1. Home
  2. MIND
  3. アナウンサー馬場典子さん流。うまく話せない悩みを克服する言葉づかい

アナウンサー馬場典子さん流。うまく話せない悩みを克服する言葉づかい

2,236

shutterstock_1079756876

職場やプライベートで、自分の思いや意見を相手に伝えるのは意外に難しい、と感じている人も多いのでは。時に感情的になって、後から後悔したり、誤解されたり。

もともと、感情が表にでにくい人やうまく言葉にできない人は、誤解されることも。そんな悩みを克服するコミュニケーションスキルのひとつ、人間関係の基本になる言葉づかいのコツを探ってみました。

アナウンサー馬場典子さん流、コミュニケーションの秘訣

humanrel_1-3

うかがったのは、『言葉の温度 話し方のプロが大切にしているたった1つのこと』という本を著した、フリーアナウンサーの馬場典子さん

心を素(もと)にしながら、声のトーンや大きさ・話し方や聞き方・言葉づかい・ニュアンス・間・表情など、総合的なコミュニケーションの秘訣を紹介しています。

馬場さんは、本書で言葉には温度があることを示しています。

言葉の温度とは、話し手の心の現れそのもの。温かい言葉が相手に寄り添ったり、熱い言葉が相手の心に火をつけたりと、そこへ込められた心が相手に届くことで、言葉が伝わります」

馬場典子さんの3つの心がけ

shutterstock_1071792650

馬場さん自身が、言葉に思いを乗せるため、心がけていることを3つ教えていただきました。

1.自分の本音と向き合う

気づかずに自分の価値観を押し付けていたり、慇懃無礼になったりするように、バレないと思っていても、相手には本音が「温度」として伝わってしまうもの

きれいごとだけではなく自分の本音と向き合い、たとえば嫉妬や独占欲や劣等感なども含めて自分自身であると素直に認めてみる。自分のさまざまな感情と向き合うことで、人の心のひだも理解しやすくなる

2.相手への敬意

家族などどんなに身近な相手でも、親しき仲にも礼儀あり。言葉づかい以上に大切なのは、敬意と愛情

ちょっとしたコツは、素直に本気でいいな、と思えるポイントをひとつでも見つけること。小さなことでも本気で相手の何かを認めていると、自然と敬意を抱けるし、それが相手に伝わる。

3.真の語彙力を身につける

たくさんの言葉や言い回しに触れ、語彙力や言葉のセンスを磨く。ポイントは音の響き。同じ意味を持つ言葉でも、響きで印象が変わる。

やわらかな響きは優しく温かい印象を与える反面、インパクトに欠けることもある。硬い響きの言葉は、知的に聞こえる反面、冷たい、難しい、と思わせる面もある。強い響きの言葉は、印象に残りやすい反面、きつい印象を与えることもある。

こうした言葉の持つ響き、ニュアンスにアンテナを張り、今伝えたいことや気持ちにふさわしい響きを持つ言葉であるかどうかに気を配る。

言葉を大切にしながら、伝えることをあきらめない

shutterstock_1122554711

アナウンサーとして、いつも伝えることに集中してきたという馬場さんのエピソードがあります。

「若い頃は、噛むことは大罪で、その度に『やってしまった……』と気に病んでいました。

でも経験を積むうち、自分の中で意識の変化がありました。うまいと思われるかどうかより、きちんと伝わるかどうかが大切なのだと。

自分の見られ方、相手の評価より、コミュニケーションで一番大切なのは、純粋に、伝えようとする思いの強さですよね

どちらかといえば、日本人は感情表現が苦手。言葉に感情を込めることができない人へのアドバイスをお尋ねしました。

気持ちを表す言葉を積極的に選んでみるといいかもしれません。

『ありがとうございます』だけでなく『嬉しいです』と、もう一言添えてみる。驚きました! 楽しみです! ワクワクしています! 緊張しています、不安ですなど、ストレートな言葉は気持ちが伝わりやすいと思います」

shutterstock_313119476

言葉を伝えることは、自分の心との対話につながりそうです。

言葉を大事にすると、言葉に愛される気がします。言葉から力をもらえると思いますし、自分の言葉にも、説得力や温もりなど、力がついてきます。

言葉を大切にする第一歩は、自分の本心と照らし合わせて、嘘のない相応しい言葉かどうかを考えることだと思っています」

言葉は生きもののよう。最後には「伝えてみないと始まらないので、あきらめないで! 肌感覚は自分自身の実践から身につけていくしかない」と話して下さいました。

自分の心と向き合いながら言葉を磨き、思いを上手に伝えられるように。今日から言葉磨きをはじめてみませんか?

humanrel_2

馬場典子著『言葉の温度 話し方のプロが大切にしているたった1つのこと』

コミュニケーションスキルが気になる方は

コミュニケーション能力の高い人が持っている「そしゃく力」 #コミュニケーション術のネタ帳

恋愛プランナーのTETUYAさんが、ビジネスにも、恋愛にも、友達作りにも使える、日常的かつ実用的なコミュニケーション術をライトにお届けします。

https://www.mylohas.net/2017/08/064020neta.html?test201808

真のコミュニケーションスキルが問われる「奉仕力」

恋愛プランナーのTETUYAさんが、ビジネスにも、恋愛にも、友達作りにも使える、日常的かつ実用的なコミュニケーション術をライトにお届けします。

https://www.mylohas.net/2017/12/066441neta.html?test201808

馬場典子(ばば・のりこ)さん
1974年生まれ。東京都出身。早稲田大学商学部卒業。1997年、日本テレビ放送網株式会社にアナウンサーとして入社。日本テレビを代表する数々の番組のレギュラー司会など、報道からバラエティ、スポーツまで幅広く担当し活躍。2014年6月末、日本テレビを退社、フリーアナウンサーとしてアミューズ所属。現在のレギュラーはNHK「あさイチ」、CBC系「ゴゴスマ! Go Go Smile!」、BS日テレ「歌謡プレミアム」。2015年4月より大阪芸術大学放送学科アナウンスコースの教授を務める。オフィシャルサイト

image via shutterstock

奥田景子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    2. ストレスで太るのはなぜ? 食欲ホルモンの分泌を抑える8つの食品

    3. ご存じですか? 危険な真菌感染カンジダ・オーリスの流行を

    4. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    5. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    6. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    9. 3秒で“体のゆがみ”を無料計測。体と心を整えるオアシス、知ってる?

    10. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    5. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    8. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    9. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    10. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    6. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    7. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    8. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン