1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. “おいしくいただける素材”から作られる「shiro」から、高機能スキンケアが登場

“おいしくいただける素材”から作られる「shiro」から、高機能スキンケアが登場

林 ゆり

180712_0046

酒かすやがごめ昆布など、おいしくいただける素材からシンプル処方で作られる「shiro」から、厳選した植物エキスやオイルをブレンドした高機能スキンケアが登場します。

厳選したエキスをたっぷり詰め込んだ2層のオイル美容液

「自分たちが毎日使いたいものを作ること」という信念のもと製品開発を行っている「shiro」では、素材探しも自ら行っています。その素材の持つ効果を最大限に生かす処方を追求し、今回誕生したのが『タマヌ オイルインセラム』です。

TAMANU2

古来より皮膚の健康や美容のために使用されているタマヌオイルを配合し、「shiro」を代表する素材の酒かすやダマスクバラ花水をベースに、クリアな肌に導く植物エキスを贅沢にブレンド。

今回は初めて、和漢植物として有名な“ウラルカンゾウ根エキス”が配合されました。カンゾウの根に含まれるグリチルリチン酸は、肌を守る効果が高く、肌を健やかに保ってくれるそう。酒かすの保湿効果に肌を整える効果がプラスされたオイル美容液です。素材のカンゾウにもこだわり、北海道訓子府町(くんねっぷちょう)産の無農薬のものを使用しています。グリチルリチン酸の含有量が平均的なカンゾウの1.5倍の3.0%で、より素材の効果を実感できそうです。

化粧水の前に2層を混ぜてなじませる

tamanu01

『タマヌ オイルインセラム』は、2層式のオイル美容液なので、使用するときは白濁するまでボトルをよく振り混ぜ合わせます。水分と油分が混じることにより肌なじみがアップ。手のひらで肌を温めるように包んで顔全体にやさしくなじませます。顎先から頬、フェイスラインへ向かって手を滑らせるように数回マッサージすると、より透明感を感じられるそう。乾燥が気になる部分には重ねづけをし、その後、化粧水など、いつものケアをするのがおすすめ。外的ストレスを受けやすい肌のトーンを整えながら、うるおいキープしてくれます。 独特な香りが残るので好き嫌いはあるかもしれませんが、効いてそうな気がしてワクワクしてしまいました。

紫外線やエアコンでダメージを受けた肌に、外からも和漢植物の恵みでケアするという驚きの新製品。お肌が潤ったら、秋メイクののりもよくなりそうですね。がごめ昆布アイライナーが新登場したり、ポイントメイクのカラーが増えたり、テクスチャーが以前より使いやすくなっていたりと、ポイントメイクも見逃せません。

TAMANU

タマヌ オイルインセラム 30ml 15,000円(税抜)2018年10月4日発売

eyeliner

がごめ昆布アイライナー 4色 3g 3,800円(税抜)2018年9月6日発売

漢方で改善したい体の不調は?

「だるい、疲れる」とき、隠れた病気がないか要チェック

前回は「乳がん検診のマンモグラフィではがんが見つからないおっぱい」について、お届けしました。今回のテーマは、「女性のための漢方」についてです。

https://www.mylohas.net/2018/08/strategy29.html?test201808

つらい「冷え性」は漢方で改善できる?【Vol.2】

漢方に関するさまざまな疑問をあきば伝統医学クリニック院長で、千葉大学柏の葉東洋医学センター医師の秋葉哲生先生に直撃。ココロとカラダの不調を改善してく...

https://www.mylohas.net/2017/09/064901kanpo_02.html?test201808

shiro

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. ぐぎっ、腰が痛い! ぎっくり腰! そんなときどうする?

    5. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    8. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 病院にはウイルスがいっぱい! 院内感染を防ぐ5つの対策

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由