1. Home
  2. EAT
  3. 納豆、塩麹、ヨーグルト。でもその腸活がトラブルの原因かも?

納豆、塩麹、ヨーグルト。でもその腸活がトラブルの原因かも?

ポジティブ栄養学

35,287

吉川圭美

納豆に塩麹、ヨーグルト、ごぼうに海藻……善玉菌や食物繊維が、腸内環境を整えてくれるということは多くの人が知るところでしょう。最近では「腸活」なんて言葉もあるくらい。

shutterstock_406872976

image via Shutterstock

でも実は、これらの食べ物が、逆にお腹の不調を呼ぶ場合があるのも知っておきたいところです。お腹がパンパンに張ってしまったり、ゴロゴロしたり、痛くなったり。もしかしたらそれ、「SIBO」かもしれません。

大腸にいるべき菌が、小腸で大増殖?

shutterstock_84443176

image via Shutterstock

「SIBO」とは、「小腸内細菌増殖症」といわれる腸トラブルのひとつ。

そもそも、人間の腸には、100兆ともいわれる腸内細菌が住んでいます。ビタミンを作ったり、免疫力を高めたり、腸内環境を整えたりと、人間のためにはたらいてくれる“善玉菌”。逆に有害物質を作るなど人間にデメリットをおよぼす“悪玉菌”。そして、両方の性質を持つ“日和見菌”が存在し、バランスをとりあっています。

>医師に聞く、腸内フローラをととのえる食事と生活習慣

これら細菌は、本来大腸にいるものですが、小腸で爆発的に増えてしまうことがあります。そもそも小腸は栄養を吸収する臓器でもあり、たくさんの養分が存在しているので、その養分をエサに細菌がどんどん増殖することに。

するとお腹の張りや便秘、下痢、ガスが出やすくなる、といった腸トラブルはもちろん、免疫力が下がったり、不眠ぎみになったり、気分が落ち込みやすくなったり、とさまざまな不調が出てきます。このほか太りやすくなったり、ニキビができたりと美容面からも見逃せません。

栄養の視点から気になるのは、タンパク質や脂肪など、栄養の吸収が低下してしまうこと。脂に溶けて吸収されるビタミンAやD、Eなども軒並み低下。ガスがたまって小腸の壁が伸び縮みを繰り返し、ダメージを受けてしまうのです。

トラブルを起こしやすい「糖」を避ける「低FODMAP食」

shutterstock_354598628

image via Shutterstock

SIBOになってしまう人に多いのが、もともと、ある種類の糖質の吸収が苦手なこと

通常なら食べ物の糖質は小腸でどんどん吸収されていきますが、それが苦手な人の場合、トラブルを起こす糖質はなかなか吸収されずに腸内にとどまります。

これらの糖質をエサに、腸内細菌がガスをつくってしまうのです。これがお腹の張りやガスの原因に。さらに吸収されない糖質が増えると、身体はそれを薄めようと水分を全身から集めて引き込もうとします。これが下痢やお腹ゴロゴロにつながる、と考えられるのです。

そこで、トラブルを起こしやすい「発酵性の糖質」を含む食材を避けようというのが「低FODMAP食」と呼ばれる食事法。科学的根拠が高く、世界的にも認められた方法でもあります。

避けるべき糖質は4種類。

  • 豆類に多いガラクトオリゴ糖
  • 玉ねぎや小麦に多いフルクタン
  • 乳製品に多い乳糖
  • 果物やはちみつに多いフルクトース、ガムのソルビトールなど、ポリオール類

豆乳やひよこ豆などの豆類、はちみつ、ヨーグルト、フルーツなど、一見腸によさそうなものばかりです。 これらを食べるの減らして腸の負担を減らしつつ、同時にタンパク質やビタミン、ミネラル、消化をよくするための酵素をとって回復をめざします

>腸にやさしく、おなかの張りを解消する「低FODMAP食」ってなに?

実際に取り組んでいる人にお会いすると、お腹の調子がよくなると同時に肌ツヤもぐんぐんアップし、雰囲気も明るくなるのには驚き。腸が身体に及ぼす影響力の大きさはすごいな、と改めて思い知らされます。

気になる場合は、オーソモレキュラー栄養医学を実践しているドクターに相談してみるのも、ひとつの方法です。

    Ranking

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    3. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    4. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    5. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    6. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    7. ヴィーガンメニューは「おいしい」が当たり前。注目のヴィーガンレストランを紹介

    8. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    9. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    10. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    3. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    4. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    5. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    6. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    7. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    8. 秋。新しいコースを走ってみよう。「ランニングを再開したい人」向けメニュー

    9. 「ベアーズ式」テクニックで、掃除はもっと楽しくラクになる

    10. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    3. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    4. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    5. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    6. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    7. 認知症予防は40代から。今日からできる5つの対策

    8. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    9. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    10. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら