1. Home
  2. EAT
  3. 鮎の赤煮というのを作ってみた【こぐれひでこの「ごはん日記」】

鮎の赤煮というのを作ってみた【こぐれひでこの「ごはん日記」】

こぐれひでこの「ごはん日記」

6,399

こぐれひでこ

nEyUq

FQJS7

【8月18日】朝ごはん:昨日だけかと思ったら、今朝もまた爽やか。お化けキュウリと油揚げを炒め煮にしてみました。いいかも、これ。

MZZuP

アジの干物、ぬか漬け、冷奴、ご飯、味噌汁(オクラ、ねぎ、油揚げ)。TORU爺さんは寝ているので、そのまま放置して、買い物ドライブに出かける。

0oBOe

「すかなごっそ」へ行ったら、野菜が高い! 品物が少ない。豊富なのはナスばかりなり。トマトも少なくて、青さが残ったものが売られている。農産物も不作であることを実感。

昼ごはん:日陰で休むと涼しいこと! 海風が気持ちいい。充麦で買ってきたエピとあんぱんを半分ずつ食べる。飲み物はカンパリオレンジ。

nEyUq

夜ごはん:脈絡なく食材を買ってきてしまったので、どんな献立にしたらいいのか、頭クラクラ。「食彩の王国」でちょっと前にやっていた、鮎の赤煮というのを作ってみた。美味しいけど、残念なことに我が家の鮎(買ってきた)は鮮度が落ちる。

jP0m9

ゴーヤーと玉ねぎの卵炒め(ごま)。

tDVpI

海苔にご飯とウニを載せてウニの手巻き寿司。

ZCyGp

水ナスの漬物、ナスの味噌汁。

>>こぐれひでこの「ごはん日記」をもっと読む

>>今日作りたくなる簡単ヘルシーな旬レシピを多数掲載中

夏ダイエットに効く! スーパーフードで作るエスニック料理&スイーツ

今回は、身近にあるスーパーフードを使った、野菜たっぷりヘルシーなエスニック料理と、砂糖と乳製品を一切使用しないココナッツアイスクリームの作り方を紹介...

https://www.mylohas.net/2018/08/173160ethnic.html?test201808

15分で完成。イカとトマトの炒め物で貧血予防

目にもおいしい、イカとトマトの炒め物のレシピをご紹介。イカには、悪性貧血を防ぐと言われるビタミンB12がたっぷり入っています。βカロテン豊富なトマト...

https://www.mylohas.net/2018/08/173345diet_recipe.html?test201808

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由