1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. ニコール・キッドマンのヘアスタイリスト監修のヘアケア・コスメ

ニコール・キッドマンのヘアスタイリスト監修のヘアケア・コスメ

キュンメルめぐみ

ostories_top

image via Shutterstock

日本では知る人ぞ知るブランド「& Other Stories(アザー・ストーリーズ)」。ヨーロッパでは大人気のブランドなのですが、その愛される理由はどこにあるのでしょうか?

H&Mの傘下ブランド「& Other Stories」

「& Other Stories」で扱っているのは、アクセサリーや靴・カバンをはじめとするアクセサリー、またリネンのベッドカバーやキャンドル、バス製品などを含めた生活雑貨一般です。

ブランドの発祥地は、“ラゴム”と呼ばれる「 多すぎず少なすぎず、ちょうどよい」ライフスタイルが好まれているスウェーデン。かわいらしくて使い勝手がよく、デザイン性の高さからも注目を浴びています。

次に注目したいライフスタイルは、スウェーデンの「ラゴム」

今年新たに注目したい、北欧スウェーデンのライフスタイル「ラゴム」。ざっくり訳すなら「多すぎず、少なからず」という意味。言い換えれば「ほどほどに」とい...

https://www.mylohas.net/2017/12/066621lagom-swedish.html?test2018a

実は「& Other Stories」は同じくスウェーデン発の企業であるH&Mの傘下です、ティーン向きのH&Mに比べ、年齢層がやや上の「お姉さんブランド」。

生活をもっと快適に、もっと気持ちよく、そしてもっと自分らしくあるためのコンセプトを提供してくれるところが人気の秘密です。

スター・ヘアスタイリストが監修のヘアケア製品に注目

0GettyImages-963638226

Photo by Getty Images

洋服もバッグも、そして靴もコスメももちろん素敵なのですが、でも一番心が魅かれるのはやはりヘアケア製品。ニコール・キッドマンのヘアスタイリストのKylee Heathがヘアケア製品を監修したとあって、大きな注目を浴びています。

Kylee Heathさん(@kyleeheathhair)がシェアした投稿 -

パッケージも女性らしく、一番高いものでも17ユーロ(2000円ほど)というのも魅力的です。

ヘアケアラインには「髪質改善」「すべての髪質の女性用」「ボリューム」の3種類を用意。個人的に一番気になるのは「ヘアボリュームスプレー」。

まるでベビーパウダーのような細かな粒子が飛び出し、元気のない部分に吹きかけて軽くマッサージするだけで、フワッと仕上がります。特に後頭部が絶壁だと、すぐにぺちゃんこになってしまうので、出かける時にバッグに入れておくと便利だと思います。

日本ではネットでも購入可能。海外にはショップもありますので、ぜひ気になった方は一度のぞいてみてください。

髪質改善が気になる人はこちらもチェック

そのサプリ、意味ある? 肌・髪・爪のためのサプリメントの真実

最近よくある髪や爪のためのサプリ。専門家が直々に教える、ビオチンやケラチンなどポピュラーなものについての真実を伝えます

https://www.mylohas.net/2018/07/170430skin.html?test201808

寝る前に気をつけたい、髪にダメージを与える5つの原因

髪がダメージを受ける原因は様々。よくやってしまう間違いと、健康的な髪の毛で朝を迎えるためのポイントをご紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/06/169480hair.html?test201808

& Other Stories

    specialbunner

    Ranking

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    3. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    4. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    5. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    6. 簡単ドーシャチェックで、あなたのアーユルヴェーダ体質を診断!

    7. やせる体を作る方法。100回の腹筋よりおすすめの運動って?

    8. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    9. 毎日たった2分。美顔器で顔のコリをほぐして、たるみをアップ!

    10. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    3. 深い眠りが脳の大掃除をしてくれる!?

    4. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    5. インフルエンザ対策、ここがポイント。ピークが来る前にどう防ぐ?

    6. 低カロリーなのに、お昼までお腹が空かない! ヘルシー朝食9選

    7. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    8. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!

    9. 「確実に効果が出る」筋トレとは? 初心者でも大丈夫

    10. 管理栄養士が教える、風邪予防におすすめな食材ベスト3

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    5. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    6. 隣の部屋に人が寝ているとき。バレずに性行為を楽しむには?

    7. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    8. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    9. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    10. 甘いもの、こってりしたものが欲しいとき。代わりに食べるといい食品5