1. Home
  2. MIND
  3. 本当にやりたいことを見つけるための3ステップ

本当にやりたいことを見つけるための3ステップ

運命を変えるマインド革命

6,278

斎藤芳乃

0shutterstock_455883610

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。毎日仕事があって、すでにしている生活や自分を囲んでいる環境があって、毎日を一生懸命生きているからこそ、そこに夢中になってしまい、「好きなこと」や「やりたいこと」が見つからなくなるときもありますよね。

でも、それは長い人生を考えると、ベターな選択ではないのかもしれません。本当にやりたいことをやりながら、好きなことをやりながら、活き活きと自分の能力を活かしながら、毎日を輝いて生きる。今回は、好きなことや最高にやりたいことを見つけ、自分らしく生きるための3ステップについて、お伝えしていきますね。

ステップ1 好きなことは、捨ててしまったものの中にある

私たちは大人になるにつれて、「こうしたほうがいい」「こうすべき」という義務に次第に囚われていきます。たとえば、「偏差値の高い大学に行くべき」「名の知れている一部上場企業のほうがいい」という具合にです。

でも、子供のころは、こうした価値観も決してありませんでした。ただ、ピアノを弾くのが好き。ただ、音楽が好き。ただ、ぬいぐるみが好き。こんなふうに、純粋に自分の感受性が惹かれるものを求めていたはずです。けれど、そうした感受性を捨て、「それよりも勉強を」「それよりも見栄えのするものを」と、別の選択をしてきたと思います。

まずは、こうした捨ててしまった感受性を、もう一度拾い直してみてください。「私は食べることが好きだった」「私は可愛いものが好きだった」こうして認めることが、最初のステップになります。

ステップ2 「好きなものと、リアルの仕事を結びつけて考えてみる」

そしてステップ2では、自分が好きで愛している感受性と、リアルの実際の仕事を結びつけて考えてみるのです。

たとえば、「食が好き」という感受性を持っていたある女性は、自分を押し殺しながら全く別の業種で事務をしていました。しかし、好きではない仕事にハードワーク、それに元々持っていた彼女の責任感のせいで、次第に鬱状態になって動けなくなってしまったのです。

しかし、「食が好きだった」と気づいた時、自分の家の近くに、憧れるような素敵な加工食品を作っているお店があることを知り、そこに通うようになりました。すると、そこで新しく人材を募集していたのです。

実際に応募してみると、そのお店の経営者が、実はそのクライアント様の以前努めていた会社と同じ会社に勤めていた人だったりと、奇跡的な偶然が重なり、すぐに採用になりました。そして現在は、以前していた事務仕事と責任感、食が好きという感受性を合わせながら、そのお店のマネージャーを活き活きとしています。

このように、「自分が今まで嫌でもしてきたこと」「自分が好きなこと」を上手に組み合わせてみると、自分の本当にフィットする職も見つかるのです。

ステップ3 「得意なことは、それだけで可能性を広げる」

そして最後に大切なことが、ただ好きなだけではなく、「そんなに苦労せずに自分ができてしまうこと」。ここにも才能が眠っているということです。

たとえば人を気遣える才能がある。だとしたら、それは「私は職場の雰囲気をこんなふうに良く変えることができる!」という自尊心にしていいのですね。

こうして自分のできることに自尊心を持つことができたら、「人をケアすることができるカウンセリングもできるかもしれない」や、「環境を整えるのができるのなら、インテリアコーディネーターもできるかもしれない」と、じょじょに広げていきます。

このように、自分が今持っている才能を、この世界で「私の最高の資質」として活かしながら生きることができるのです。

すべては自分の感受性・能力を肯定することから生まれます。あなたはあなたの好きを否定していませんか?自分の存在を心から愛して、活かしながら人生を楽しんでくださいね。

>>「運命を変えるマインド革命」をもっと読む

がんばらなくても幸せになれる人と、がんばっても幸せになれない人がいるのはなぜ?

マリアージュカウンセラー斎藤芳乃さんが、人生を前向きに楽しむための思考法を紹介する「運命を変えるマインド革命」連載。自己矛盾を解消して、がんばらなく...

https://www.mylohas.net/2018/08/173138.html

他人と比較しない。かけがえのない関係性を築きたいなら

マリアージュカウンセラー斎藤芳乃さんが、人生を前向きに楽しむための思考法を紹介する「運命を変えるマインド革命」連載。日常に潜む「ヒエラルキー」を克服...

https://www.mylohas.net/2018/08/172725.html

    specialbunner

    Ranking

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    5. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 傷ついた心を癒やす処方箋。深い闇から立ち直るには?

    9. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    9. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    10. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析