1. Home
  2. BEAUTY
  3. 発見すると気分が上がる、「意外なところにハート型!」

発見すると気分が上がる、「意外なところにハート型!」

株式会社コーセー

heart2

image via Shutterstock

女性は、いくつになってもやっぱりハートモチーフが大好き。ふっくらとしたあのかたちを見るだけで、自分の心までふんわり優しくなれる気がします

夢の国の隠れキャラクターのように、身のまわりの意外なところでハート型を見つけると、気分も上がって思わずHAPPYに。ついつい友達に教えたくなってしまいます。

発見! 意外な「隠れハート」3つ

北マーレ環礁の島(モルディブ共和国)

moldive

image via Shutterstock

エメラルドグリーンの海と、真っ白いビーチに囲まれたハート型の島は、モルディブの北マーレ環礁に浮かぶリゾートアイランド。島をぐるりと一周しても15分の、こじんまりとした楽園です。こんなに美しい島で休暇を過ごせたら、きっと素敵なできごとに出会えそう。

屋久島のウィルソン株(鹿児島県)

shutterstock_1152778751

image via Shutterstock

深い屋久杉の森を分け入って、目指すは巨大な切り株のなか。ある角度から外を見上げると……そこにはなんと、木々の緑と空で彩られたハートが! 自分の脚でそこまでたどり着いたという達成感と美しい木漏れ日に、感動もひとしおです。

ハート型のつり革(伊豆箱根鉄道)

heart

画像:伊豆箱根鉄道

3つめはちょっとユーモラスなハート型。神奈川県の小田原・箱根地区と、静岡県の伊豆地区を走る伊豆箱根鉄道には、ハート型のつり革が隠れています。取りつけ場所がランダムに変わるので、見つけられたら本当にラッキー。“ハート型のつり革を握ると恋が叶う”との噂もあるそうですよ。

私たちにもあった! 隠れハート

イラスト

見つけるだけで気分があがるハート型、じつは私たちの表情のなかにも潜んでいました

年齢を重ねた肌は、頬のハリツヤが失われ、平面的に見えてしまいます。でも、頬の高い部分に輝くツヤと、ふっくらしたハリを取り戻せば、顔は立体的なシルエットを描きます。しあわせな印象をもたらすそのかたちは、まるでハート型そのものです。

ハリツヤのある肌に導くスキンケア

LECHERI_置き_集合_0309

理想的なハリツヤのある肌に導くには、 新開発の「イオン化カプセル(※1)」が配合された「ルシェリ」のスキンケアがおすすめ。プラスにチャージされた「イオン化カプセル」が、マイナスを帯びた肌にぐんぐん引き寄せられ、溶け込むように浸透(※2)していきます。角層の最下層にまで、うるおいコラーゲンケア成分をしっかり連れて行き、肌奥(※2)からグッと押し上げるようなハリ肌に

化粧水と乳液は、「しっとり」「とてもしっとり」「特濃」の3タイプ。「特濃」は化粧水なのに美容液のような感触で、乳液はクリームのようなこっくり感があります。毛穴のザラつきをクリアにする酵素洗顔パウダーや、手軽にうるおいとツヤをオンするスティック状美容液は、まさに今「コレ、欲しかった!」と思える手応えと使いやすさ。オフィスの寒暖差や乾燥でコンディションを崩した肌を整え、なめらかな印象に仕上げてくれます。

ルシェリ」の“ハートリフト”(※3)で顔の印象が変わったら、気になるエイジングサインも克服できそう。鏡で見つけるたびに、私自身をしあわせにしてくれる隠れハートが、きっと自信に満ちた日々へと導いてくれるはずです。

(※1 肌親和性カプセルのこと ※2 角層まで ※3 頬にハリツヤを与え、ハートのようなふっくらとした印象がアップすること)

ルシェリ

文/田邉愛理

    Ranking

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    6. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    7. 乳製品不使用でもこっくり濃厚。クリームを使わないクリームパスタ

    8. これって老眼のはじまり? 目に不調を感じたら気をつけたいこと

    9. どう摂ればいい? 美容と健康を底上げし、ストレスから私たちを守る「ビタミンC」

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. 猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」

    6. 乳製品不使用でもこっくり濃厚。クリームを使わないクリームパスタ

    7. すぐに真似してみたい。こぐれひでこさんのアイデアいっぱいサラダ7選

    8. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    9. オンラインで広がったヨガの可能性。モデル・野沢和香さんが次に挑戦したいことは

    10. 上げたいのは「免疫力」。健康を底上げする新キーワード「デカン酸」に注目

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. 歯磨きが睡眠に与える影響は? 寝る前に絶対やっていはいけないこと

    6. 調査でわかった。「男性が本当にほしいギフト」と「女性が贈りたいギフト」は一致していた

    7. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    8. 頭痛持ちの人が「やらないほうがいいこと」4つ。えっ、クラシック音楽も!?

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 脚も環境も喜ぶサスティナブル・スニーカー。いっぱい歩いても、なんなら走っても大丈夫