1. Home
  2. BODY
  3. ドライアイの症状チェックリスト。ただの疲れだと思ってない?

ドライアイの症状チェックリスト。ただの疲れだと思ってない?

1,344

スマホやパソコンをしていて目が「疲れる」。それ、実はドライアイの症状のひとつかもしれません。

ただの目の乾きとあなどるなかれ。放っておくと、かすみや充血、痛みなどのトラブルにつながることもあるんです。

shutterstock_522203062

ドライアイは女性の方がなりやすい?

目の表面を覆う涙の量が減ったり、潤す力が低下することで発症するドライアイ。

ドライアイを引き起こす要因は、パソコン作業や、日々のスマホ操作、エアコン、コンタクレンズの使用などさまざま。実は女性の方がなりやすいとも言われています。

ドライアイ患者は女性が男性の約2倍というデータもあります。ホルモンバランスの乱れなどが影響していると言われています。(「太陽笑顔fufufu」より引用)

いくつ当てはまる? セルフチェックしてみよう

shutterstock_570199015

まずは自分がドライアイかどうかセルフチェックしてみましょう。

自覚症状で5つ以上当てはまるか、10秒以上まばたきを我慢できない方は、ドライアイの可能性がありますので、眼科医に相談してみるとよいでしょう。

  • 目が痛い
  • ものがかすんで見える
  • 目が赤い
  • 目に不快感がある
  • 目が疲れる
  • 光を見るとまぶしい
  • 涙が出る
  • 目がかゆい
  • 目がごろごろする
  • 目やにがでる
  • 目が乾いた感じがする
  • 目が重たい感じがする

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

ドライアイを単なる乾きと捉えて放置してしまうと、目の角膜はどんどん傷つきやすくなってしまうそう。そうなることで眼病の原因になったり、視力低下につながったりと、さらなるトラブルが......!

悪化させないためには、日頃から目のケアを行うことが大切です。

ドライアイ&お疲れ目の対策法

shutterstock_1068051752

毎日コンタクトレンズをしていると、どうしても目は乾きがちになってしまいます。ましてや、長時間パソコンやスマホを見ていたら、余計に眼精疲労まっしぐら。

比較的乾きにくいコンタクトレンズを選ぶことや、こまめに目薬で目に潤いをプラスすることが大切です。

日頃から視神経にかかわる首や肩のストレッチや適度な運動をする、目が疲れたら蒸しタオルなどでまぶたを温める、ストレスを溜めないといったことも予防につながりますよ。(「太陽笑顔fufufu」より引用)

目は一生使う大切なパーツ。こまめにケアをして、労ってあげましょう。

目の健康を守りたい

世代別にベストな健康法とは?心臓、骨、目を健康に保つプラン

心臓や骨や目の健康を保つポイントを年代別にご紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/05/167255body.html?test201808

その目の乾き、本当にドライアイ? もしかしたら「シェーグレン症候群」かもしれません

なんとなく感じている目の乾燥。シェーグレン症候群なのかも。ご紹介する症状とサインを検討して、気になったら医師に相談を。

https://www.mylohas.net/2018/07/171796sjogren.html?test201808

太陽笑顔fufufu

image via shutterstock

横山智世

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. トレーニングでお腹の脂肪は減る? 減らない? 部分やせの謎

    2. 心理学を活用。ネガティブな感情を分析すると、自己肯定感が上がるワケ

    3. 医師に聞く、脂肪や糖の吸収をカットできる3つの食品

    4. ストレスを抱えやすい人の脳の特徴3つ。イヤなことが頭から離れない...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 糖質&カロリーを抑えたナイスなアイス「ナイスクリーム」の作り方

    7. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    8. むくみ解消にお役立ち! カリウムをバナナよりも多く含む食品

    9. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    10. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    1. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. ストレスを抱えやすい人の脳の特徴3つ。イヤなことが頭から離れない...

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    6. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. 他人に優しくできない人の深層心理って? 本当の「思いやり」とは

    10. シャワーだけで済ますはNG。医学的に正しいお風呂の入り方

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 意外に多い!? 生理中の下痢。突然のアクシデントを解消する方法

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    8. おしっこが近くなる8つの原因。水を控えたほうがいいのはウソ?

    9. あなたの体重が減らない5つの隠れた理由。栄養士が指摘します!

    10. ホルモン乱れが原因? 甲状腺が弱っている5つのサイン