1. Home
  2. BODY
  3. ドライアイの症状チェックリスト。ただの疲れだと思ってない?

ドライアイの症状チェックリスト。ただの疲れだと思ってない?

1,685

横山智世

スマホやパソコンをしていて目が「疲れる」。それ、実はドライアイの症状のひとつかもしれません。

ただの目の乾きとあなどるなかれ。放っておくと、かすみや充血、痛みなどのトラブルにつながることもあるんです。

shutterstock_522203062

ドライアイは女性の方がなりやすい?

目の表面を覆う涙の量が減ったり、潤す力が低下することで発症するドライアイ。

ドライアイを引き起こす要因は、パソコン作業や、日々のスマホ操作、エアコン、コンタクレンズの使用などさまざま。実は女性の方がなりやすいとも言われています。

ドライアイ患者は女性が男性の約2倍というデータもあります。ホルモンバランスの乱れなどが影響していると言われています。(「太陽笑顔fufufu」より引用)

いくつ当てはまる? セルフチェックしてみよう

shutterstock_570199015

まずは自分がドライアイかどうかセルフチェックしてみましょう。

自覚症状で5つ以上当てはまるか、10秒以上まばたきを我慢できない方は、ドライアイの可能性がありますので、眼科医に相談してみるとよいでしょう。

  • 目が痛い
  • ものがかすんで見える
  • 目が赤い
  • 目に不快感がある
  • 目が疲れる
  • 光を見るとまぶしい
  • 涙が出る
  • 目がかゆい
  • 目がごろごろする
  • 目やにがでる
  • 目が乾いた感じがする
  • 目が重たい感じがする

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

ドライアイを単なる乾きと捉えて放置してしまうと、目の角膜はどんどん傷つきやすくなってしまうそう。そうなることで眼病の原因になったり、視力低下につながったりと、さらなるトラブルが......!

悪化させないためには、日頃から目のケアを行うことが大切です。

ドライアイ&お疲れ目の対策法

shutterstock_1068051752

毎日コンタクトレンズをしていると、どうしても目は乾きがちになってしまいます。ましてや、長時間パソコンやスマホを見ていたら、余計に眼精疲労まっしぐら。

比較的乾きにくいコンタクトレンズを選ぶことや、こまめに目薬で目に潤いをプラスすることが大切です。

日頃から視神経にかかわる首や肩のストレッチや適度な運動をする、目が疲れたら蒸しタオルなどでまぶたを温める、ストレスを溜めないといったことも予防につながりますよ。(「太陽笑顔fufufu」より引用)

目は一生使う大切なパーツ。こまめにケアをして、労ってあげましょう。

目の健康を守りたい

世代別にベストな健康法とは?心臓、骨、目を健康に保つプラン

心臓や骨や目の健康を保つポイントを年代別にご紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/05/167255body.html?test201808

その目の乾き、本当にドライアイ? もしかしたら「シェーグレン症候群」かもしれません

なんとなく感じている目の乾燥。シェーグレン症候群なのかも。ご紹介する症状とサインを検討して、気になったら医師に相談を。

https://www.mylohas.net/2018/07/171796sjogren.html?test201808

太陽笑顔fufufu

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由