1. Home
  2. EAT
  3. 植物性と動物性、タンパク質はどっちを摂るのが正解?

植物性と動物性、タンパク質はどっちを摂るのが正解?

9,376

180826_protein01

タンパク質は、ほどよく筋肉のついたしなやかな身体をキープするために摂りたい栄養素。私は動物性タンパク質のカロリーや脂質が気になるので、植物性タンパク質を多めに摂るようにしています。

実は、どちらにも長所と短所があるということを「ライフハッカー[日本版]」で知りました。

植物性タンパク質と動物性タンパク質の長所と短所

180826_protein02

よく摂る植物性タンパク質は、納豆・豆腐・豆乳といった大豆製品。ほかにもヒヨコ豆やレンズ豆などの豆類が多いです。植物由来のタンパク質源の長所はヘルシーさだと思っていますが、どんな短所があるのかはあまり意識していませんでした。

(動物性に比べて)それほどタンパク質が含まれていない。(中略)多くの場合、繊維質を含んでいます(特に豆類や全粒粉の食品は顕著です)。脂肪を含んでいる場合、大抵は「体に良い」脂肪です(例えば、木の実に含まれるOmega-3脂肪酸など)。でんぷんも大量に含んでいるため、炭水化物を減らす食事療法には基本的に向きません。(「ライフハッカー[日本版]」より引用)

肉や魚に比べるとタンパク質量が少ないのは理解していましたが、でんぷんが多いという事実にハッとしました。減量をメインとするダイエットをしたいときには、むしろマイナスになることもあるのかも。

ベジタリアンやヴィーガンなどで植物性タンパク質を主軸にしたい場合には、粉末状のタンパク質やサプリメントで補充する必要がありそうです。

shutterstock_247893733

一方、動物性タンパク質脂質が多いという短所が目立ちますが、どんな長所があるのでしょうか?

(植物性に比べて)タンパク質の含有量が非常に高い傾向にあります。(中略)より多くの飽和脂肪酸を含んでいる可能性があります(特に牛肉と乳製品。これは体に悪いとも言われています)。より多くのOmega-3脂肪酸を含んでいる可能性があります(体に良いとされており、特に魚に多く含まれています)。繊維質や炭水化物はまったく含んでいません。(「ライフハッカー[日本版]」より引用)

植物性に比べてタンパク質量は圧倒的に多いので、脂質は気になっても結果的に少量で必要量をカバーできるという利点が。また、を選べばEPADHAといった体内のさまざまな機能にとって重要だといわれるオメガ3脂肪酸を摂ることもできます。

大事なのは、食事全体の栄養素のバランス

180826_protein03

植物性と動物性、どちらのタンパク質にも長所と短所があることがわかりました。豆類ばかり食べていてはエネルギー不足になりそうですし、肉や魚ばかり食べていては脂質の摂り過ぎでむしろ不健康。結局どちらを摂るべきか? という疑問については、「どちらも必要」というのが答えになりそうです。

あなたが摂る食事全体を見直して、それがあなたが食べるほかのものにどう影響するかを考えてみましょう。(中略)タンパク質の由来よりも、何を体に摂りこんでいるのか、その全体的なあり方のほうが重要なのです。(「ライフハッカー[日本版]」より引用)

学校でも習った人間の身体に必要な「5大栄養素」には、タンパク質のほかにも脂質炭水化物ビタミンミネラルがあることを忘れてはいけません。食事だけでこれらをすべて補うのが難しいときには、手軽におやつ感覚で摂れる栄養補助食品などをうまく摂り入れるのもひとつの手。

食事全体のバランスを見ながら、補強すべきところをプラスしていくことで、理想的な体づくりをしていきたいと思いました。

タンパク質が気になる人はこちらもチェック

牛肉・豚肉・鶏肉をどう選ぶ? 栄養素の違いとおいしい調理法

脂肪分の少ない赤身肉なら、どれを食べてもヘルシーでは? と思いがちですが、肉の種類によって栄養素やおいしい食べ方に大きな違いがあります。管理栄養士の...

https://www.mylohas.net/2018/08/172825meat.html?test201808

女性が陥りやすい「栄養を摂ってるつもり」の落とし穴と解決レシピ

いま、見た目の彩りや品数に惑わされて栄養バランスがとれている“つもり”になっている若い女性が増えているのだそう。こうした食事は毎日の不調につながって...

https://www.mylohas.net/2018/08/172504meal.html?test201808

ライフハッカー[日本版]

image via shutterstock

片岡理森

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    2. ストレスで太るのはなぜ? 食欲ホルモンの分泌を抑える8つの食品

    3. ご存じですか? 危険な真菌感染カンジダ・オーリスの流行を

    4. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    5. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    6. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    9. 3秒で“体のゆがみ”を無料計測。体と心を整えるオアシス、知ってる?

    10. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    5. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    8. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    9. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    10. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    6. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    7. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    8. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン