1. Home
  2. PRESENT
  3. うねりも枝毛も大丈夫。お悩みヘアをサラサラに導くオーガニックヘアケア【プレゼント】

うねりも枝毛も大丈夫。お悩みヘアをサラサラに導くオーガニックヘアケア【プレゼント】

4,806

知恵子

体だけでなく、頭皮の汗も気になるから、頭皮ケアは欠かせません。そのうえ、枝毛や、切れ毛にも悩みだしたら、ぜひ使いたいのが、ドイツのオーガニックコスメブランド「LOGONA(ロゴナ)」より発売中のヘアリペアオイルです。

ドイツのオーガニックヘアケア市場No.1

640_480_LOGONA_02

植物の穏やかでパワフルな力を信じ続け、ナチュラルコスメのパイオニアとして、絶え間ない研究開発と改善を積み重ねているロゴナは、今年でちょうど40周年。2017年11月には、持続可能な世界を目指し、環境保護への責任にコミットするブランドに贈られる、グリーンブランドの2度目の受賞を果たしています。

顔から体全体、髪と頭皮、効果的なエイジングケア、メイクアップ、健康食品やアレルギー患者向けの医療品など、さまざまな製品を展開しているブランドですが、なかでも注目なのが、ナチュラルな洗浄成分でのヘアケア製品をいち早く開発したこと。さらに、本国ドイツの「オーガニックヘアケア」市場ではシェア41.7%で第1位。姉妹ブランドのサンテと併せると54.8% にものぼるとか。その人気の秘訣は、ノンシリコンなのはもちろん、ハーブのレシピで髪と地肌を根本から健やかに整えてくれるところ。そのため、ドイツだけでなく、日本でもリピーターが増えています。もちろん、「ヘアリペアオイル」もそのひとつ。

スキャルプケアもできる

640_480_LOGONA_01

世界で最も厳しいレベルのオーガニック認証であるNATRUEの認定を受けている、「ヘアリペアオイル」。特長成分には、保湿効果やエイジケアに優れた、オーガニックのインカインチがあります。インカインチはインカピーナッツとも呼ばれる南米産のナッツの一種で、グリーン色のナッツから抽出するエキスは、飲む美容液とも言われるほど。さらに、エイジングケアオイルとして人気の高いオアルガンや、ミネラルが豊富なオホホバ、お肌に潤いを与え、穏やかに整えてくれるアロエなど、さまざまなこだわり成分が配合。オイルなのに軽い使い心地で、ダメージヘアがサラサラの仕上がりになるだけでなく、うねって広がりやすい髪の人や、キューティクルケアにもおすすめです。ちなみに、頭皮クレンジングでは髪質によって仕上がりが変わり、ネコ毛は根元がたちあがり、ボリュームがアップ。うねる広がる髪は、落ち着いてきれいにまとまります。

このように、傷んだ髪の集中補修はもちろん、スキャルプケアアイテムとしても愛用しながら、ふんわりサラサラの美髪を目指しませんか?そこで今回は、「LOGONA ヘアリペアオイル」を3名様にプレゼントします。

【プレゼント詳細】

  • 当選者数:3名様
  • 応募締切:9月9日
  • 当選発表:9月10日
  • プレゼント提供:ロゴナ

【商品詳細】

  • 商品名:ヘアリペアオイル
  • 内容量:75ml
  • 価格:3,000円(税抜)

↓応募はこちら↓

    specialbunner

    Ranking

    1. 腹痛や急にトイレに行きたくなる。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    2. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    3. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    4. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    5. いまこそ知っておきたい、「生理」と「ピル」の基礎知識

    6. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    7. 「自分は大丈夫」と思わないで。がんを克服した9人のアドバイス

    8. 防水なのに蒸れない。ザ・ノース・フェイスが開発したウエアが革新的!

    9. 同僚へのミスの指摘。「敵」と見なされないために気をつけたいこと

    10. トレーナーに聞いた! 結果が出る筋トレとは?

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    4. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    5. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    6. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    7. 腹痛や急にトイレに行きたくなる。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    8. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    9. 何十年も熟睡できなかった男性が行き着いた、究極の快眠方法とは?

    10. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    8. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    9. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    10. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験