1. Home
  2. MIND
  3. 「色気」を感じさせる、コミュニケーションの必殺技

「色気」を感じさせる、コミュニケーションの必殺技

コミュニケーション術のネタ帳

7,214

TETUYA

neta20180823

こんにちは、TETUYAです。今日使えるコミュニケーションのネタは、「色気のあるコミュニケーション」です。「色気」と聞いてしまうと、ついつい肌の露出を増やしたり、グロスを唇にまとったりと外見的なことをすぐに想像する人も多いかもしれませんが、僕はそれだけじゃないと思っています。もっとシンプルなことに気づいたので、皆さんに紹介したいと思います。

自己啓発サロン主宰のAさん

Aさんは、女性に向けた自己啓発サロンを主宰する30代の素敵な女性。ひょんなことから知り合いになってはや5年。色々と仲良くさせてもらってます。僕の周りでも、Aさんは色気のある人の中でも上位です。ただ、肌の露出が多いかと言われるとそうでもないし、化粧もバリバリやっているかというとそうでもない。初対面の時は、全く色気のある人には見えませんでした。

ところが、話をしながらコミュニケーションを深めていく中で、今では色気のあるイメージにすっかり変わってしまいました。よくよく考えてみると、そのヒントがわかりました。それはアイコンタクト! そう見つめる回数と時間が、絶妙だったということ。どちらかと言うと、見つめる時間が今まで僕が接した人より、気持ち長いことでした。

外見の色気にアイコンタクトが備われば無敵!

冒頭に言ったように、シンプルなスキルだと思いません? 盲点でした(笑)。外見だけ色気のあるモノで着飾ったとしても、結果、コミュニケーション能力が欠けていたら、せっかく着飾ったのに何の意味もありません(苦笑)。やはり、相手と目を、気持ち長く見つめながら話すことで、見つめられた方もドキッとするし、いつしかそれが色気のある人の印象に変わってきます。

僕が経験者だから自信をもって言えます(笑)。これも慣れることが大事なので、日々意識して訓練しないと身につかないスキルです。ただ、あまりに長く見つめ過ぎるのも若干怖いですから、そこは適度に(苦笑)。

>>【コミュニケーション術のネタ帳】をもっと読む

(イラスト・トミムラコタ)

コミュニケーションの上達法

かゆいところに手が届く「お店選び」のヒント #コミュニケーション術のネタ帳

コミュニケーションの達人TETUYAさんの連載「コミュニケーションのネタ帳」。今回のテーマは、仕事はもちろん、プライベートで気遣いを発揮できる「お店...

https://www.mylohas.net/2018/07/170253.html

あの人と話してみたい。職場の気になる人ときっかけを作るには? #コミュニケーション術のネタ帳

コミュニケーションの達人TETUYAさんの連載「コミュニケーションのネタ帳」。今回のテーマは、社内で話しかけたい人がいるときに、いかに自然に話しかけ...

https://www.mylohas.net/2018/06/169226.html

    Ranking

    1. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    2. 脳トレよりも「1日1杯のスープ」を。脳に栄養を与え、頭の回転を良くするには

    3. ムダ毛ケア、どうしてる? 光美容器って本当にいいの? 開発者に聞きました

    4. 「ヨーグルトで花粉症対策」はホント? 効果的に食べる方法は

    5. 2つの食材に漬け込むだけ。まろやかジューシーな「やみつきチキンマリネ」

    6. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    7. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    8. あなたの深層心理は? この春、本当に求めているものをチェック

    9. どう摂ればいい? 美容と健康を底上げし、ストレスから私たちを守る「ビタミンC」

    10. まずは10回から挑戦したい「桃尻」をつくるバランスエクササイズ

    1. あなたの深層心理は? この春、本当に求めているものをチェック

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 脳トレよりも「1日1杯のスープ」を。脳に栄養を与え、頭の回転を良くするには

    4. まずは10回から挑戦したい「桃尻」をつくるバランスエクササイズ

    5. ムダ毛ケア、どうしてる? 光美容器って本当にいいの? 開発者に聞きました

    6. 自律神経をセルフケア。「肝活」で「幸せホルモン」を増やそう

    7. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    8. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. どう摂ればいい? 美容と健康を底上げし、ストレスから私たちを守る「ビタミンC」

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. あなたの深層心理は? この春、本当に求めているものをチェック

    6. 脳トレよりも「1日1杯のスープ」を。脳に栄養を与え、頭の回転を良くするには

    7. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    8. 調査でわかった。「男性が本当にほしいギフト」と「女性が贈りたいギフト」は一致していた

    9. 頭痛持ちの人が「やらないほうがいいこと」4つ。えっ、クラシック音楽も!?

    10. 猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら