメージが蓄積すると怖い影響があるというお話を眼科医の先生に伺いました。

https://www.mylohas.net/2018/07/168495uv_eye.html?test201808

太陽笑顔fufufu

image via shutterstock

横田ゆき

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. トレーニングでお腹の脂肪は減る? 減らない? 部分やせの謎

    2. 心理学を活用。ネガティブな感情を分析すると、自己肯定感が上がるワケ

    3. 医師に聞く、脂肪や糖の吸収をカットできる3つの食品

    4. ストレスを抱えやすい人の脳の特徴3つ。イヤなことが頭から離れない...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 糖質&カロリーを抑えたナイスなアイス「ナイスクリーム」の作り方

    7. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    8. むくみ解消にお役立ち! カリウムをバナナよりも多く含む食品

    9. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    10. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    1. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. ストレスを抱えやすい人の脳の特徴3つ。イヤなことが頭から離れない...

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    6. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. 他人に優しくできない人の深層心理って? 本当の「思いやり」とは

    10. シャワーだけで済ますはNG。医学的に正しいお風呂の入り方

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 意外に多い!? 生理中の下痢。突然のアクシデントを解消する方法

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    8. おしっこが近くなる8つの原因。水を控えたほうがいいのはウソ?

    9. あなたの体重が減らない5つの隠れた理由。栄養士が指摘します!

    10. ホルモン乱れが原因? 甲状腺が弱っている5つのサイン