1. Home
  2. EAT
  3. 熱で壊れる? 野菜を切ると減る? ビタミンCのウソ・ホント

熱で壊れる? 野菜を切ると減る? ビタミンCのウソ・ホント

6,693

クリハラチナツ

1-2

美肌や風邪予防、というと真っ先に思いつく栄養素のビタミンC。有名な栄養素なだけに巷にあふれる情報はさまざまです。

今回は、管理栄養士が教える「ビタミンCにまつわるウソ・ホント」をご紹介します。

ビタミンCは熱で壊れる?

もはや常識のように言われているビタミンCは加熱に弱い説。なんと実は間違い

ビタミンCは酸素に触れることがなければ、加熱によって壊れることはほとんどありません。(「Diet Plus」より引用)

栄養素が壊れる、というよりも気にしたいのは水に溶け出してしまうところ。ビタミンCが水溶性であるがゆえですが、煮る、ゆでる調理では損失は多く出がちのようです。

shutterstock_266141747

例えばブロッコリーの調理法別ビタミンC含有率は以下の通り。

※生の状態を100%とした場合

  • ゆでる:45%
  • 煮る:19%
  • レンジ:71%
  • 炒める:77%
  • 揚げる:66%

(「Diet Plus」より引用)

やはり水を使った調理法には注意が必要のよう。ただし野菜の種類によっても残存率は違うといいます。

ほうれん草では19%、キャベツでは44%、青梗菜の葉では65%、青梗菜の茎では92%、ニンニクの芽では97%の残存率です。(「Diet Plus」より引用)

意外なことにニンニクの芽や青梗菜の茎などは、ゆでてもほぼビタミンCの損失がないよう。野菜の種類や作る料理によってもだいぶ差が出そうです。

すっぱいものにはビタミンCが豊富?

shutterstock_211542739

ビタミンCといえばレモンを筆頭に酸っぱいものという印象が。

レモンひと切れ(1/8個)のビタミンCは約2mg。レモン1個分のビタミンCは16mgです。他のフルーツと比較すると、キウイ1個はレモン3.5個分、オレンジ1個はレモン3個分、柿1個はレモン7個分、アボカド1個はレモン1.5個分のビタミンCになります。(「Diet Plus」より引用)

すっぱさを感じない柿に、レモン7個ぶんものビタミンCが! 1日に推奨されるビタミンCは100mgなので、実はレモン1個分では足りないのです。

ちなみにレモンの酸っぱさの元はクエン酸。ビタミンC=酸っぱいは間違いなのです。

野菜を切るとビタミンCは減る?

shutterstock_472489138

キャベツなどの葉野菜は切って室温に置いておくとビタミンCは減っていきます。(中略)逆に、大根や玉ねぎなどの根菜類やサツマイモやジャガイモは、切ってから2日位まではビタミンCの量が次第に増えていきます。(「Diet Plus」より引用)

時短のためにあらかじめ野菜を切ったまま保存......。やってしまいがちですがそれは栄養面ではもったいないものも。葉野菜は直前の調理がおすすめのようです。

反対にジャガイモや根菜類は、切りおきしておくとよいかもしれませんね。

意外なものもあったビタミンCの真実。覚えておくとこれからの料理に役立ちそうです。

ビタミンCをたっぷりとって美肌に!

夏にこそ緑茶! ビタミンC豊富なスーパーパワーをおさらい

緑茶が世界から注目を集める存在となっています。その人気を後押ししているのは世界的な日本食ブームであり、このブームの背景にあるキーワードこそ「健康」。...

https://www.mylohas.net/2018/08/172599green_tea.html?test201808

食物繊維とビタミンCが豊富。油で揚げない大学芋のレシピ

油で揚げない大学芋のレシピ。食物繊維、ビタミンCを多く含むさつまいもを、簡単ヘルシーなスイーツにしましょう。

https://www.mylohas.net/2018/08/173346diet_recipe.html?test201808

Diet Plus

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由