1. Home
  2. BODY
  3. 便秘や生理不順にもタイプがある。漢方で改善したい6つのこと

便秘や生理不順にもタイプがある。漢方で改善したい6つのこと

7,682

MYLOHAS編集部

20180901_kampo

興味はあるけれど、難しそう。高そう。苦そう。そんなイメージがある漢方。実はそんなことはなく、女性の不調によく効くと言われる心強い味方です。漢方の基本から、どんなことに効くのかまでをご紹介します。

あなたはどのタイプ? 気・血・水のバランスをチェック

shutterstock_194081657_02

肩こり、頭痛、便秘、冷え。これらのちょっとした不調は、実は体からのSOSのサイン。まずは、漢方の基本「気・血・水」のバランスが取れているか、セルフチェックをしてみましょう。むくみがひどい、イライラ、甘いものがやめられないなど、症状別の対策法も紹介しています。
その不調は忍び寄る病気のサイン! 今日から「食養生」で健康を取り戻そう

「だるい・疲れる」「生理不順」に効く漢方は?

strategy29_01shutterstock_696252832

漢方では、疲労は「生命エネルギーの流れに滞りが現れ始めた」と考えます。だるさや疲れの症状別に4つの漢方薬と、生理不順に効果のある4つの漢方薬をご紹介。漢方薬は医師に処方してもらうと健康保険が使えます。クリニックで相談してみてくださいね。
漢方は女性の不調改善が得意! 「だるい・疲れる」「生理不順」に効く漢方は?

「冷え性」も漢方で改善しよう

170929_kanpo2_top

イラスト/chao!

冷えにもいくつかタイプがあります。血行不良? 水分が溜まっている? エネルギー不足で熱が生まれにくい? まずはどのタイプに当てはまるか、チェックリストを見てみましょう。
つらい「冷え性」は漢方で改善できる?

「大人ニキビ」や「むくみ」に効く漢方は?

strategy30_2

女性のための漢方は「体質から改善」して治していきます。大人のニキビや肌トラブルは、漢方薬の得意分野のひとつ。むくみも漢方で対処できます。
体質から改善して治す。「大人ニキビ」や「むくみ」に効く漢方は?

便秘改善も漢方で

kanpo_03

イラスト/chao!

実は便秘解消にも、漢方薬が大活躍! 便秘を解消するための漢方薬は種類が豊富で、ひとりひとりにあった薬の服用ができるそうです。また、便秘薬を習慣的に飲んでいて、だんだん効きづらくなってきたという人も漢方薬が期待できます。
何日出ないと便秘?【漢方基本のき Vol.3】

薬だけじゃない、漢方の3つの教え

0shutterstock_551465569

漢方は「病を未然に防ぐ」ためのメソッドです。まず、女性は黒い食材を意識して摂るとよいそう。その理由って?
夏を乗りきるために覚えておきたい「漢方」の3つの教え

その不調、早めに対処しちゃいましょう

副腎疲労度チェックリスト。しつこい疲れの原因は?

朝、起きられないーー慢性的な疲労感の原因は「副腎疲労」かもしれません。日本初の副腎疲労外来を開いた、スクエアクリニック院長・本間良子先生に、副腎疲労...

https://www.mylohas.net/2018/08/173444adrenal_fatigue01.html?test201808

自律神経が乱れてない? 肥満や疲れ、あらゆる不調の対策法

体のあらゆる活動をコントロールする「自律神経」。自律神経には、活動する=ONモードで活発になる交感神経と、休む=OFFモードで活発になる副交感神経の...

https://www.mylohas.net/2018/07/165446autonomic_nerves.html?test201808

文/寺田佳織(マイロハス編集部)、image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    6. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    7. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    8. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    9. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    10. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    7. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    10. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた