1. Home
  2. EAT
  3. 突如、牛丼が食べたくなって【こぐれひでこの「ごはん日記」】

突如、牛丼が食べたくなって【こぐれひでこの「ごはん日記」】

こぐれひでこの「ごはん日記」

8,998

こぐれひでこ

AZhuJ

【8月22日】朝ごはん:突如、牛丼が食べたくなって(ひゃ〜、こんなことがあるなんて!)作って食べました。「吉野家」とか、お店で食べた経験がわずかなので、いわゆる牛丼味になったかどうか、自信はないけど。漬物(水ナス、カブ)。快晴。暑さが戻ってきた! ガクッ。

ninMX

昼ごはん:朝食時間が遅かったので、昼食時間も遅い3時。仕事の進行、不調。食欲もさほどない。昨夜残ったラムステーキとフライドポテトとレタス、フレンチマスタード、ケチャップを挟んだサンドイッチ。食欲がないと感じながら完食。

IHJpT

その上スイカも食べきった私。なかなか実力者かも。

LW2rZ

夜ごはん:仕事進行、不調変わらず。TORU君は不在だし、お腹は空いていないし……ビールだけ飲んでお終いにしようと早寝する。

>>こぐれひでこの「ごはん日記」をもっと読む

>>今日作りたくなる簡単ヘルシーな旬レシピを多数掲載中

15分で完成。イカとトマトの炒め物で貧血予防

目にもおいしい、イカとトマトの炒め物のレシピをご紹介。イカには、悪性貧血を防ぐと言われるビタミンB12がたっぷり入っています。βカロテン豊富なトマト...

https://www.mylohas.net/2018/08/173345diet_recipe.html?test201808

バリッ、シャキシャキ! ベトナムおつまみ“バインセオ”【TOKYO VEGAN】

ベトナム料理のバインセオ。パリパリの生地の内側に、豚肉やエビなどとともに、もやしやネギなどのシャキシャキ野菜がたっぷり包まれ、ミントやパクチーなど香...

https://www.mylohas.net/2018/08/173385banhxeo.html?test201808

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由