1. Home
  2. MIND
  3. 「色気」を感じさせる、コミュニケーションの必殺技

「色気」を感じさせる、コミュニケーションの必殺技

コミュニケーション術のネタ帳

5,972

neta20180823

こんにちは、TETUYAです。今日使えるコミュニケーションのネタは、「色気のあるコミュニケーション」です。「色気」と聞いてしまうと、ついつい肌の露出を増やしたり、グロスを唇にまとったりと外見的なことをすぐに想像する人も多いかもしれませんが、僕はそれだけじゃないと思っています。もっとシンプルなことに気づいたので、皆さんに紹介したいと思います。

自己啓発サロン主宰のAさん

Aさんは、女性に向けた自己啓発サロンを主宰する30代の素敵な女性。ひょんなことから知り合いになってはや5年。色々と仲良くさせてもらってます。僕の周りでも、Aさんは色気のある人の中でも上位です。ただ、肌の露出が多いかと言われるとそうでもないし、化粧もバリバリやっているかというとそうでもない。初対面の時は、全く色気のある人には見えませんでした。

ところが、話をしながらコミュニケーションを深めていく中で、今では色気のあるイメージにすっかり変わってしまいました。よくよく考えてみると、そのヒントがわかりました。それはアイコンタクト! そう見つめる回数と時間が、絶妙だったということ。どちらかと言うと、見つめる時間が今まで僕が接した人より、気持ち長いことでした。

外見の色気にアイコンタクトが備われば無敵!

冒頭に言ったように、シンプルなスキルだと思いません? 盲点でした(笑)。外見だけ色気のあるモノで着飾ったとしても、結果、コミュニケーション能力が欠けていたら、せっかく着飾ったのに何の意味もありません(苦笑)。やはり、相手と目を、気持ち長く見つめながら話すことで、見つめられた方もドキッとするし、いつしかそれが色気のある人の印象に変わってきます。

僕が経験者だから自信をもって言えます(笑)。これも慣れることが大事なので、日々意識して訓練しないと身につかないスキルです。ただ、あまりに長く見つめ過ぎるのも若干怖いですから、そこは適度に(苦笑)。

>>【コミュニケーション術のネタ帳】をもっと読む

(イラスト・トミムラコタ)

コミュニケーションの上達法

かゆいところに手が届く「お店選び」のヒント #コミュニケーション術のネタ帳

コミュニケーションの達人TETUYAさんの連載「コミュニケーションのネタ帳」。今回のテーマは、仕事はもちろん、プライベートで気遣いを発揮できる「お店...

https://www.mylohas.net/2018/07/170253.html

あの人と話してみたい。職場の気になる人ときっかけを作るには? #コミュニケーション術のネタ帳

コミュニケーションの達人TETUYAさんの連載「コミュニケーションのネタ帳」。今回のテーマは、社内で話しかけたい人がいるときに、いかに自然に話しかけ...

https://www.mylohas.net/2018/06/169226.html

TETUYA

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 女性が食べるとよい10の食材。乳がんリスクを下げやすいのは?

    2. 一品200kcalが目安! 栄養士に習う「低カロリーなおかず」11選

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 自分を思いやっていますか? 禅僧が教える、5秒でできる心の筋トレ

    7. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. 糖質制限ダイエットの正しい方法。お腹いっぱい食べてもOK!

    10. お米を食べないと逆に太る? 糖質制限ダイエットの落とし穴

    1. アル中よりこわい「グレーゾーン飲酒」って? 体験者の告白が壮絶

    2. 体重計ではわからない、実はやせてきている10のサイン

    3. お米を食べないと逆に太る? 糖質制限ダイエットの落とし穴

    4. 女性が食べるとよい10の食材。乳がんリスクを下げやすいのは?

    5. 脂肪や糖の吸収をカットできる成分とは? 普段のドリンク選びのコツ

    6. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. ストレスを抱えやすい人の脳の特徴3つ。イヤなことが頭から離れない...

    9. 体重ばかりにとらわれないで。実はダイエット効果が出ている10の兆候

    10. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    6. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    7. アル中よりこわい「グレーゾーン飲酒」って? 体験者の告白が壮絶

    8. 体重計ではわからない、実はやせてきている10のサイン

    9. おしっこが近くなる8つの原因。水を控えたほうがいいのはウソ?

    10. ホルモン乱れが原因? 甲状腺が弱っている5つのサイン