1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. オーガニックの世界基準「COSMOS認証」されているコスメはどうすごい?

オーガニックの世界基準「COSMOS認証」されているコスメはどうすごい?

1,799

小竹美沙

ナチュラル&オーガニックに機能性を追求したコスメブランド「Bior Organics Japon(ビオールオーガニクスジャポン)」がデビューします。

b

プロデュースしたのは、大分放送でアナウンサーとして活躍していた工藤由美さん。

「どちらかというと、メイクは苦手でした。一日中外で撮影すると、メイクはドロドロになるし、長い現場では肌の乾燥もヒドくて、お直しするのにひと苦労。私は、幼いときからアトピー持ちで乾燥肌だったこともあり、メイクは楽しいものというより大変なものでした」と振り返ります。

退職後、メイクを大変なものから楽しいものにすべく、自分で会社を立ち上げ理想のアイテムを追求し始めます。

そもそも、コスモス認証マークって?

「Bior Organics Japon(ビオールオーガニクスジャポン)」は国産エコサートコスモスオーガニック認証ブランドです。

COSMOSは、Cosmetic Organic Standardの略称です。フランスの「COSMEBIO(コスメビオ)」と「ECOCERT(エコサート)」ドイツの「BDIH(ドイツ化粧品医薬品商工連盟)」イギリス「Soil Association (英国土壌協会)」、「ICEA(イタリア)」の5つの団体の国際基準を取りまとめたもの。

これら5つのオーガニック認証団体が設けていた個別の基準は、2016年10月で終了しているそう。 今では、COSMOS認証がオーガニックの世界基準となり、オーガニック認証を取得するハードルは高くなってきています。

オーストラリア農水省も注目する成分

そんななかでコスモス原料認定を取得したのが、センチペダクニンガミーとよばれるオーストラリア原産の薬草から抽出された「CCプラントリンエキス」

抗酸化と抗炎症のエビデンスを持つ独自の植物エキスで、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の合成をうながし、肌のハリを保ち、肌の水分保持の役割を果たしてくれるそう。

最大のポイントは、活性酵素をうけたときに「身代わり成分」となってくれるところ。細胞の代わりに酸化することで、肌細胞をダメージから守ります

センチペダクニンガミーの研究開発には、国立西シドニー大学のリーチ博士が開発にあたっていて、オーストラリア農水省も開発をバックアップしています。アンチエイジングの特許を持つコスモスオーガニック原料は、日本では唯一グレイスプラスしか処方することができない成分です。

パウダー仕上げ不要。進化形ファンデーション

いちばんのオススメは、プラントリンCCを配合したファンデーションSPF50+/PA+++(リフィル3,800円、ケース1,200円)です。

顔を洗って基礎化粧をしたあと、下地や日焼け止めなしでのせることができ、仕上げのパウダーは不要。リキッドなのに、肌につけると余分な水分が揮発して、サラサラとパウダリーのようなテクスチャーに変わります。これは、低分子の美容液成分が角質層へ浸透し、高分子パウダーは浸透せず、分離して肌に密着するから。

パウダーは国産アコヤ真珠パウダー、富岡産シルクパウダーなど100%天然由来成分です。 さらに、ケース内のプレートを軽く押すと下からリキッドが押し出される「エアレスクッションケース」を採用しているため、リキッドの酸化を防ぎ、清潔な状態に保ちます。

パウダーだけのお直しに比べると、乾燥しにくく、重ねづけしても「厚塗り感」がないのも魅力です。

a

他に、プラントリンCCを処方したオールインワンセラム(6,800円)、EXブースターローション(4,800円)、ピュアオリーブスクワラン(3,500円)が揃います。ライン使いして、プラントリンCCの力を感じてみたいと思います。

ナチュラルにこだわって選ぶスキンケア

汗ばむ季節の必需品。成分にこだわって選ぶデオドラント3選

汗をかく季節のエチケットとして欠かせないデオドラント(制汗剤)。体に吸収されても安心安全なオーガニック成分で作られたアイテムをご紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/06/169067deodorant.html

ナチュラルなシュガースクラブ3選。ベースは塩より砂糖がおすすめ

ひじ、ひざ、かかとなど気になる角質をやさしくオフして、柔らかなツヤ肌へ導いてくれるナチュラル成分のシュガースクラブをご紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/07/169071sugar-scrub.html

[グレイスプラス(ビオールオーガニクスジャポン)]

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由