1. Home
  2. EAT
  3. お米と一緒に炊くだけ。漢方を気軽に取り入れる「和漢ごはん」

お米と一緒に炊くだけ。漢方を気軽に取り入れる「和漢ごはん」

4,102

知恵子

お米と合わせて炊くだけで、和漢食材入りのごはんが楽しめる。本格派でヘルシーな、「和漢ごはんの素」が便利です。

漢方専門店の和漢ごはんの素

kannsyoku01

忙しい毎日。なるべく手間ひまかけずに、でもしっかりと栄養補給はしたいもの。

ニホンドウ漢方ブティックの「漢食」は、種子・果実・根など、さまざまな種類の和漢食材をタイプ別にブレンドしてパッケージしています。

ニホンドウ漢方ブティックは、漢方をモダンに表現し、より健康で充実した生活を送る「漢方ライフスタイル」を提案しているブランドです。

気軽に漢方相談ができるショップはもちろん、世界で初めての漢方ライフスタイル提案型複合ショップ「ニホンドウ漢方ミュージアム」や、漢方を基礎から学ぶ「薬日本堂漢方スクール」、さらに「薬膳レストラン10ZEN」なども展開中。

漢食は、そんな漢方専門のお店が自信をもって販売している和漢ごはんの素。素材とブレンドに強いこだわりを感じる商品なのです。

たとえば漢食の「元気食」は、パワーチャージによい高麗人参やナルコユリ、胃腸の不調や食欲不振時におすすめのフジマメの種子。栄養価が高く、中国や東南アジアではおしるこやかき氷のトッピングとして使われている蓮の実がブレンドされています。

充実のラインナップ

shutterstock_131308940

image via shutterstock

「美容食」には、アメリカではゴジベリーと言われ、スーパーフードとして海外モデルも愛用しているクコの実や、元気を補うイズイ、ナルコユリ、むくみや便秘解消の効果が期待されるユリ根がブレンドされています。

クセのない味わいで、自然な甘みが感じられるから、漢方特有の苦みが苦手という人もおいしく食べられそう。

kannsyoku02

「元気食(漢食)」 価格:500円(税抜) 内容量:30g 原材料:蓮の実(殻を除いた種子)、ナルコユリ、フジマメの種子、高麗人参。「美容食(漢食)」 価格:500円(税抜) 内容量:30g 原材料:イズイ、クコの実、ナルコユリ、ユリ根

漢食にはほかにも、「補力食」、「温暖食」、「軽快食」、「気巡食」があります。ラインナップも豊富にそろっているので、自分の目的や希望に沿ったブレンドが見つかるはず。どれも1回分30gとお米と合わせて2合にして、一晩浸けてから炊くだけ。簡単に栄養補給が叶います。

いつも忙しい女性の味方、漢食は公式オンラインショップから購入できます。

日常にもっと漢方を取り入れよう

便秘や生理不順にもタイプがある。漢方で改善したい6つのこと

難しそうなイメージがある漢方。実はそんなことはなく、女性の不調によく効くと言われる心強い味方です。漢方の基本から、どんなことに効くのかまでをご紹介し...

https://www.mylohas.net/2018/09/174388kampo.html

夏を乗りきるために覚えておきたい「漢方」の3つの教え

毎日の暮らしがもっと心地よくなる、“漢方生活”のより入れ方を紹介。夏を乗りきるために抑えておきたい3つの漢方の教えとは?

https://www.mylohas.net/2018/08/172844kampo.html?test201808

ニホンドウ漢方ブティック

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析