1. Home
  2. BODY
  3. あなたの汗、大丈夫? 健康に問題のある、気づくべき「体臭」について

あなたの汗、大丈夫? 健康に問題のある、気づくべき「体臭」について

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

11,877

人類とは、基本的ににおう生き物

汗、髪の毛、口、いまいましい足、あまりに多くのパーツににおいがあります。おまけにすごくにおうからといって、必ずしも心配すべきとも限りません(汗をかいたワークアウトの後、私の夫の足はかなりひどいことになってますが、これはいたってノーマル)。

ノーマルではないのは、慣れ親しんだにおいが変わりはじめたとき

1435011383-rbk-sunshine-cleaning

たとえば、ふだんはおしっこのにおいなんて感じていなかったのに、突然尿から甘いにおいがするようになった。あるいは、ウンチのにおいがふだんよりもヒドイとか。

こうしたことは、あなたの健康にとって何か調子の悪いことが起きていて、医者に診てもらったほうがいいしるしかも。そこで、身体のにおいが以下のように変わったと気づいたら、無視せずに医者に相談しましょう

01. おしっこがにおう

shutterstock_152121869

image via shutterstock

通常、尿は無臭か、仮ににおいがあっても、大抵は非常にかすかなアンモニアのようなにおいです、と語るのはサウスカロライナ医科大学産婦人科教授スコット・サリバン医学博士。したがって、わざわざ嗅がなくても尿からぷーんと甘いにおいが漂ってきて、排尿時に痛みを感じるなら、婦人科医に予約を入れましょう。尿路感染症(UTI)の可能性もあり、その場合は抗生物質で治療する必要があります。

もし痛みが伴わないようであれば、原因は食生活にあるかも。「尿のにおいは非常に変化しやすく、1週間のうちに何度も変化することがありますが、これはいたって普通」とサリバン博士。アスパラガスやニンニクといったにおいの強い食品、脱水症状なども尿に影響を与えます。

02. とにかく汗のにおいがとてもひどい

正直にいって、汗からいいにおいがする、なんてことは決してありません。陰毛や腋の下など身体の特定のエリアは、髪の毛や胸、背中にくらべてにおいがキツイのも自然なこと。したがって、この「においの強い」エリアを嗅いで、すぐに心配することはありません。いつもと同じようなにおいなら、おそらく大丈夫。

ただし、もしあまりにおわない部分からいつもより強い変なにおいがすることに気づいたら、注意してください。サリバン博士によれば、嫌ないは、消化に関する問題が原因かもしれないとのこと。「まれですが、そうしたケースがあります」とサリバン博士。原因は、食生活を変えたせいかもしれないし、より高繊維質の食事をとるようにしたせいかもしれませんが、いずれにしても、どうしたらよいか医師にアドバイスをもらいましょう。

03. 朝の口臭がパートナーも逃げるほど

shutterstock_788199355

image via shutterstock

朝の息がくさい原因は、まったくセクシーじゃないですが、寝ている時にいびきをかいているか、口をあけているせいかも。そうしている人はドライマウスになりがちで、口の中の唾液の流れが悪くなっているのが一般的。唾液には、食べかすを取り除き、細菌感染から歯や歯茎を守る役割がある、と言うのは米国歯科医師会広報担当アリス・ボゴーシアンさん。原因がそこにあるなら、対策として歯科医で人工唾液の口腔洗浄薬を処方してもらえるかもしれません。

ドライマウスが原因でない場合、歯の健康に他に問題がないかどうか、歯科医で口の中全体をチェックしてもらいましょう。プラークによって歯茎の病気が起きている可能性もあります、とボゴーシアンさん。歯科で問題がなければ、医師の診断を。ひどい口臭は、副鼻腔炎、肺感染症、気管支炎、胃逆流、へんとう感染、肝臓や腎臓の病など、さまざまな医学的症状のひとつかもしれません。

04. 口臭がフルーツボウルのようなにおい

shutterstock_369143018(1)

image via shutterstock

生ゴミみたいなにおいよりも、だいぶいいにおいだからといって、問題ないとは言えません。息から食料品店のグレープフルーツの販売コーナーで試食したばかりのようなにおいがするなら、すぐに病院で診てもらいましょう。ボゴーシアンさんによれば、糖尿病の可能性があるかもしれないとのこと。

米国心臓協会いわく、タンパク質からあまりに多くのカロリーを摂取すると(これは通常、低糖質の食事をしているケースにあてはまります)、体内に十分なインシュリンがもたらされず、蓄積された脂肪から強制的にエネルギーを燃やしはじめるようになります。脂肪からエネルギーを燃やすとき、ケトンと呼ばれる化学物質が放出されます(多くの人が注目しているケトダイエットのエネルギー源)。

ケトンのレベルがあまりに高くなったときの兆しのひとつが、息がフルーティーなにおいになることで、もしこれが起こると健康には非常に深刻で危険なことになりかねない」とボゴーシアンさん。このにおいは、膣周辺でも顕著にあらわれるとサリバン博士も述べています。したがって性行為中にあなたを悦ばせようとしたパートナーがにおいに気づいたら、これも別の要注意のサインです(サリバン博士いわく、患者の50%のケースで最初に問題に気づいたのがパートナーだったとのこと)。

05. おりものが生臭い

おりものがあるのはノーマル。しかしおりものが固まりで出て、生魚の市場のようなにおいがしたら、これはよくありません。カンジダ膣炎、性感染症(STI)、クラミジアの兆候かも。こうした症状に気づいたらすぐに婦人科医の診断を受けましょう。どの診断にもかかわらず、何らかの治療をする必要があるでしょう。

06. ヴァギナから酸っぱいにおいがする

shutterstock_615366452

image via shutterstock

ほとんどの女性には、ごくかすかに酸っぱいような、あるいはお酢のようなにおいがあり、普通はかなり近くで嗅がない限り、離れた場所からは気づきません」とサリバン博士。でもそのにおいが強くなってきて、生臭い、すっぱい、あるいはかびくさいにおいなら、紛れもなく細菌性膣炎(BV)の兆候です。これは膣に通常見られる細菌(大抵はガルドネレラ)が異常繁殖したことによって起こる炎症です。

「誰にでも起こる可能性があり、その原因のすべてはわかっていません。新しいパートナーと性的な関係を持ったことが原因かもしれないし、睡眠不足や運動不足のせいかもしれません。しかし、この異質な細菌はクラミジアのような悪い細菌が嫌なことをするのを助けるのです」とサリバン博士は述べています。治療は一般的に抗生物質の塗り薬か飲み薬の投与で、ほとんどの場合1週間ほどでよくなります。

07. または性器から何かが死んでいるようなにおいがする

かなりひどい状況とはいえ、あり得ることで、異物(タンポン、女性用コンドーム、ペッサリー)が膣の中に残されているのが原因かもしれません、とサリバン博士。

「こうした異物はよくない細菌を引き寄せはじめ、それが蓄積されてにおいの発生源となっています」。大抵は大きな問題にはなりません。婦人科医で異物を取り出してもらえば、数日でにおいは消えます。

ただし、まれに極端な例として、細菌感染や毒素性ショック症候群(ブドウ球菌による深刻な病気)につながることもあるので注意。においに気づいて、さらに高熱があるなら、ただちに病院を受診してください。

デリケートゾーンのケアきちんとしてる?

デリケートゾーンの悩み対策5つ。おりものや経血の色が意味することって?

人にはなかなか聞けないデリケートゾーンの話。におい、おりものや経血の色や状態の変化、デリケートゾーンが乾燥する? 女性ホルモンの影響? など、ちょっ...

https://www.mylohas.net/2018/07/170794vagina.html?test201808

婦人科医が解説! 本当に膣をきれいにする、正しい方法

女性向けの下用洗浄剤が使えないとなったら、膣をきれいにする最良の方法は何?実はなのもしないのが正解。専門医による解説は?

https://www.mylohas.net/2018/07/170736vagina.html?test201808

Samantha Lefave/Why You Should Never Ignore Sweet-Smelling Urine (or These Other Body Odors)
訳/Maya A. Kishida

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    2. 二日酔いの治し方5つ。飲み過ぎた次の日に効果的な食べ物は?

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    5. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    8. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    9. 死を恐れていませんか? | 禅僧のおことば 21

    10. 12星座別のボディケア。本当にぴったりなアロマの選び方

    1. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    4. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    5. 性欲を高める効果も! ハル・ベリーが実践しているワークアウト

    6. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    7. 医師が教える、便秘4タイプ。「便秘は治療が必要な病気」

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. カリスマ女医が教える、「美肌菌」が増える食事の13か条

    10. 怒りをぶつけてはダメ。人生を豊かにするための、正しい怒り方

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. やっぱりバナナはすごい! 科学が裏付けた健康パワー10

    3. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    7. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    8. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    9. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    10. 食べるだけで3kg減? アーモンド、驚きのダイエット効果6つ

    あなたの汗、大丈夫? 健康に問題のある、気づくべき「体臭」について

    FBからも最新情報をお届けします。