1. Home
  2. STYLE
  3. アロマボトルいらず、荷物にならない香りの持ち歩き方

アロマボトルいらず、荷物にならない香りの持ち歩き方

5,851

林 ゆり

grassetokyo_1

好みの香りを旅先や出張に香りを持って行きたいこと、ありませんか? でも荷物を増やすのは大変。

そんな時の、ありそうでなかった救世主が、「GRASSE TOKYO(グラース トウキョウ)」から新しく出た「フレグランス リード スティック」です。

ナチュラル素材の香りを手軽に

3

香水産業の発祥の地であるフランスのグラースと、職人技が残る街である日本のトウキョウ。

2つの街から命名した「GRASSE TOKYO」は、グラースから届いた香りを日本人のために調合し、Made in JAPANにこだわったものづくりを行っています。

香りにこだわったシャンプーやボディケアも人気ですが、100%植物(農産物)由来原料のアルコールを使用したナチュラルディフューザーもおすすめ

ボトルと、カラーリングされたリードスティックがさし色になり、インテリアとしても楽しめます。

ボトルいらず、荷物にならないフレグランス

4

フレグランス リード スティック 全7種類 各7本入り 370円(税抜)

旅行や出張先に同じ香りを持っていきたい。でも、重さや破損が気になるボトルは持って行きたくない。それが叶うのが「フレグランス リード スティック」です。

アロマの入ったボトルから、リード部分だけをぬいて持参したような手軽さで、いつもの香りが楽しめます。

商品は、リード7本のみがパッケージされています。ボトルに入れなくても香るのかと、最初は心配になりましたが、通常のディフューザーと変わらない香りが広がります

約1〜2日、香りをキープ

shutterstock_306147350

image via shutterstock

アロマボトルが不要なので、使い方はさまざま。ドライフラワーやブリザーブドフラワーの間に1本さしてみたり、ペンケースに一緒に立ててみたりと、場所を選ばず香りが楽しめます

使用環境にもよりますが、約1日~2日香りをキープ。気分を変えたいときに、手軽に他の香りにチェンジできるのも魅力です。価格も7本入りで370円(税抜)とお手頃。

「急な来客時に、あいた花瓶や瓶などにさっと入れるだけで、ふわっと香りが漂いますよ」と、「GRASSE TOKYO」の藤井さん。なんといっても、ボトルを倒して、オイルがこぼれてしまう心配がないのが、うれしいポイントです。

デスクの隅にそのまま1本おいてもやさしく香ってくれるので、楽しみ方が広がりそうです。

香りの力でリラックス

音・光・香りを使って「眠る力」を呼び起こす。心地よい眠りのための最新アイテム

音・光・香りの3要素により睡眠環境を最適化し、快眠へ導いてくれる「Sleepion(スリーピオン)」。五感のうちの三感(聴覚、視覚、嗅覚)の環境づく...

https://www.mylohas.net/2018/08/171961sleepion2.html?test201808

15時〜22時に合う香りってなに? 新感覚の和フレグランス

5月にデビューした、香りのブランド「IZUMI KAN」。「香りを着る」をテーマに掲げ、その香りと合う色やファッション、時間帯までを提案してくれるの...

https://www.mylohas.net/2018/08/171617_izumikan.html?test201808

GRASSE TOKYO

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    6. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    10. 「外陰部の腫れ」は悪性がんの恐れも。セルフチェックの方法は?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    10. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?