1. Home
  2. MIND
  3. ハリウッドのセレブママ、クリス・ジェンナーが「乳ガン検査」について投稿

ハリウッドのセレブママ、クリス・ジェンナーが「乳ガン検査」について投稿

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

クリス・ジェンナーは、ハリウッドで最も有名な母親のひとりであり、女性の健康についての啓蒙をしてているお手本でもあります。

『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』に出演するこのセレブママが、インスタグラムの投稿で、フォロワーの女性たちに、乳ガンの検査を受けるよう呼びかけました。

その検査があなたの命を救うかも

KrisJenner

「今日の朝は、この小さなベビーと、シーダーサイナイ医療センターで一緒に。みんなにマンモグラフィー検査を受けるようリマインドしているの」というコメントともに、3Dマンモグラフィー検査機の写真を投稿

62歳のジェンナーは、「私の母は乳ガンのサバイバーで、私の友人にも10人以上も同じようなサバイバーがいる。自分の人生のなかで出会った、ガンにかかわったことのある愛する人に敬意を表して、ぜひこれをやってください。みんな大好きよ!」

Kris Jennerさん(@krisjenner)がシェアした投稿 -

そして、ジェンナーはさらに、自身も乳房超音波検査を受けたことを明かしました

米国ガン学会によると、乳房の超音波は、乳房の変化をより深く見るために使われるそう。たとえば、乳房組織のかたい部分やかたまりなど、触ればわかるが、マンモグラフィー検査ではわからないようなものも見つけることができます。

ジェンナーは、なにか異常を発見したかどうかについては触れませんでしたが、「ダブル・トリプル・チェック」をしておきたかった、と言いました。

Kris Jennerさん(@krisjenner)がシェアした投稿 -

「これは片側それぞれ約15分ずつかかって、脇の下、乳房の周辺、そして胸の真ん中の方もチェックできます」と彼女はコメントしました。

「全然痛みはないし、少し圧がかかるくらい。そしてとても念入りにチェックしてくれます。何人かが『もっと詳細な検査を』と言っていたので、せっかくだからシェアしようと思って」。

GettyImages-980975142

Photo by Getty Images

米国ガン協会は、ジェンナーのような55歳以上の女性には、2年ごとにマンモグラフィー検査を受けることを推奨しています。 40〜44歳の女性には年1回の定期健診、45〜54歳の女性は毎年マンモグラフィーを受けるべきだと言います。

しかし、米国ガン協会は、年齢にかかわらず、すべての女性が検査にかかわるメリットとデメリット、そして潜在的なリスクについて知るべきだと言います。BreastCancer.orgによると、アメリカ人女性の8人に1人が、人生においてガンを発症するといいます。

その数字を下げるためにも、ジェンナーがインスタグラムを使って、2000万人以上いるフォロワーの意識を高めるような声を上げたのは、意味のあるポジティブな一歩です。

正しい乳がんの知識を得ましょう

予防のためにやった方がよいことは? 乳がんにならないための10カ条

乳がんはアメリカ人女性の8人に1人がかかると言われるがん。とはいえそれで命を落とす人は少なくなっています。乳がんのリスクを避けるための10か条をご紹...

https://www.mylohas.net/2018/08/173179breast_cancer.html?test201808

アメリカのがん専門家に聞いた、乳がんの全タイプを細かく解説

乳がんには様々なタイプがあります。ベストな治療法はそれぞれ。乳がんのタイプと治療法を判断するには、普通3つの要素を知っておきましょう。

https://mylohas.net/2018/09/174464cancer.html?test201808

Eileen Reslen/Kris Jenner Shares Her Breast Cancer Screening—And Reminds Fans to Get a Mammogram
訳/Noriko Yanagisawa

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 体重計ではわからない、実はやせてきている10のサイン

    2. 脂肪や糖の吸収をカットできる成分とは? 普段のドリンク選びのコツ

    3. むくみ解消にお役立ち! カリウムをバナナよりも多く含む食品

    4. それは本当に全部ダメ? 自己肯定感が低い人が陥りやすい考え方

    5. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    8. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    9. アル中よりこわい「グレーゾーン飲酒」って? 体験者の告白が壮絶

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    2. 脂肪や糖の吸収をカットできる成分とは? 普段のドリンク選びのコツ

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. ストレスを抱えやすい人の脳の特徴3つ。イヤなことが頭から離れない...

    5. 体重計ではわからない、実はやせてきている10のサイン

    6. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    7. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    8. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    9. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    10. 他人に優しくできない人の深層心理って? 本当の「思いやり」とは

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 意外に多い!? 生理中の下痢。突然のアクシデントを解消する方法

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    8. おしっこが近くなる8つの原因。水を控えたほうがいいのはウソ?

    9. あなたの体重が減らない5つの隠れた理由。栄養士が指摘します!

    10. ホルモン乱れが原因? 甲状腺が弱っている5つのサイン