1. Home
  2. BEAUTY
  3. ニコール・キッドマンのヘアスタイリスト監修のヘアケア・コスメ

ニコール・キッドマンのヘアスタイリスト監修のヘアケア・コスメ

1,100

キュンメルめぐみ

ostories_top

image via Shutterstock

日本では知る人ぞ知るブランド「& Other Stories(アザー・ストーリーズ)」。ヨーロッパでは大人気のブランドなのですが、その愛される理由はどこにあるのでしょうか?

H&Mの傘下ブランド「& Other Stories」

「& Other Stories」で扱っているのは、アクセサリーや靴・カバンをはじめとするアクセサリー、またリネンのベッドカバーやキャンドル、バス製品などを含めた生活雑貨一般です。

ブランドの発祥地は、“ラゴム”と呼ばれる「 多すぎず少なすぎず、ちょうどよい」ライフスタイルが好まれているスウェーデン。かわいらしくて使い勝手がよく、デザイン性の高さからも注目を浴びています。

次に注目したいライフスタイルは、スウェーデンの「ラゴム」

今年新たに注目したい、北欧スウェーデンのライフスタイル「ラゴム」。ざっくり訳すなら「多すぎず、少なからず」という意味。言い換えれば「ほどほどに」とい...

https://www.mylohas.net/2017/12/066621lagom-swedish.html?test2018a

実は「& Other Stories」は同じくスウェーデン発の企業であるH&Mの傘下です、ティーン向きのH&Mに比べ、年齢層がやや上の「お姉さんブランド」。

生活をもっと快適に、もっと気持ちよく、そしてもっと自分らしくあるためのコンセプトを提供してくれるところが人気の秘密です。

スター・ヘアスタイリストが監修のヘアケア製品に注目

0GettyImages-963638226

Photo by Getty Images

洋服もバッグも、そして靴もコスメももちろん素敵なのですが、でも一番心が魅かれるのはやはりヘアケア製品。ニコール・キッドマンのヘアスタイリストのKylee Heathがヘアケア製品を監修したとあって、大きな注目を浴びています。

Kylee Heathさん(@kyleeheathhair)がシェアした投稿 -

パッケージも女性らしく、一番高いものでも17ユーロ(2000円ほど)というのも魅力的です。

ヘアケアラインには「髪質改善」「すべての髪質の女性用」「ボリューム」の3種類を用意。個人的に一番気になるのは「ヘアボリュームスプレー」。

まるでベビーパウダーのような細かな粒子が飛び出し、元気のない部分に吹きかけて軽くマッサージするだけで、フワッと仕上がります。特に後頭部が絶壁だと、すぐにぺちゃんこになってしまうので、出かける時にバッグに入れておくと便利だと思います。

日本ではネットでも購入可能。海外にはショップもありますので、ぜひ気になった方は一度のぞいてみてください。

髪質改善が気になる人はこちらもチェック

そのサプリ、意味ある? 肌・髪・爪のためのサプリメントの真実

最近よくある髪や爪のためのサプリ。専門家が直々に教える、ビオチンやケラチンなどポピュラーなものについての真実を伝えます

https://www.mylohas.net/2018/07/170430skin.html?test201808

寝る前に気をつけたい、髪にダメージを与える5つの原因

髪がダメージを受ける原因は様々。よくやってしまう間違いと、健康的な髪の毛で朝を迎えるためのポイントをご紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/06/169480hair.html?test201808

& Other Stories

    Ranking

    1. 「ハーブ栽培の天才」になろう。コツは一つもいりません

    2. 人生の「雨季」は必ず終わる。精神科医モタ先生の心が晴れる言葉

    3. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    4. 「やる気がでない」は鬱ですか...? 精神科や診療内科、カウンセリングルームへ行くべきか

    5. シリコーン製保存容器「stasher」と「Zip Top®」を使ってみたら、保存だけでなく調理にも大活躍だった

    6. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    7. シャキシャキ感がうれしい「スナップエンドウ」が主役になるレシピ3つ

    8. 「脚の重だるさ」がスッキリ。むくむ5つの原因と簡単ストレッチ

    9. 2021年5月10日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    10. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    1. 「ハーブ栽培の天才」になろう。コツは一つもいりません

    2. 癒しの緑をキッチンにも。最適な3つの観葉植物とは?

    3. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    4. シャキシャキ感がうれしい「スナップエンドウ」が主役になるレシピ3つ

    5. 「脚の重だるさ」がスッキリ。むくむ5つの原因と簡単ストレッチ

    6. 人生の「雨季」は必ず終わる。精神科医モタ先生の心が晴れる言葉

    7. シリコーン製保存容器「stasher」と「Zip Top®」を使ってみたら、保存だけでなく調理にも大活躍だった

    8. 生理痛の治療に使う「低用量ピル」は2種類。どう違う? 副作用は

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 呼吸も心もクリアに。インテリアグリーンとの暮らし方5選

    1. 「ハーブ栽培の天才」になろう。コツは一つもいりません

    2. お肉に添えても、そのままでも。春キャベツのおいしい季節は、冷蔵庫に「白バルキャベツ」を

    3. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. 癒しの緑をキッチンにも。最適な3つの観葉植物とは?

    6. 「素材のつくりおき」で幸せ貯金。大原千鶴さんが教える持続可能な料理

    7. 片付けられない人の最後の駆け込み寺。石阪京子さんが教える「3日間集中片付け術」

    8. 【心理テスト】あなたの人気ポイントはこちらです

    9. シャキシャキ感がうれしい「スナップエンドウ」が主役になるレシピ3つ

    10. 人との間に「健全な境界線」を引く方法。「気遣いさん」は疲れてしまう前にやってみて

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら