1. Home
  2. EAT
  3. とてもシンプルな、太りにくくなる朝食の秘密

とてもシンプルな、太りにくくなる朝食の秘密

3,145

横田ゆき

20180823_breakfast_1

朝食をしっかり摂ることは、美と健康に欠かせません。でも、「朝に摂るべきものが摂れていない」ことがあるのです。

朝食を正しく食べることは、体内時計のリセットや、太りにくく健康的な身体作りにもつながると言われています。今回は「太陽笑顔fufufu」より、体内時計を整えて太りにくくなる朝食についてご紹介します。

多くの人が、朝食で摂れていないものとは?

shutterstock_735121573

時間生理学が専門の早稲田大学教授・柴田重信先生によると、トーストやおにぎりだけ、スムージーだけの朝食では不十分だそうです。

「リセット効果があるのは、インスリンの分泌を促進するもの。つまり糖質を多く含むものです。ですからトーストやおにぎり、スムージーは当てはまっているのですが、それだけだと効果として弱い。私たちが行ったマウスを使った実験では、糖質にタンパク質を足すとリセット効果が高くなることがわかったのです」

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

柴田先生の研究では、同量のタンパク質でも、朝に摂るほうが、夜に摂るよりも筋肉が増えることがわかっています。

筋肉不足は、肥満や糖尿病、サルコペニアの原因にも。高タンパクな朝食を心がけることで、筋肉が増え、ヘルシーな身体をめざせるのです。

「夜に食べると太る」は遺伝子の仕業

20180823_breakfast_3

朝は少なめ、夕食にたっぷり食べると言う人も多いのでは。でも、本来ヒトは昼行性動物なので、午前中から昼間にしっかりとタンパク質を摂取する必要があるそうです。

朝食にごはんやトーストなどの糖質に加え、肉や魚、卵、乳製品、豆などでタンパク質をしっかり摂るのが理想的。

「“夜に食べると太る”のはよく知られていますね。それは、時計遺伝子のひとつで脂肪蓄積のスイッチを制御する【B-mal1】が関係しています。夜に最も脂肪を溜め込むよう働くので、夜に摂った糖質と脂質が脂肪になりやすいのです。夕食を軽くすることが肥満予防になると、マウスを使った実験でわかっています。理想は朝にウエイトを置いた食事。最も太りにくい食事の摂り方だと言えます」

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

この実験では、一日に同じカロリーを摂るのでも、朝にウエイトを置いた食事のほうが、夕方にウエイトを置いた食事よりも肥満になりにくくなることが明らかに。

朝食はしっかり、夕食は軽めに。これを守っていれば、昼食は好きなものを摂ってもよいそうです。

朝食をしっかり摂って元気をチャージ!

女性が陥りやすい「栄養を摂ってるつもり」の落とし穴と解決レシピ

いま、見た目の彩りや品数に惑わされて栄養バランスがとれている“つもり”になっている若い女性が増えているのだそう。こうした食事は毎日の不調につながって...

https://www.mylohas.net/2018/08/172504meal.html?test201808

1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは……

小さいのに完璧な食べ物、卵。タンパク質が豊富なだけでなく(1個あたり7グラム)、卵(特に黄身)には、抗炎症作用のあるオメガ3脂肪酸のほか、ビタミンD...

https://www.mylohas.net/2018/08/173130egg.html?test201808

太陽笑顔fufufu

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    3. 高栄養&腸内環境を整える「甘酒」の作り方。炊飯器で放置するだけ!

    4. 1分で仕込めて効果も絶大。プロが教える簡単アイライン

    5. 日本のスーパーフード「納豆」の知られざるパワー10

    6. 「おしっこのにおい」でわかる身体の異変。尿が臭い原因は?

    7. ひどい肩こり解消エクササイズ「チャイルドポーズ」

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 「感じのいい人」と「感じの悪い人」の違いは脳の使い方にあった!

    10. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    3. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    4. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    5. ひどい肩こりは鍛えてなおす! 肩こり解消ストレッチ&筋トレ5選

    6. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    7. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    8. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    9. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    10. 1分で仕込めて効果も絶大。プロが教える簡単アイライン

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    5. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    6. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    7. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    8. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    9. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!

    10. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?