1. Home
  2. EAT
  3. バリッ、シャキシャキ! ベトナムおつまみ“バインセオ”【TOKYO VEGAN】

バリッ、シャキシャキ! ベトナムおつまみ“バインセオ”【TOKYO VEGAN】

TOKYO VEGAN

1,407

一昨年、ベトナム中部へ行った際、出会ってしまったのが「バインセオ」という料理です。

パリパリの生地の内側に、豚肉やエビなどとともに、もやしやネギなどのシャキシャキ野菜がたっぷり包まれ、ミントやパクチーなど香草とともに、チリソースや甘酢などをつけていただきます。

バインセオの生地は、意外とVegan

01

ヨーロッパでは“ベトナム風クレープ”と呼ばれ、じわじわ人気上昇中とか。このパリパリ食感の薄くて黄色い生地が、とにかく野菜に合うんです! その見た目から、卵で作られていると思いこんでいたのですが、取材してびっくり。生地の材料は「米粉、ココナッツミルク、ターメリック、水」のみ。つまりVeganだったのです。

ベトナム滞在中にほぼ毎食食べ続けるほど惚れ込んだバインセオ。自分で作りたくて試行錯誤し、やっと公開できるレシピができましたので、今回ご紹介します!

ちなみに、「バイン」とはパン、饅頭、ケーキなど粉をこねたものを指すことばで、「セオ」とは生地が熱い鉄板に触れたときにたてる音を表しているそうです。

Vegan バインセオの作り方

02

バインセオの作り方のポイントはなんといっても、「パリパリ生地」「シャキシャキ具材」

本場ベトナムのバインセオは、野菜とともに豚肉やエビが入っているものが多いのですが、TOKYO VEGANオリジナルレシピはもちろんVegan。代わりに、日本が誇るとっておきの具材を入れたらハマるおいしさに!

<材料> 2枚分

【パリパリ生地】

  • 米粉 120g
  • ターメリック 小さじ1.5
  • ココナッツミルク 120ml
  • 水 160ml
  • 揚げ焼き用の油(菜種油、米油など) 50ml

【シャキシャキ具材】

  • もやし(細めがオススメ。豆つきもOK) 1袋
  • たくわん 60g
  • 炒め油(菜種油、米油など) 大さじ2
  • 塩こしょう 少々
  • にんじんなます 1/4本分(にんじんをスライスし、砂糖、レモン汁、塩にひたしてレンジ加熱)
  • パクチー 1束

【つけだれ】

  • しろたまり(なければ薄口醤油) 大さじ1
  • てんさい糖 大さじ1.5
  • レモン汁 大さじ1.5
  • トマトケチャップ(動物性エキスなど不使用のもの) 小さじ1/2
  • 水 大さじ1

【添えもの】

  • 無糖ピーナッツペースト
  • 砕いたピーナッツ
  • ライム

<つくり方>

03

  1. 生地の材料をボウルに入れ、泡立て器でよく混ぜ合わせ、にんじんなますをつくり、つけダレの(*)をまぜる。
  2. 大きめのフライパンに炒め油を熱し、もやしと短冊切りにしたたくわんを塩こしょうで味をつけて強火で30秒〜1分炒め、火が通りきる手前で皿に移しておく。
  3. フライパンの汚れをふきとったら、油を大さじ2程度、多めに温め、混ぜておいた生地を薄く流し入れる。流し入れた生地には触らず、上に「2」の野菜の半量を乗せ、蓋をして2〜3分蒸し焼きにする。
  4. 生地のふちがパリパリにはがれてきたら、そのふちからフライパン一周、油をまわし入れ、揚げ焼きにし、全体がパリッとしたらふたつ折りにして皿にうつす (多めの油がポイント)。
  5. 生地の間に、にんじんなますとパクチーをたっぷりはさみ、つけダレとピーナッツペースト、砕いたピーナッツ、ライムを添える。

とっておきの具材は、油で炒めたたくわん。絶妙なうまみと食感をつくってくれます。もやしのボリューム感で大きく見えますが、ひとり1枚ペロリと食べられますよ!

本場ベトナムのバインセオ

04

本場ベトナムのバインセオ、特徴はなんといっても、

  • ライスペーパーに包んで手でいただく こと
  • ホーリーバジルやミント、どくだみのような葉っぱなどたっぷりのハーブ

です!

06

本場のように豚肉やエビを入れたバインセオもとってもおいしいですが、植物性の食材だけでつくるVeganバインセオなら、もっと多くの方に食べてもらえる!と思い、つくりました。

「米粉やターメリックってこんなにおいしいんだ!」「アジア特有のみずみずしい野菜って最高だな!」と、楽しんでいただけたらうれしいです。

次回もとっておきレシピを公開します。お楽しみに!

Vegan(ヴィーガン)とは、完全菜食。 動物性のものを一切使わないライフスタイルや、そのような食事のことをさす言葉。 本連載『TOKYO VEGAN』では、おうちでつくれるVeganレシピのほか、おいしい野菜や調味料、世界のVegan事情についてなどをゆるゆると綴っています。

profile

大皿彩子 Saiko Ohsara
Alaska zwei 店主 / 株式会社さいころ食堂代表、“おいしい企画”専門のフードプランナー。Veganカフェ「Alaska zwei」の運営のほか、食に関わるブランドプロデュース、レシピ開発、空間コーディネート、イベントのトータルコーディネート等を行う。saikolo.jp

大皿彩子 Saiko Ohsara

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    2. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    3. 「また会いたい」と思われる女性になる! 第一印象を演出する心理テクニック

    4. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    5. ワクチンとあわせて防御力UP。インフルエンザをよせつけない生活習慣5

    6. ストレスってやっぱりこわい!? コレステロールとホルモンの意外な関係

    7. あなたも「急かし」症候群? 自分のリズムを取り戻す7つの方法

    8. 肺がんにならないために、今日からできること10

    9. 低脂肪・高タンパクな簡単レシピ。鶏むね肉のソテー トマトヨーグルトソース

    10. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    1. 肺がんにならないために、今日からできること10

    2. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    3. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    4. おからパウダーの効果は? おいしいダイエットレシピ3選

    5. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    6. 咳と鼻づまりをやわらげる、自宅でできる対処法11

    7. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    8. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    9. 理学療法士おすすめ。10秒で「緊張性頭痛」を軽くする方法

    10. SNSに写る横顔の印象はOK? どんな横顔でも凛とした顔でいる方法

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 肺がんにならないために、今日からできること10

    バリッ、シャキシャキ! ベトナムおつまみ“バインセオ”【TOKYO VEGAN】

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More