1. Home
  2. STYLE
  3. トウモロコシの芯、絶対犬に与えちゃダメ! 消化管をめちゃくちゃにしてしまう可能性が

トウモロコシの芯、絶対犬に与えちゃダメ! 消化管をめちゃくちゃにしてしまう可能性が

2,932

2年前、わたしがテネシーに住む妹の家を訪れていたとき、ペンシルベニアの自宅にいた彼氏のイヴァンから電話がかかってきました。イヴァンにはわたしの犬マイロの世話を頼んでいたのです。マイロはとてもかわいい黒のラブラドールのミックスで、いつもはお行儀がよいのですが、実はいたずらっ子だったことが判明します。

「もしもしステフ? えーっと心配しないで聞いて、いまはもう大丈夫なんだけど……」

この瞬間、おそらく何か心配すべきことが起きたのだと悟りました

ただのおもちゃのように見えても、手術につながる可能性が

dogcorn0

イヴァンが言うには、シャワーを浴びている最中に、マイロがキッチンカウンターに飛び乗って「トウモロコシを2,3本」食べてしまったそう。大したことないだろうと思ったイヴァンでしたが、念のためググってみたところ、トウモロコシの芯+犬=大問題! ということがわかったのです。

この一見、害のなさそうな食事の残り物は(何も知らなければ、正直トウモロコシの芯なんて、犬がかじるのに完璧なおもちゃのようにみえますが)、犬の消化管をめちゃくちゃにしてしまう可能性があるのです。シリンダー状の形状、そして消化しにくいという事実によって、トウモロコシの芯はいとも簡単に腸閉塞を引き起こします。治療をしないと、この腸閉塞は命に関わることもある、と説明するのは『The Ultimate Pet Health Guide』の著者で獣医師のゲイリー・リヒター医師です。

dogcorn1

image via Shutterstock

実際に最近も、2歳になる愛犬がトウモロコシの芯を食べて、その数日後に死んでしまったというSNSの投稿が話題になりました。飼い主の女性は、はじめは犬が激しく嘔吐していたため、食中毒を起こしたと考えたそうです。しかしのちに行われた解剖と毒物検査の結果により、原因がトウモロコシの芯だったことが判明しました。芯があまりに硬いために消化器を突き破り、内臓出血を引き起こしたというのが、結果的に死因だったのです。恐ろしいですよね。

マイロの場合はラッキーでした。イヴァンはすぐに獣医に連絡、医師の指示にしたがって、嘔吐を誘発させるために過酸化水素の投与を行いました。その結果トウモロコシの芯のかけらが全部排出されたのです。マイロが芯を細かく噛み砕いていたのが幸いしました。

もし愛犬がトウモロコシの芯を食べてしまったら、飼い主は何をすべきか

dogcorn2

image via Shutterstock

しかし、嘔吐を誘発させるというのは、獣医師が特に勧めていない限りは、賢明な処置といえません。「自宅で嘔吐を誘発させるのは、危険性がある」とリヒター医師も述べています。「犬がトウモロコシの芯のような物体を吐こうとして、それが食道にひっかかってしまうと、胃腸の中にあるよりも問題になります

もしあなたの犬がトウモロコシの芯を食べたとわかっている(またはその疑いがある)なら、リヒター医師いわく、最初にすべきことは、すぐに獣医に電話をすること。時間外や週末なら、家の近くにある24時間対応の動物病院にコンタクトしてください。

腸閉塞のしるしに注意する

もちろん、犬が飼い主の見ている前でトウモロコシの芯や何か消化できない物を口にする、というのはめったに起きないはず。したがって腸閉塞が疑われる兆候を知っておくことが、犬の生命を左右するカギとなります。

腸閉塞を起こすと、犬はしばしば食べ物や液体を吐いたり、腹痛を示したり、無気力になったりします」とリヒター医師。「腸閉塞になっても、2,3日はふだんのような便が出るというのも覚えておきたい重要な点です。腸の動きがいつも通りだからといって、問題がないということではないのです」

通常の消化不良による嘔吐と、何か危険なものを食べたことによる嘔吐の違いは、飼い主には判断できません。そこで問題がありそうな気配を感じたら獣医に診てもらうことが重要なのです。何を食べたのかはっきりしない場合でも、すぐに獣医に相談して指示を仰ぐようにしましょう。

ペットにもケアが必要

ペットの死を招くことがある9種の観葉植物

部屋に観葉植物や四季折々の草花を飾るのは、自然を取り入れ、毎日の生活を明るくするすばらしい方法で、おまけに植物は室内の空気をきれいにするのにも役立ち...

https://mylohas.net/2018/04/165165houseplants.html?test201808

ペットとの絆を深める「ドッグヨガ」の魅力

自分の飼っているワンちゃんやネコちゃんと一緒にヨガをする「ペットヨガ」。現在ではさまざまなクラスがあちこちで開校、人気がある様子。さらに5月3日から...

https://mylohas.net/2016/04/053338dogyoga.html?test201808

Stephanie Eckelkamp/Why You Should Never Let Your Dog Eat a Corn Cob
訳/Maya A. Kishida

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 寒いと滅入るのは気のせいじゃない。季節性感情障害(SAD)の乗り越え方8

    3. ダイエット&美肌に、朝1杯の「レモン白湯」がおすすめな理由

    4. 溜め込んだ疲れをスッキリ! 年末の疲労をすばやく回復する方法5つ

    5. 白米を◯◯に変えて代謝アップを狙え。管理栄養士が教える献立

    6. ワクチンとあわせて防御力UP。インフルエンザをよせつけない生活習慣5

    7. SNSに写る横顔の印象はOK? どんな横顔でも凛とした顔でいる方法

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    3. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    4. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    5. 白米を◯◯に変えて代謝アップを狙え。管理栄養士が教える献立

    6. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    7. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    8. ワクチンとあわせて防御力UP。インフルエンザをよせつけない生活習慣5

    9. アルツハイマーを予防する? 驚きの健康パワーを持つオリーブオイルの見分け方

    10. 消防士や警察官も実践! 16秒でできる、緊張感を和らげる方法

    1. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    5. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    9. 肺がんにならないために、今日からできること10

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    トウモロコシの芯、絶対犬に与えちゃダメ! 消化管をめちゃくちゃにしてしまう可能性が

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More