1. Home
  2. STYLE
  3. 【9月の新月】原点に立ち返ることが新しい扉を開くカギに

【9月の新月】原点に立ち返ることが新しい扉を開くカギに

ココロに効く新月&満月の五感セラピー

16,385

月は、満ち欠けを規則正しく繰り返しています。地球の周りをぐるりと巡って、同じ月相に戻る――9月の新月は、自分の本質や原点に立ち返ることがポイントに。そうすることで、「古いけど新しい自分」を見つけられそうです。

201809HEATH

9月の新月:自分の原点に戻る「回帰の月」

【新月の瞬間】
9月10日(月)3時01分

宇宙の中には、自転や公転など、一定の周期で運動している天体がたくさんあります。満ちたり欠けたりを繰り返す月も、そのひとつ。新月が満月を経て、再び新月になる周期は、約29.5日。しかし、同じ月相に戻るからといって、まったく同じになるわけではありません

たとえば、9月の新月が、8月の新月に戻ることができないように、同じように見えても、実は時がすすんでいるのです。けれど、9月の新月も8月の新月も、同じ月であることに変わりはありません。

今を生きている自分は、過去という時を積み重ねて存在しています。子どもの頃の自分と、今の自分を比べたら、いろいろ変わっているはずですが、「自分自身」という本質は、そう大きくは変わらないような気がします。

奇しくも、9月の新月の日は、およそ6.5年の周期で回帰するジャコビニ・チンナ―彗星が地球に近づくタイミングと重なります。そこで、6~7年前の自分と今の自分を比べてみましょう

「本当はカラフルなファッションが好きなのに、職場や周囲の影響でコンサバに落ち着いてしまった」、「あの頃は○○を勉強したかったけど、状況が許さなかった」、「アートが好きなのに、今のライフスタイルにはアートのかけらもない」などなど、気がつくことはありませんか?

自分が本当に好きなこと、やりたいこと、あきらめてしまったこと……時を経て、年齢を重ねた今だからこそ、違うカタチで実現できることがあるはずです。

手あたり次第に自分探しをする前に、本質や原点に立ち返ってみる。過去の自分に、人生の新しい扉を開けるチャンスがあると教えてくれるお月さま。それが9月の新月です。

月のリズムの初日をハーブのチカラで幸先よく

sep_newmoon_1

image via shutterstock

【ヒース】
・別名:エリカ、ヘザー、ギョリュウモドキ
・学名:Calluna vulgaris(Erica vulgaris)
・ティーに使う部位:花

ヒースは、ピンク色の小さな花を咲かせる植物です。小花の愛らしい雰囲気からは想像がつかないほど繁殖能力に優れ、荒野に生い茂るほどの強いエネルギーを持っています。メディカルハーブとしてだけでなく、昔から染料や飼料、箒の材料など、暮らしの中で幅広く使われてきました。

ティーには、乾燥させた小花を使います。熱湯で淹れると、かすかな渋味の中に、ほのかに塩気を感じますが、全体的には淡白な味わいなので、お好みのハーブや緑茶とブレンドするとおいしくいただけます。とくに、緑茶とのブレンドティーは、和食や和菓子との相性がよくオススメです。

ヨーロッパなどでは、ヒースは危険から身を守り、幸運を引き寄せる植物と考えられ、お守りとして用いた時代があったと伝えられています。

新月は、月のリズムの初日です。9月の新月の日、ヒースのティーを飲めば、そのエネルギーの強さとお守り効果で、幸先のよいスタートが切れそうです。

9月10日(月)の夜:火・木・金・土をいっぺんに!

9月10日、太陽がすっかり沈んで空が暗くなり始めたら、南西から南東の空を見渡してみてください。太陽系の惑星のうち、火・木・金・土の4つをいっぺんに見ることができます。

まず、南西よりもやや西寄りの低空を見てみましょう。まるで、こちらに語りかけてくるかのように、存在を強く主張している星が目に飛び込んできます。それは金星です。

金星に向かって、左斜め上方向に輝いているのは木星です。視線を南方向に移すと、土星を確認できるでしょう。さらに南東へ視線を移動させれば、火星をとらえることができます。

これらの惑星は、月と同じように、太陽の光を反射して輝いています。市街地でも明るく見えているので、肉眼ですぐに見つけられるはずです。

金星は19時30頃には沈んでしまうので、4天体をいっぺんに見るなら、18時30分頃を狙ってください。

惑星は、ローマやギリシアの神々と結びつけられ、神話とともに親しまれてきた歴史があります。

金星は、愛と美の女神・アフロディーテ。
土星は、時を司る神・クロノス。
木星は、最高神・ゼウス。
火星は、戦いの神・アレース。

さあ、新月の夜は、惑星たちを眺めながらどんな願いをかけましょう? 神様それぞれの特徴にあった願いをかければ、叶いやすくなるかもしれません。

次回は、9月の満月。9月25日(火)です。

【8月の満月】ココロも暮らしも少しずつ変えていく準備を

8月の満月は26日。秋が目の前というタイミングで心がけたいことを教えていただきました。今月のハーブティ、パッションフラワーティで心を整えておきましょ...

https://www.mylohas.net/2018/08/173443aug_fullmoon.html?test201808

「ココロに効く新月&満月の五感セラピー」をもっと読む

イラスト/カイフチエリ

景山えりか

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. ヘルシーそうでも意外とNG? 糖尿病なら避けたい食べ物7種(前編)

    3. 怒りを上手にコントロールする6つの方法

    4. 【9月の満月】半年間の成果をたずさえ、再スタートする好期到来

    5. 毎日3.7リットル水を飲むガロン・ウォーター・チャレンジについて、栄養士の見解

    6. 人生のどん底を経験した女性たち。どのようにして立ち直ったのか?

    7. 栄養学者が毎日摂っている12項目ってなに?

    8. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    9. モデルKellyが実践する「キヌア」のトリセツ

    10. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    3. おやつ代わりに! ヘルシー&空腹になりにくい低糖フルーツ9種

    4. 腰に一番よい寝姿勢は? 腰や背中が痛いときオススメの寝方を専門家が指南

    5. 【9月の満月】半年間の成果をたずさえ、再スタートする好期到来

    6. 足裏を鍛えるといいことづくめ。1日10分の簡単エクササイズ

    7. 良質な睡眠、肌ツヤUP、太りにくい体へ。食べ方で血糖をコントロール!

    8. まずおさえるべき、絶対に痩せるコツ【痩せるカラダを作る方法】

    9. 怒りを上手にコントロールする6つの方法

    10. ライム病と闘う歌姫「体の機能が停止していくのを感じ、溺れたような気分」

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. あなたは大丈夫? 糖尿病予備軍の見過ごせないサイン7つ

    3. 「歩くたびに疲れがとれる」と噂のサンダルを履いてみた

    4. 若年性乳がん、どんな人がなりやすい?

    5. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    6. 糖質制限でガマンしない、失敗しない。糖質で太らない5つのヒント

    7. 「この日空いてる?」と予定を聞かれたときのスマートなかわし方

    8. 本当に二日酔いに効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    9. レモンウォーターは本当に健康の効果があるの? 2週間試してみた結果

    10. 医師が教える副腎疲労。ひどい疲れには3つの“フリー”

    【9月の新月】原点に立ち返ることが新しい扉を開くカギに

    FBからも最新情報をお届けします。