1. Home
  2. MIND
  3. 特別なスキルは必要ない。「自分の強み」を仕事に活かす3つのヒント

特別なスキルは必要ない。「自分の強み」を仕事に活かす3つのヒント

運命を変えるマインド革命

5,101

斎藤芳乃

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。もっとスキルアップもしたいし、もっともっと自分を高めて「私だからこそできること」を探していきたい。

0GettyImages-905746192

向上心ある人であれば、誰もがこんな願いを秘めているかと思います。けれど、ここで問題となるのが、「私だからこそできることって何?」ということ。

資格や学歴などは一部の特別な人しか持っていないし、これからもう一度大学に行くのはちょっと……。何か「これ」といったスキルを身につけたいけれど、でもそれをプロとして使うには時間がかかる。そんな風に悩みはつきません。

でも、「何か特別なこと」が無かったとしても、自分の才能は仕事として活かすことができるんです。今回は、自分の才能や強みをリアルに仕事に活かすための3ステップをお伝えしていきたいと思います。

「強み」とは、目に見えることではない

まず多くの方が誤解しているのは、自分の強みとは「学歴」「資格」といった目に見える履歴書に書くことではないということです。仕事というのは、資格やスキルはもちろんですが、それ以上に「人との関わり」が大切になります。

仕事でも、「コミュニケーション力が高い」、「女性的なフォローができる」、「女性らしい感受性を使ってアイデアを出す」、「代替えを提案できる」、「効率化が得意」など、さまざまな目に見えない要素が大切になりますよね。

0GettyImages-907969040

しかし、こうしたことを、多くの方が「価値」だと思えていないのです。けれど、実際に考えてみてください。過去、「あなたがいたこと」で円滑に回ったことはありませんでしたか? 険悪なムードだった場が和んだ、仕事の工夫を提案することができた、よりフローがスムーズになったなどなど。

まずは、御礼を言われたこと、明らかに役に立ったこと、給料として査定はされないけれど貢献できたことを思い出してみましょう。

強みを「プロ」として使ったら、何に活かせる?

次に大切なことが、それらの特技やできることを、単に「資格ではないから」と切り捨てずに、「私はそのプロなんだ」と捉え直すことです。

たとえば「チームワークをよくするプロ」「女性的な視点でアイデアを提案するプロ」「フォローのプロ」「男性社員の対応のプロ」「環境作りのプロ」など。こうして自分が「その道のプロなのだ」という自覚を持つことで、これが他の人にはできないけれど、自分にはできる素晴らしい個性になります。中には「人の話を聞く=カウンセリングのプロ」でもいいんですね。あくまで大切なことは、資格うんぬんではなく、「それができる!」という自尊心を持つこと。

0GettyImages-489427926

それを考えることができたら、次に「その能力を必要とする職場は?」と考えてみてください。たとえばチームビルディングが必要な立ち上げたばかりのベンチャー企業、大企業で人が多すぎて、離職率が高い職場、アイデアや創造性を大切にしている商品企画など。

こうして考えることで、「あなたを必要としてくれる場所」が明確になります。あくまで、「自分が求められる場所」を、プロして見極めるということが大切なんですね。

もしここで、「英語をさらに習う」「さらに美的センスを使って何かを作成する」など、資格が必要となるならば、それは率先して身につけましょう。ここではじめて、「あなたの個性」を活かしながら、資格を活かしていくことができるようになります。

実際に「プロとして」の自分で人と関わっていく

そしてここまで構築することができたら、後は「プロとしての自分」で、人と関わってみてください。

たとえば取引先の人と接する際にも、「私はこれが得意なんです」と伝えてみる。「以前、こうした改善策を考えて、これだけ環境を変えることができました」など、しっかりと自分のプロフィール=強みをもとに、人と接していきます。

0GettyImages-638065914

こうして自己申告することで、それが相手からの信頼につながり、資格ではないけれど「あなただからできて、あなただから必要とされる」という関わりへと変化していきます。これは仕事を変える際も同じです。ただ紙に書く履歴ではなく、「私が私として人と関わったときの影響力」をしっかりと「プロ化」することで、それがあなたの強みになるのです。

仕事とは、人と関わること。最終的には、ただスキルを求めるだけではなく、「あなたという人が必要とされる」ことが、差別化につながり、一生の職業につながっていきます。

0GettyImages-583996412-(1)

あなたはすでに、あなたとして生きるプロだということを忘れないで。こうして強みを持てば、自分の好きなことも活かしながら、さらに必要とされる人物になっていくでしょう。

>>「運命を変えるマインド革命」をもっと読む

もっと自分らしく生きる

今からでも遅くない!本当にやりたいことを見つけるための3ステップ

マリアージュカウンセラー斎藤芳乃さんが、人生を前向きに楽しむための思考法を紹介する「運命を変えるマインド革命」連載。毎日を一生懸命生きていると無我夢...

https://www.mylohas.net/2018/08/173560.html?test201808

がんばらなくても幸せになれる人と、がんばっても幸せになれない人がいるのはなぜ?

マリアージュカウンセラー斎藤芳乃さんが、人生を前向きに楽しむための思考法を紹介する「運命を変えるマインド革命」連載。自己矛盾を解消して、がんばらなく...

https://www.mylohas.net/2018/08/173138.html?test201808

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. ぐぎっ、腰が痛い! ぎっくり腰! そんなときどうする?

    5. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    8. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 病院にはウイルスがいっぱい! 院内感染を防ぐ5つの対策

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由