1. Home
  2. EAT
  3. バリッ、シャキシャキ! ベトナムおつまみ“バインセオ”【TOKYO VEGAN】

バリッ、シャキシャキ! ベトナムおつまみ“バインセオ”【TOKYO VEGAN】

TOKYO VEGAN

1,895

大皿彩子 Saiko Ohsara

一昨年、ベトナム中部へ行った際、出会ってしまったのが「バインセオ」という料理です。

パリパリの生地の内側に、豚肉やエビなどとともに、もやしやネギなどのシャキシャキ野菜がたっぷり包まれ、ミントやパクチーなど香草とともに、チリソースや甘酢などをつけていただきます。

バインセオの生地は、意外とVegan

01

ヨーロッパでは“ベトナム風クレープ”と呼ばれ、じわじわ人気上昇中とか。このパリパリ食感の薄くて黄色い生地が、とにかく野菜に合うんです! その見た目から、卵で作られていると思いこんでいたのですが、取材してびっくり。生地の材料は「米粉、ココナッツミルク、ターメリック、水」のみ。つまりVeganだったのです。

ベトナム滞在中にほぼ毎食食べ続けるほど惚れ込んだバインセオ。自分で作りたくて試行錯誤し、やっと公開できるレシピができましたので、今回ご紹介します!

ちなみに、「バイン」とはパン、饅頭、ケーキなど粉をこねたものを指すことばで、「セオ」とは生地が熱い鉄板に触れたときにたてる音を表しているそうです。

Vegan バインセオの作り方

02

バインセオの作り方のポイントはなんといっても、「パリパリ生地」「シャキシャキ具材」

本場ベトナムのバインセオは、野菜とともに豚肉やエビが入っているものが多いのですが、TOKYO VEGANオリジナルレシピはもちろんVegan。代わりに、日本が誇るとっておきの具材を入れたらハマるおいしさに!

<材料> 2枚分

【パリパリ生地】

  • 米粉 120g
  • ターメリック 小さじ1.5
  • ココナッツミルク 120ml
  • 水 160ml
  • 揚げ焼き用の油(菜種油、米油など) 50ml

【シャキシャキ具材】

  • もやし(細めがオススメ。豆つきもOK) 1袋
  • たくわん 60g
  • 炒め油(菜種油、米油など) 大さじ2
  • 塩こしょう 少々
  • にんじんなます 1/4本分(にんじんをスライスし、砂糖、レモン汁、塩にひたしてレンジ加熱)
  • パクチー 1束

【つけだれ】

  • しろたまり(なければ薄口醤油) 大さじ1
  • てんさい糖 大さじ1.5
  • レモン汁 大さじ1.5
  • トマトケチャップ(動物性エキスなど不使用のもの) 小さじ1/2
  • 水 大さじ1

【添えもの】

  • 無糖ピーナッツペースト
  • 砕いたピーナッツ
  • ライム

<つくり方>

03

  1. 生地の材料をボウルに入れ、泡立て器でよく混ぜ合わせ、にんじんなますをつくり、つけダレの(*)をまぜる。
  2. 大きめのフライパンに炒め油を熱し、もやしと短冊切りにしたたくわんを塩こしょうで味をつけて強火で30秒〜1分炒め、火が通りきる手前で皿に移しておく。
  3. フライパンの汚れをふきとったら、油を大さじ2程度、多めに温め、混ぜておいた生地を薄く流し入れる。流し入れた生地には触らず、上に「2」の野菜の半量を乗せ、蓋をして2〜3分蒸し焼きにする。
  4. 生地のふちがパリパリにはがれてきたら、そのふちからフライパン一周、油をまわし入れ、揚げ焼きにし、全体がパリッとしたらふたつ折りにして皿にうつす (多めの油がポイント)。
  5. 生地の間に、にんじんなますとパクチーをたっぷりはさみ、つけダレとピーナッツペースト、砕いたピーナッツ、ライムを添える。

とっておきの具材は、油で炒めたたくわん。絶妙なうまみと食感をつくってくれます。もやしのボリューム感で大きく見えますが、ひとり1枚ペロリと食べられますよ!

本場ベトナムのバインセオ

04

本場ベトナムのバインセオ、特徴はなんといっても、

  • ライスペーパーに包んで手でいただく こと
  • ホーリーバジルやミント、どくだみのような葉っぱなどたっぷりのハーブ

です!

06

本場のように豚肉やエビを入れたバインセオもとってもおいしいですが、植物性の食材だけでつくるVeganバインセオなら、もっと多くの方に食べてもらえる!と思い、つくりました。

「米粉やターメリックってこんなにおいしいんだ!」「アジア特有のみずみずしい野菜って最高だな!」と、楽しんでいただけたらうれしいです。

次回もとっておきレシピを公開します。お楽しみに!

Vegan(ヴィーガン)とは、完全菜食。 動物性のものを一切使わないライフスタイルや、そのような食事のことをさす言葉。 本連載『TOKYO VEGAN』では、おうちでつくれるVeganレシピのほか、おいしい野菜や調味料、世界のVegan事情についてなどをゆるゆると綴っています。

profile

大皿彩子 Saiko Ohsara
Alaska zwei 店主 / 株式会社さいころ食堂代表、“おいしい企画”専門のフードプランナー。Veganカフェ「Alaska zwei」の運営のほか、食に関わるブランドプロデュース、レシピ開発、空間コーディネート、イベントのトータルコーディネート等を行う。saikolo.jp

    specialbanner

    Ranking

    1. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    2. 年齢に囚われることは損でしかない。昔は「おばさん」今は「女子」

    3. 子宮をあたためると生理痛は軽くなる? 女性の「健康都市伝説」を宋美玄さんが論破

    4. 安藤サクラさんの透明感の理由。日常は自分らしく、人生の変化には柔軟に

    5. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    6. 心の緊張がほぐれる刺激法/呼吸が変わるとラクになる #04

    7. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    8. 肩こり、腰痛、全身ケアに。フォームローラーを使った筋膜リリース3選

    9. 見た目は大事。いつものごはんを「プロ並み」にする盛り付けのコツ

    10. 100回の腹筋より、はるかに効果的な運動とは? 痩せる体のメソッド

    1. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    2. 100回の腹筋より、はるかに効果的な運動とは? 痩せる体のメソッド

    3. 脂肪燃焼効果つづく。腕・背中・おなかをまんべんなく刺激するHIIT

    4. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    5. 電子レンジで作る保存食。おいしさを閉じ込めた「ローストトマト」

    6. 心の緊張がほぐれる刺激法/呼吸が変わるとラクになる #04

    7. 「女子力が高い」と言われても、うれしくない女性たち

    8. バリエーションUP、調理時間はDOWN。ごはん作りが楽しくなる「下味冷凍」

    9. 安藤サクラさんの透明感の理由。日常は自分らしく、人生の変化には柔軟に

    10. ひどく疲れている人が、摂らないことでラクになるもの3つ

    1. ひどく疲れている人が、摂らないことでラクになるもの3つ

    2. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    3. 下半身太りが気になる人はマスト! 効果絶大の「股関節ほぐし」

    4. ジムいらず! おうちの隅で眠っているあのグッズで美脚&美尻に

    5. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    6. サヨナラ、まるい背中。背筋を鍛えるバックエクステンション

    7. 【隠れ疲労チェックリスト】 女性が疲れやすい理由とは?

    8. 「おばさん」と呼ばれたことのない中年女性が増加中

    9. 睡眠の質を上げるには、「体内リズム」が重要だった!

    10. 100回の腹筋より、はるかに効果的な運動とは? 痩せる体のメソッド

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら