1. Home
  2. BODY
  3. ゴースト血管対策。毎日摂るのはNG、血管を強くする食材は?

ゴースト血管対策。毎日摂るのはNG、血管を強くする食材は?

32,180

冷えや乾燥肌など、さまざまな身体の不調の原因となる「ゴースト血管」。「ゴースト血管」セルフチェックリストに続き、毛細血管を鍛えるセルフマッサージ方法をご紹介しました。

201808_control_1

今回も「太陽笑顔fufufu」より、金沢医科大学 総合内科学 准教授・赤澤純代先生がおすすめする、“血管を強くしてくれる食材”をピックアップ。食事への手軽なとり入れ方も紹介します。

血管を元気にする「Tie2(タイツー)」って?

20180820_blood_2

血管の機能が低下すると、酸素や栄養など、血液が運んでいるものが漏れ出てしまうおそれが。これを防ぐことができる「Tie2(タイツー)」という分子があるそうです。

血管に巻きつくようにある、壁細胞がはがれることによって血管は不安定になり、血液に含まれる栄養などが漏れ出るようになります。輸送機関として機能する健康な血管を作るには、壁細胞をはがれにくくすること。そのために活躍してくれるのがTie2(タイツー)という分子。壁細胞と内皮細胞をぴったりと密着させる接着剤のような働きがあります。(中略)

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

毎日摂るのはNG。週に2〜3回を目安に

shutterstock_342988034

このTie2を活性化してくれる植物が発見されています。食事に取り入れることで、不健康な血管の改善が期待できるのだとか。ただし、毎日摂取していると、慣れてしまって効果が薄れてしまうため、週に2~3回を目安にしてください。

Tie2を活性化させる8つの植物

20180820_blood_4

ヒハツ

以下の植物を参考に上手にとりいれたいですね。

  • ヒハツ
  • シナモン
  • 月桃
  • ルイボス
  • スターフルーツ
  • かりん
  • サンザシ
  • インディアンデーツ

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

赤澤先生が特におすすめするのは、ヒハツ。Tie2を活性化する力が、特に高いことがわかっているそうです。

今回紹介した食材を上手にとり入れ、元気な血管をめざしていきましょう。

ゴースト血管になってない?

冷えの原因かも。「ゴースト血管」セルフチェックリスト

血管の衰え、やがて血管が消えてしまう、血管のゴースト化。冷えの対策として血管のケアをしてあげることが必要です。まずはゴースト血管セルフチェックをして...

https://www.mylohas.net/2018/08/172980blood_vessel.html?test201808

さらば、ゴースト血管! パーツ別のマッサージ方法

さまざまな身体の不調を引き起こしてしまう「ゴースト血管」。血管ケアにはマッサージが有効。血管を丈夫にしてくれる栄養食材をとることも大切です。

https://www.mylohas.net/2018/08/173148blood_vessel.html?test201808

太陽笑顔fufufu

Photo by Getty Images, image via shutterstock

横田ゆき

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    3. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    4. ポテトチップスを食べ出すと止まらないのはなぜ? 無駄な食欲を減らす方法

    5. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    6. 3秒で“体のゆがみ”を無料計測。体と心を整えるオアシス、知ってる?

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    10. 穀物・乳製品はナシ! だけど腹持ちのよいヘルシー朝食11選

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    9. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    10. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    7. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    8. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン